就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児と旅行に行きたい!旅行先選びや海外旅行のポイントは?

乳児と旅行に行きたい!旅行先選びや海外旅行のポイントは?

旅行に赤ちゃんを連れて行きたいと思っても、いざ具体的に考えると、ケガや病気をしないだろうか、持ち物や交通手段をどうするかなど、準備がたくさん必要ですよね。ここではそんなママの不安解消のために赤ちゃん連れの旅行について詳しくご紹介します。国内はもちろん、海外も視野に入れている方もぜひご一読ください。

赤ちゃんはいつから旅行できるの?

首が据わる3〜5カ月頃がおすすめ

仕事の都合や実家への里帰りなどで、月齢が早いうちでも長距離の移動がどうしても必要なケースがあります。ですので、赤ちゃんと旅行に行ける明確な時期の基準はありません。

ただ、旅行に行く時期をママやパパが決められるとすれば、首が据わってからの生後3~5カ月がおすすめです。赤ちゃんの体調はもちろんママも落ち着いてくる時期ですので、比較的安心です。

ただし、いきなり宿泊旅は考えもの。赤ちゃんが疲れて体調を崩しかねないので、まずは無理をせず、日帰り旅行から始めましょう。

生後1カ月検診で問題ないと診断されたら、近所へお散歩がてらショッピングに出かけることから始め、生後2〜3カ月になったら徐々に外に出る時間を延ばして、慣らすとよいでしょう。

どんなところに配慮すればいいの?

赤ちゃんを連れて旅行に行くときは、多くの必要な持ち物がありますが、よく考えて準備しなければならないのが「おむつ」「着替え」「食べ物」です。

例えばおむつなら、1日6回替える場合は、1泊2日で12〜14枚程度必要になります。着替えは、突発的な汚れを考慮すると予備も持っていきたいところ。赤ちゃんは環境や気候の変化にも敏感なので、おくるみも1枚持っていったほうがよいでしょう。

食べ物も相応のものが旅行先にあればいいですが、ない場合はミルクや離乳食の準備が必要です。ただ、赤ちゃん連れの旅行の持ち物はあれもこれもと考えていると多くなりがち。「いざというときは現地調達」と考えて、細かな部分を悩みすぎないことも旅行を楽しむコツです。

どんな場所が旅行先に適している?

大人だけの旅行であれば、旅行先にそこまで細かく調べなくても楽しめますが、赤ちゃん連れの場合は、お世話がしやすいか、荷物が少なくても済むかなど、事前に確認しておきたいことがあります。例えば次のようなポイントです。

●おむつ交換台はあるか
●ベビーベッドはあるか
●添い寝できるベッドかどうか
●ミルク用のお湯やベビーフードが食事をするお店にあるか
●宿泊先は部屋食にできるか
●観光地などに赤ちゃんが休憩するスペースはあるか

宿泊先や店舗ホームページに詳しく紹介されていない場合は、直接電話で聞いておくと安心です。ベビー用の宿泊プランも最近では充実しているので、おむつの提供や絵本・おもちゃなど様々なサービスがあります。

赤ちゃんとの旅行で心掛けておくこと

できるだけ負担の少ない移動手段を選ぶ

赤ちゃん連れの旅行では、おむつ交換が急に必要になったり、突然赤ちゃんが泣き出したりするので、移動手段にも配慮が必要です。

電車・新幹線
新幹線なら泣いてもすぐにデッキに出られるように、後方の座席を予約するなどの工夫が必要です。音の出ないおもちゃやお菓子を持参しましょう。

バス
泣き出して周りの目が気になるときには、座席であやされければならないこともあります。赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを持参するようにしましょう。

飛行機
航空会社によって赤ちゃん向けのサービスがあります。各社のホームページなどで確認しておきましょう。


周りの目が気にならないのが車です。ただ、渋滞で予定通りにいかない可能性も。高速道路のサービスエリア、道の駅なども把握しておきましょう。

いつものお出かけ「+α」の持ち物を

赤ちゃんとの旅行に必要なアイテムを紹介します。持ち物の参考にしてみてください。

赤ちゃんとの旅行に必要なアイテム
□母子手帳、健康保険証、乳幼児医療証
□紙おむつ(1日分×日数+予備)
□おしりふき
□粉ミルク
□哺乳瓶・マグ
□哺乳瓶消毒袋
□着替え・肌着・靴下
□パジャマ
□はおるもの
□ビニール袋
□お湯・湯冷まし
□ベビーフード
□離乳食用のスプーン・食器
□お食事エプロン
□歯ブラシ
□ベビーソープ
□保湿クリーム
□ウェットティッシュ
□ガーゼハンカチ
□バスタオル
□おやつ
□おもちゃ

着替えや肌着などは予備を持っていったほうが良いでしょう。ビニール袋は何かと便利ですので、多めに備えて。離乳食は、1〜2食余分にあると安心です。

食生活を乱さず離乳食をあげる方法は?

離乳食をスタートさせて間もない時期であれば、旅行中は母乳やミルクのみでもその後の離乳食の進め方に影響しません。

2回食以上であれば、離乳食を用意して赤ちゃんの食事に対する意欲を保つように心がけましょう。しかし、手作りの離乳食は痛みやすいので、持参は避けた方がよいでしょう。旅先ではどのように離乳食をあげればよいか、具体例を見ていきましょう。

市販のベビーフードを活用
ベビーフードは保存料・香料・着色料を使用しておらず、栄養バランスが考慮されているので安心。旅行前に赤ちゃんに食べさせてから持参するとよいでしょう。

外食先で取り分ける
例えば白米やうどん、煮物の野菜を潰して食べさせてあげることもできます。お湯で伸ばしつつ味を薄めてあげるのがポイントです。

赤ちゃんはいつから温泉に入れる?

温泉デビューは生後1カ月健診のあと

赤ちゃんの温泉デビューは、生後1カ月健診後がよいでしょう。沐浴中の時期や、へその緒が渇いていない時期は避けた方が無難です。あまり早い時期だと、宿泊先によっては断られてしまうこともあるようです。

赤ちゃんやママの身体のことを考えると、親子の温泉デビューは早くても首が据わり始める生後2~3カ月頃、ママやパパが安心して赤ちゃんと温泉に入れる時期は、赤ちゃんの腰が据わる生後6~7カ月以降でしょう。腰が据われば、ママが少し支えるだけで安定して座ることができます。

しかし、そもそもおむつが外れていない乳幼児の入湯を禁止しているところもあります。月齢ではなく、成長の様子で判断されることがあるので注意してくださいね。

温泉選びで気をつけるべきポイント

赤ちゃんの温泉デビューでは、赤ちゃんの負担にならない温泉を選ぶことが大切です。赤ちゃんの肌にも優しい泉質や適度な温度、浴場の明るさを確認しておきましょう。

泉質
酸性泉などは大人にとっても肌に刺激があるので、長時間の入浴はできません。硫黄泉も匂いが強く、赤ちゃんには不向きです。含有成分が少ない単純泉を選ぶとよいでしょう。

温度
温泉は比較的高めの傾向にあります。温泉によってはベビーバスを大浴場に用意してくれるところも。赤ちゃん用にぬるめのミニバスを作れるかどうか確認してみましょう。

浴場の明るさ
ママが赤ちゃんを抱っこした時、足元が暗いと滑って転倒するリスクが高まります。赤ちゃんが不安で泣いてしまうこともあるので、明るさもポイントです。

赤ちゃんを温泉に入れる時の注意点

赤ちゃんを温泉に入れる時のコツや注意点はあらかじめ知っておきたいところです。下記を参考に、赤ちゃんと一緒に温泉を楽しんでくださいね。

赤ちゃんと温泉に入る時のコツや注意点
●おしっこが済んでいるか確認する
●水分補給をする(授乳直後は控える)
●赤ちゃんを両腕全体で支え、身体を密着させながら抱っこする
●お湯の熱さを確かめ、ゆっくりお湯に入れる
●お湯の種類によっては、床が滑るため転倒に注意
●にごり湯の場合は浴槽内の足元が見えないため、慎重に進む
●段差に注意しながら、ゆっくり歩く
●お湯の温度が高い場合はベビーバスを用意してもらうか、短時間で切り上げる

宿に到着してすぐ温泉では、赤ちゃんにとって負担がかかります。少し休憩をしてから入るのがおすすめです。

赤ちゃんとの旅行を楽しむ宿選びのコツ

畳の上で落ち着ける「和室」がおすすめ

赤ちゃんと一緒に泊まるなら断然和室がおすすめです。和室だと畳に布団で寝るので、ママやパパと一緒に寝られて、赤ちゃんがベッドから落ちる心配もいりません。最近ではデリケートな赤ちゃんのために、抗菌・防カビ対策用の畳にしている旅館もあるくらいです。

また、旅館だと部屋単位で食事ができるところも多くなっています。赤ちゃんがいても周りの利用者に気を遣わずに、ゆっくり食事を楽しむことができます。

ただし、旅館の場合は、室内に壺や花瓶など、赤ちゃんが思わず手を触れてしまいそうな装飾品が飾られていることも多いでしょう。赤ちゃん連れであることを事前に伝え、手が届くところの装飾品を配慮してもらえるようにお願いしましょう。

「赤ちゃんプラン」があるかどうか

最近では赤ちゃん連れでも気軽に旅行に出かける人が増えましたので、赤ちゃんプランを打ち出しているホテルや旅館がたくさんあります。旅行サイトなどで「赤ちゃんプラン」で検索すると、多くのプランが出てきます。

赤ちゃん連れ用のプランで多いのは、おむつや離乳食などを手配してくれるというものです。中には、育児用品メーカーとタイアップして豊富なアメニティを提供しているプランも。

赤ちゃんアイテムを持参する必要がないので、荷物を少なくできるのが魅力です。ほかにも、お部屋にベビーベッドやベビーチェア、おむつ用ごみ箱が備え付けられているなど、至れり尽くせりです。各社が競ってサービスを展開しているので、以前に比べて赤ちゃんと泊まりやすい環境です。

「ウェルカムベビーのお宿」をチェック

雑誌やインターネットなどで赤ちゃん連れの宿泊施設を調べていると、「ウェルカムベビーのお宿」という言葉をよく目にします。これは、子ども服メーカーのミキハウスが運営している「ミキハウス子育て総研」が、赤ちゃんがいても安心して宿泊できるホテル・旅館・温泉宿などを「ウェルカムベビーのお宿」として認めているもので、サービスと設備などの両方から審査しています。

「ウェルカムベビーのお宿」として認定することで子育てファミリーにやさしい施設の普及を促し、親子でもっと気軽にお出かけやレジャーを楽しんでもらいたいという願いが込められています。

全国各地に、赤ちゃん歓迎の「ウェルカムベビーのお宿」があるので、行先が決まったらご利用してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんとの海外旅行ってどうなの?

旅行先は時差が少なく直行便のある場所を

子連れで海外旅行は大変なイメージですが、行けるなら行ってみたいと思っている方も多いはず。ここでは海外の旅行先について注意点やポイントをご紹介します。

時差が少ない場所を
大人でも時差のある国へ行くと、時差ボケで睡眠不足や生活のリズムが狂ってしまうこともあります。赤ちゃんであればなお大変でしょう。

直行便がある
赤ちゃん連れの場合、乗り換えのある場所は極力避けた方が無難です。大人でも乗り換えのあるフライトはトラブルが起きがちです。大人だけであれば対処できるかもしれませんが、赤ちゃん連れでは大変さが違います。

ただでさえプラン通り進めるのが難しい赤ちゃん連れの海外旅行。トラブルの要因を抱えるのはできれば避けたいですよね。

初めての海外旅行におすすめの国は?

ここでは赤ちゃん連れの海外旅行におすすめの国や地域をご紹介します。

グアム
日本の主要都市から直行便が数多く出ています。日本人観光客が多く、ほとんどの場所で日本語が通じるので不自由さを感じることは少ないでしょう。

ハワイ
日本語が通じやすく、治安も安定していることから、子連れに人気です。グアム同様、リゾート地なので比較的子どもが多いところも安心。

オーストラリア
時差が1時間と少ないのでおすすめ。自然豊かで動物とのふれあいも楽しめます。日本人も多く、あたたかくフレンドリーな国民性も魅力のひとつ。

バリ島
子ども好きな方が多く、子連れに寛容な旅先として知られています。ハワイやグアムでは物足りない方や、アジアンリゾートが好きな方におすすめ。

赤ちゃんとの海外旅行のポイントは?

赤ちゃんが食べ慣れたものを持参する
赤ちゃんが旅先で飲み物や食事が口に合わないこともあるので、なるべく食べ慣れたものを持参しましょう。

・バシネットを活用しよう
赤ちゃんと飛行機に乗るときは、座席の前に「バシネット」という簡易ベビーベッドを取り付けられる席があります。これを利用することで、ママやパパも快適な空の旅を満喫できるでしょう。

・海外旅行保険に加入しよう
海外旅行保険は赤ちゃんの分も加入しましょう。旅行先では何事もなく楽しく過ごせることが一番ですが、何もない保証はありません。いつもと異なる環境なので、ケガや病気などトラブルも考えられます。万が一に備えて保険に加入し、事故や病気の際の手続きについても把握しておきましょう。

まとめ

赤ちゃん連れの旅行は、しっかり準備しておくことがポイントです。準備が万全だと旅行中の負担が減りますし、なにより楽しむことに集中できます。

最近は「赤ちゃん連れ旅行プラン」のあるホテルや旅館も増えてきていますが、夏休みなどの旅行シーズンは早めに埋まってしまうこともあります。

赤ちゃんとの旅行を計画する際は、予約も含めて早めの準備を心がけましょう。「備えあれば憂いなし」、しっかり準備して赤ちゃんとの旅行を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント