就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと一緒にハーブティ!育児の困ったを解消する方法

赤ちゃんと一緒にハーブティ!育児の困ったを解消する方法

ハーブティを飲むと疲れが癒されたり、体にいろいろな効果をもたらせてくれますね。ハーブティが好きでよく飲むママもいると思いますが、赤ちゃんも一緒に飲んで大丈夫なのでしょうか?ここでは赤ちゃんと一緒にハーブティを飲むときの注意や、ハーブティが赤ちゃんにもたらす効果などを考えてみます。

疑問だらけの初めてのハーブティ

赤ちゃんにハーブティは安全なの?

ハーブティは、体にさまざまな作用をもたらします。どのハーブティにどのような効果があるか理解すれば、赤ちゃんに合うハーブティを選んで、飲ませてあげることができます。夜泣きやアトピーに効果があるというハーブティもあるので、ぜひうまく利用したいですね。

飲ませるときには少しずつ、様子をみながら飲ませましょう。小さな赤ちゃんは特に、ハーブティの効果が強すぎて、逆に体調を崩してしまうこともあります。アレルギー症状がでやすいハーブもありますので気をつけなくてはいけません。

お茶の温度は人肌程度にします。赤ちゃんに冷たいお茶をあげるとお腹を壊してしまうかもしれません。夏場にママは冷たいハーブティが欲しくても、赤ちゃんにはちょっと温かいお茶にしてあげましょうね。

飲み始める時期はいつ頃から?

ハーブティは、子ども用であっても、小さな赤ちゃんだと内臓に負担をかけてしまうことがあるので、1歳未満の赤ちゃんにはおすすめできません。飲み始めるのは1歳から1歳半ころがよいでしょう。あげるときは、ほんの少しのハーブティを水で薄めて、ちょっと味がするかなくらいのものからはじめます。

日本では、赤ちゃんに初めてあげるお茶は麦茶であることが多いですよね。ノンカフェインですし、子ども向けのお茶として一般的に売られているので安心です。

海外で麦茶が一般的ではない地域では、ルイボスが含まれたお茶や、フェンネルというハーブが入ったお茶を飲ませる地域もあります。地域によって赤ちゃんのお茶は違いますが、離乳食にも慣れてきた9カ月ころから飲めるお茶が多いようです。

母乳育児のママが避けた方がよいものは?

ハーブには、産後のママをリラックスさせる効果があるものがあります。でも、赤ちゃんに影響がでるとして授乳期は禁止されているものもあるので注意しましょう。

例えばセージやペパーミントは、母乳を出にくくする作用があるそうです。授乳中は控えたいハーブですね。逆に、母乳過多のママにはおすすめです。

授乳中のママが避けた方がよいハーブを紹介しているサイトがあるので、参考にしてくださいね。

昔からハーブをよく使うヨーロッパの国々の間でも、研究結果や見解がちがっているそうです。はっきり分からないことが多いようなので、危険だといわれているハーブは使わないで、安全だといわれているハーブのお茶を飲んだ方が安心ですね。

悩み別、赤ちゃんに合うハーブティ

すやすや眠る!夜泣きに効果的なカモミール

ハーブティの効果はいろいろあるので、赤ちゃんに合うハーブティを選んで飲ませてあげたいですね。赤ちゃんが夜泣きして大変なときは、カモミールティを飲ませると効果があるといわれています。

カモミールティはノンカフェインで、ヨーロッパでは子どもから大人まで、昔からよく飲まれています。小さな赤ちゃんはアレルギー反応をおこす心配があるので、1歳をすぎてから飲ませてみるママが多いようですね。

カモミールだけのお茶は、味が独特で嫌がる子がいるそうですが、日本では子どもでも飲みやすいようにブレンドされたカモミールティも売られています。カモミールだけでなく夜泣きに効果のあるほかのハーブがブレンドされているということで、試してみる価値はありそうですね!

母乳を飲んでいるのに便秘の赤ちゃんには?

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんより便秘になりにくいといわれています。母乳のほうが、赤ちゃんの腸にやさしく、腸内環境を整えやすいからだそうです。

でも母乳を飲んでいても便秘になってしまう赤ちゃんもいます。赤ちゃんの体調にもよるのですが、まずはママの母乳の質を改善することから始めてみてはどうでしょうか。母乳の質をよくしたり、母乳の量を増やす効果があるといわれているのが、タンポポ茶ですね。

ビタミンやミネラルが豊富なタンポポ茶は、母乳の質をよくするだけでなく、ママの乳腺炎の予防やホルモンのバランスもよくしてくれるそうです。赤ちゃんにもママにも嬉しいタンポポ茶を飲んで、健康的な母乳育児にしたいですね。

アトピーの赤ちゃんにおすすめは?

アトピーの赤ちゃんにおすすめなのが、ルイボスティーです。抗酸化作用のあるフラボノイドが豊富に含まれていて、アトピーに期待できるといわれています。ノンカフェインですし、安心して飲ませてあげることができますね。

ネトルも、アトピーに効果があるといわれています。日本名は「西洋イラクサ」といい、葉っぱには棘があり、触るとヒリヒリとした痛みがあります。ヨーロッパではよく知られているハーブで、庭に雑草に紛れて生えているくらいよく見かけるハーブです。

ネトルには抗アレルギー作用のあるヒスタミンが含まれていて、花粉症、アレルギー性鼻炎、じんましん、喘息など、アレルギーに幅広く効果があるそうです。鉄分、葉酸も含まれているので妊活のママにもおすすめのお茶です。

赤ちゃんにハーブティを与えるときの注意点

まずはスプーン一杯から

赤ちゃんにおすすめのハーブティをあげてきましたが、飲ませるときは、スプーン1杯から飲ませてあげましょう。ハーブの中には、赤ちゃんの体には強すぎるものや、アレルギーをおこしやすいものもありますので注意が必要なのです。赤ちゃんの目が赤くなったり、湿疹が出たり、痒がったりしたら、アレルギーを疑って、すぐに飲ませるのは止めましょう。

ハーブティは即効性のないものも多いです。数カ月飲み続けることで徐々に効果が出てくることもあります。「ハーブティが効いたのかどうかわからないけど、赤ちゃんの夜泣きがなくなった」という声もよくききます。焦らずにじっくり、ハーブティをママと赤ちゃんで楽しむような気持ちで飲み続けるのがよいですね。

大人の飲む濃さの5倍は薄めよう

赤ちゃんのハーブティは大人の飲む濃さの5倍に薄めてあげましょう。大人の体に効果がでるくらい濃いお茶を赤ちゃんに飲ませると、効果が強すぎて、赤ちゃんは体調を崩してしまうでしょう。アレルギーの心配もありますので、急にたくさんの量をあげるのは止めましょうね。

敏感な子は、ちょっとした味の変化にも気がついて嫌がることがあります。ハーブティの独特な香りや味も、水で薄めれば弱くなるので、敏感な赤ちゃんでも飲みやすくなりますよ。

ハーブティだけだと飲んでくれない赤ちゃんもいますが、離乳食を食べさせるときに途中でちょっとだけハーブティもスプーンで口に入れてしまえば、気がつかないで飲んでしまう赤ちゃんもいるようなので、やってみてくださいね。

ノンカフェインを選ぼう!

カフェインは、リラックスさせてくれたり眠気を覚ましてくれたり、よい効果もありますが、興奮したり、飲み過ぎると中毒症状をおこすという悪い作用もあります。赤ちゃんに飲ませてはいけないものとして知られていますし、妊婦もできれば飲まないほうがよいといわれています。

赤ちゃんにあげるハーブティは、ノンカフェインのものを選びましょう。口に直接入るものですし、小さな赤ちゃんの体には少量のカフェインでも十分影響を与える可能性があります。

ハーブティはノンカフェインのものが多いですし、赤ちゃん用として販売されているものは、赤ちゃんが飲んでもよいように作られています。気になる場合は、専門店で店員さんに聞いてみれば安心して買うことができますね。

まとめ

ハーブティは体にいろいろな作用をもたらします。ママの体をリラックスさせてくれたり、母乳の出をよくしてくれたりするお茶もありますし、ハーブティをゆったりと楽しむ時間が心を癒してくれることもあるでしょう。

赤ちゃんの夜泣きや便秘、アレルギーなどの「困った」を解決してくれるハーブティもあります。ハーブティに頼りきることはできませんが「もしかしたら効くかな」と思いながら、ママと赤ちゃんでハーブティを楽しむうちに、問題が解決できれば嬉しいですね!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018