就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

授乳室でミルクをあげるには?お出かけに役立つグッズと情報を紹介

授乳室でミルクをあげるには?お出かけに役立つグッズと情報を紹介

ミルクで育てているママは「赤ちゃんにミルクを与えるときは、授乳室を使ってもいいの?」と、使用してよいのか悩む方もいるでしょう。ここでは、最近の授乳室にはどのような設備があるのかや、お出かけ先で簡単にミルクを作る方法、授乳室を探す方法などをご紹介します。

親子で過ごせる「授乳室」について知ろう

一般的な授乳室の設備やできること

授乳室に行ったことがないと「どんな場所なの?」と行ってもよいのか迷いますよね。授乳室は一般的に商業施設やスーパー、テーマパーク、駅などにあり、設備などは場所によって違いがあります。

授乳室は個室のところもあれば、一つの部屋にソファやイスなどがいくつか置いてあってカーテンで仕切るところもあります。また、授乳室にはおむつ替えスペースがあったり、ミルクが作れるようにシンクやお湯が置いてあったりすることもあるので、ミルク育児の方も活用できてよいですね。

ほかにも、赤ちゃんとママが少し休めるスペースやソファがある、ジュースなどが買える自動販売機がある、赤ちゃんの身長や体重が測れるように体重計やスケールが置いてあるなど、色々な工夫がされていますよ。

おしゃれな授乳室やパパ専用の授乳室もある

授乳室と聞くと「赤ちゃんをお世話する場所」というイメージが強いですが、場所によっては授乳室と思えないくらいおしゃれに作られているところもあるようです。赤ちゃんをお世話する部屋にとどまらず、赤ちゃんが楽しめる部屋になるように、デザインや作りにこだわりを持っているところもありますよ。

おしゃれな授乳室の中には、可愛らしい写真が撮れるフォトスポットを設けているところもあります。授乳をするついでにおしゃれな写真が撮影できると、お出かけ記念になりますよ。

また、授乳室は女性専用のところが多いですが、最近ではパパが入室可能なところや、パパ専用の授乳室も増えてきています。パパ専用の授乳室があると、周りを気にせず入れますよね。

授乳室を使うときに持っていると便利なもの

最近は授乳室もどんどん進化していますが、授乳室があっても赤ちゃんとお出かけするときは色々な準備が必要ですよね。授乳室がある施設にお出かけに行く際は、どのようなものを持って行くとよいのかをご紹介します。

・おむつ、おしり拭き
・おむつシートor大きめのタオル(衛生面が気になる方は、おむつ交換台の上に敷いて寝かせるとよい)
・ビニール袋(おむつやお菓子のゴミなどをまとめる用)
・授乳グッズ(ミルク、お湯、湯冷まし、哺乳瓶)
・おやつ、お茶
・おもちゃ(赤ちゃんがぐずっているときに渡すとご機嫌になることがある)

使用する授乳室によっては、お湯やビニール袋が必要ない場合もあります。あらかじめどのような授乳室かを調べておくとよいですね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

お出かけ先でスムーズにミルクを作るには

スティックやキューブ型のミルクを活用して

粉ミルクの場合、毎回きっちり分量を量るのが「時間がかかって面倒くさい」と感じているママもいるでしょう。特に、お出かけするときは必要な分だけ粉ミルクを量っておく必要があるので、手間がかかりますよね。

お出かけするときは、スティックやキューブ型のミルクを活用してみてはいかがでしょうか。スティックタイプは、袋を空けて哺乳瓶に入れるだけでよいので手間がかからなくて済みますよ。キューブ型のミルクの場合は、必要な分だけキューブを入れてお湯を入れると完成します。

どちらも楽にミルクを作れるところが嬉しいですよね。特に、キューブタイプは一袋全部使わなくても残りの分量が分かりやすい、散らからないなどのメリットがありますよ。

使い捨て用の哺乳瓶なら熱湯消毒が不要

赤ちゃんと長時間お出かけする場合、哺乳瓶をいくつも持って行かなくてはならないため荷物が増えてママは大変ですよね。哺乳瓶は使用すると熱湯消毒が必要なので、お出かけ先で消毒するのが難しく「哺乳瓶を何本持って行こう」と悩むママも多いでしょう。

哺乳瓶の中には、使い捨てができるものがあります。使い捨てタイプなら使った後は捨てて帰れるので荷物が減って嬉しいですよね。使い捨てタイプは割高ですが、荷物が増えるストレスを考えるとお出かけのときは便利に使えます。

「乳首が違うと赤ちゃんが嫌がるかも」と悩む方は、好きな乳首を取りつけられる哺乳瓶を選びましょう。いつもと同じ乳首のほうが、赤ちゃんは安心してミルクを飲めますよね。

給湯コーナーがあれば使ってみよう

先ほどご紹介したように、授乳室の中にはシンクやお湯などが完備されていることがあります。お出かけのときにお湯を持ち歩くのは大変なので、ミルク育児の方は給湯コーナーがある授乳室に行くと便利ですよ。

「外出先でお湯をもらうのは不安」というママもいるかもしれませんね。商業施設やショッピングモールによっては、調乳専用の給湯器が置いてあるところもあります。

シンクが設置されているところも多いため、湯冷ましを忘れたときでもすぐにミルクを冷ますことができてスムーズにミルク作りができるでしょう。しかし、土・日などの休日は、赤ちゃんのお世話スペースが混み合っている場合があります。すぐに利用できない場合のことも考えて1回分のお湯と湯冷ましは持って行くと安心ですよ。

授乳室の探し方と利用マナーを知っておこう

授乳室を簡単に検索できるアプリがある

最近では授乳室の数も増えてきてはいますが、赤ちゃんが泣き始めてから焦って探してもなかなか見つからないことも多いですよね。赤ちゃんとお出かけをするときは、あらかじめどこで授乳やおむつ交換をするのかを計画しておくとよいでしょう。

お出かけ先に行ってから「どこにあるのかな?」と授乳室を探すのは時間がかかるので、全国の授乳室を紹介しているアプリを活用してみてはいかがでしょうか。アプリを活用すると、GPSの位置情報から近くの授乳室を探してくれたり、検索できたりするので歩き回って探す手間が省けますよ。

また、写真つきで分かりやすい説明書きがある、先輩ママたちの口コミが豊富なアプリもあります。アプリを活用することで、さらにお出かけが楽しくなるとよいですね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事