就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんのゴミ箱いじり安全対策!おすすめのゴミ箱も紹介

赤ちゃんのゴミ箱いじり安全対策!おすすめのゴミ箱も紹介

赤ちゃんが動き回るようになると、触ったりしないか、倒したりしないかなどが心配でゴミ箱の置き場に困りますよね。ほかのママたちはどうやって安全対策をしているのか知りたくないですか。ここでは、赤ちゃんが動き回っても安全な置き場や、赤ちゃんがいる家庭におすすめのゴミ箱をご紹介します。

赤ちゃんが動き始めたら実行しよう

棚の上やテレビの後ろに移動する

赤ちゃんはずりばいやハイハイができるようになると、楽しいようで自分からどんどん動いて床にあるのもや、手の届くものに触ったり、口に入れようとしたりしますよね。この時期、触れられたくないものの一つにゴミ箱があるのではないでしょうか。

ゴミ箱には、汚いものや小さなもの、尖ったものなど、さまざまなものが捨てられいます。もし、赤ちゃんがゴミ箱を倒したり、なかのゴミを触ったりすると汚いだけでなく危険です。

ゴミ箱は、棚の上やテレビの後ろなど、赤ちゃんの手が届かない場所に移動しておくと安心です。ただ、置いた場所が分かってしまうと赤ちゃんが探しに行こうとするので、ゴミ箱を移動させるときは、赤ちゃんに見られていないときに移動させておきましょう。

紙袋などを使って壁にかけて代用する

ゴミ箱の代用として、ゴミ袋を赤ちゃんの手の届かない高さの壁にかけると安心ですよ。

その場合、ゴミ袋を壁にかけるだけでは、どんなに整理整頓しても台無しです。外側がおしゃれな紙袋を壁にかけてから、中にスーパーやコンビニのレジ袋などを入れて、ゴミ箱の代用にすると見ばえもよくできますよ。

紙袋はわざわざ買う必要はなく、日ごろからゴミ箱代わりにできそうな、おしゃれで丁度よい大きさの紙袋があれば保管しておきましょう。紙袋をかけているだけなら、部屋に自然になじむので、家族や友人が家に遊びにきても、まさかゴミ箱だとは思われないでしょう。

壁にかけるときは、落ちると危ないのでしっかりと固定してくださいね。

ゴミ箱自体を置かないようにする

ゴミ箱は、リビングやキッチン廊下など、家のところどころに置いておくと便利ですよね。でも、赤ちゃんが動きはじめたら、ゴミ箱自体を置かないようにするのもおすすめです。

ゴミ箱があると、赤ちゃんにとっても動きたいところに障害物があって邪魔になりますし、倒してけがをすることもあるかもしれません。少し不便になるかもしれませんが、ゴミ箱はキッチンや高い場所など、赤ちゃんが手の届かない1カ所にまとめておくとよいですよ。ゴミ箱がないと部屋もすっきりするので、ママにとっても掃除がしやすいというメリットがあります。

キッチンに置く場合は、ベビーゲートを利用したり、ドアを閉めたりして赤ちゃんが侵入できないようにしてくださいね。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

念には念を!万一のための安全対策

ゴミはこまめに廃棄すること

ゴミ箱を赤ちゃんの手の届かない場所に置いておくと安心ですが、思いがけず見つけたり、届いてしまったりすることがあるかもしれません。万一のための安全対策として、ゴミは日ごろからこまめに廃棄して、もし触ることがあっても大丈夫なようにしておきましょう。

たとえば、スーパーのレジ袋をキッチンのどこかに吊るしておき、そこにゴミを入れていっぱいになったら、ベランダや庭に置いたゴミ箱に捨てるようにしてみてください。ゴミが増えて大きくならないので捨てやすいですし、いつも家のなかをゴミのない状態にできます。

ほかにも、料理のときに出る生ゴミはビニール袋に捨て、毎回しっかり閉じて捨てると臭いも出ませんし、もしゴミ箱を触られても汚れないので安心です。

誤飲、窒息など危険性のあるものは避ける

赤ちゃんは、次々と新しいものに興味をもち、なんでも口に入れて確認しようとします。もし、ゴミ箱に赤ちゃんが口に入れてのどを詰まらせたり、命の危険になるようなものを捨てたりするときは気をつけてください。

たとえば、たばこの吸殻や使い終わった電池類などは、赤ちゃんが簡単に飲み込めてしまう大きさですし、飲み込むと健康に害を及ぼすのでとても危険です。

食べられるものでも、キャンディや野菜の芯など、赤ちゃんの口に入るサイズならのどを詰まらせる可能性があります。

そのほか、カミソリや食器の破片、ネジなどの尖ったものも、触っただけでけがをしますので、ゴミ箱には捨てずにゴミを捨てる日まで、手の届かないところに保管しておいてください。

蓋付きのゴミ箱はロックしておくこと

蓋付きのゴミ箱を使えば安心だと思っていませんか。蓋付きのゴミ箱にすることはよい方法ですが、ただ蓋がついているだけだとすぐに開けられてしまいます。また、ペダルを踏むことで蓋が開くタイプのゴミ箱だと、さらに面白がって遊んでしまうようになりますので、油断はできません。

蓋付きのゴミ箱にする場合は、ロックできるタイプのゴミ箱が便利ですよ。ロックといっても、大人が少し力を入れれば簡単に開けられるので、普段開けるのが大変だということはありません。

すでに蓋付きのゴミ箱を持っている場合は、ベビーガードで蓋をロックするのはいかがでしょうか。ベビーガードはお手頃価格で、ゴミ箱だけでなく、引き出しや冷蔵庫の扉などにも使えるので便利です。
31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND