就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 幼児期の読書がもたらす効果。 読書を好きになってもらうために

幼児期の読書がもたらす効果。 読書を好きになってもらうために

賢い子は本好きなことが多いですよね。本を読めば多くの知識が身につき、知っている言葉も増えるので、子どもの学習能力の基礎になるといえそうです。そこで、子どもが読書で得られる読書の効果と、本好きになるために親ができることをお伝えしていきます。小さいうちから親子で読書を楽しむことができたらいいですね。

幼児期の読書がもたらす効果が凄い

幼児期の読書は自己肯定感が高い人格を作る

自己肯定感とは自分が大切な存在だという感情です。この気持ちがあると自分に自信が持てるので、物事に前向きに取り組むことができ、他人と比較して落ち込んだり悩みすぎたりせず、自分は自分という価値感が生まれやすいのです。

そして将来、困難を乗り越える強さが身につきやすくなります。なぜ、読書で自己肯定感が得られるのでしょうか。

それは、いろいろな物語を疑似体験したり、興味あることの知識を得ることにより、生きていく知恵が付くからです。そのことで自信や好奇心を生み、もっと多くのことを知り、体験したいという気持ちが強まり、読書するだけでなく、生活でもそれを応用していくようになれるのです。

そして、自分を大切にできる子どもは、他人も尊重できるようになります。

学習の土台となる読解力が高くなる

最近、教科書をきちんと読み取れない中高生が多数いるともいわれています。せっかく知識があっても、文章の意味が理解できなければ、求められた回答ができず、将来勉強や仕事でも苦戦するかもしれませんよね。

小さい頃に読む楽しみを知れば、語彙も増え理解力が高まります。けれど、単に多く読んだからといって必ずしも読解力が高くなるとは限らないようです。

それには親との関わりがキーポイントになるでしょう。たとえば「その本のお話をママにも教えて?」と尋ねたり、一緒に読んで「本ではこういっているけれど私はこう思う」などと会話したりするには、読解力が必要ですよね。

小さい子どもと本を読むときは、親子であれこれお話すると思いますが、そこが思いのほか大切なのかもしれません。

想像力が豊かになり同時に思考力も育つ

読書では、頭の中でいろいろな場所へ行き、たくさんの主人公の体験を味わえますよね。たとえば本の中の主人公が困難を乗り越えて幸せをつかめば、それを読んだ子どもも、困難な気持ちや、乗り越えた喜びを追体験します。

すると子どもは、ときには本の世界にどっぷりと浸かりながら追体験を養分に、自分だけでは思いつかない発想や、想像力を生み出します。また、主人公の気持ちや行動の意味などを考える思考力をつけるには、ストーリーや登場人物について親子で対話するのが効果的です。話をすることで、本の内容を客観的な視点で見て考えることができるからです。

けれど思考力にいいからと、質問し過ぎるのは、子どもをうんざりさせてしまうかもしれません。楽しむことを第一に考えましょう。

読書好きの子どもにするために必要なこと

本棚を置いて本に触れさせる環境を作る

子どもは興味が移りやすいことが多いので、気が向いたときにすぐ本が手に取れる環境を作るのが大切です。本棚の場所はリビングなど、子どもの居場所がよいでしょう。

そのほかに、トイレや寝室など、いろいろなところに少しずつ本を置くのもおすすめです。なるべく子どもが手に取れる高さがよいですね。

何冊かは表紙がわかるように並べると、絵から興味をもつことがあります。絵本だけでなくママやパパの本も含めて、家に本がたくさんあるのが理想的ですね。

いわれたことより自分から興味を持つことの方が長続きしやすいですよね。忙しい中ですが、親もなるべく本を楽しむ時間を作りつつ、根気よく子どもと本の出会いを見守りましょう。

家族で読書する習慣ができると楽しみの幅が広がりますね。

調べる習慣を身につける

読書習慣を身につけてほしくても、子どもが興味を持たなければ難しいですよね。そこで興味のあるものを調べることから始めるのも一つの方法です。

子どもが、どうして?と聞いてきたらチャンスです。どうしてだろうね?と疑問に寄り添い、図鑑などで調べましょう。

図鑑が手元になければ、ネットで調べてもよいですね。子どもはそのときに分からないと興味を失うことがあるので、できれば早めに調べましょう。

子ども向けのウェブサイトなら文章も読みやすいですし、読めなくても親が読み聞かせ、画像や動画を見て理解を深めれば、さらなる情報を求めて図書館などで図鑑を選びに行くこともできます。そうして調べるのが楽しくなれば、興味の幅も広がり、図鑑を入口にして本に親しむことができます。

図書館に行く習慣を身につける

図書館は、絵本が充実しているところも多いので、子どもの興味に合った本が選びやすく、気軽にたくさんの本を試せますよね。図書館に行くのを習慣にするには、たとえば日曜日の朝は図書館に行き、帰りに公園で遊ぶなど、子どもが好きなことと絡めるのがおすすめです。

本に興味がない子の場合、最初は子どもが図書館に飽きてしまわないように、親が短時間で子どもが好きそうな本を何冊か選んで、その中から1冊でもお気に入りの本ができるのを待つ方法があります。子どもが借りた本を全部読まなくてもかまいません。

好きな本だけ手に取れば十分です。そのうちに、たとえば気に入った1冊の電車の本からほかの電車の本がもっと読みたくなって、自分から図書館に行きたがるようになることも期待できます。

読書好きの子どもにするために必要なこと

幼児期からの読み聞かせで国語力をつける

国語力は読み書きや話す力もありますが、その根本は考える力です。考えるには語彙力がいります。

たとえば、楽しいというだけでなく、心が躍る、晴れ晴れする、ほっとするなど、ニュアンスの違いを感じて言葉に表せると、深く幅広い思考に結びつきますよね。読み聞かせを習慣にすると、言葉のシャワーを浴びて、語彙力はもちろん考える力も身につきます。

読み聞かせは小さい頃から始められるとよいですね。まだ集中する時間が短い小さな子どもは、寝る前にシンプルで短い文の絵本をゆっくりよりも、さっと読むとよいかもしれません。

寝る前でなくても、一日のどこかに読み聞かせを組み込めるとよいですね。本は年齢や好みで、仕かけ絵本、間違い探し、図鑑、紙芝居などいろいろと試してみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC