就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

睡眠の質をあげてママも元気に!子育てママが気になる快眠グッズ

睡眠の質をあげてママも元気に!子育てママが気になる快眠グッズ

子育て中のママは寝不足になりがちですよね。睡眠不足が続き、イライラしたり、疲れやすくなったりしているママはいませんか。まとめて睡眠をとることが難しくても、睡眠の質があがれば翌日すっきり起きることができますよ。ママが元気に過ごすために、睡眠の質をあげるポイントや快眠グッズを紹介していきます。

グッズを使わずに睡眠の質を上げるには?

ノンレム睡眠時間の90分の質を意識する

睡眠の質をあげるためには、睡眠のメカニズムを知ることが大事です。私たちが寝ている間は、レム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しています。

レム睡眠とは「体の眠りは深いのに脳の眠りが浅い状態」で、ノンレム睡眠は「脳が眠っている状態の深い眠り」を指します。

眠りにつくと、最初にノンレム睡眠がやってきます。このノンレム睡眠は90分続くとされています。この90分をしっかりとり、良質なものとすることが睡眠の質を上げるポイントです。

睡眠中には、成長ホルモンなど体の健康維持にかかわる重要な複数のホルモンが分泌されています。良質な睡眠に欠かせない成長ホルモンは、深いノンレム睡眠のときに活発に分泌されていますよ。

入浴後に子どもと一緒に寝てしまう

入浴後は体がポカポカして気持ちよく、本を読んだりリラックスしたりしていたら、いつの間にか寝落ちしていたなどということはありませんか。

人は温まった体が冷えて行くときに、眠気を感じるそうです。熟睡するには体の深部(内側)の温度を高くし、寝入るときに深部体温を急激に下げることがポイントです。

これは、入浴で体を温め、入浴後体温が下がっていくことに置き換えられますね。できれば、眠る90分前に入浴し、子どもを寝かしつけながら体温を下げていき、そのまま子どもと一緒に寝てしまうことです。

授乳中のママは、子どもの授乳時間に合わせて入浴し、入浴後に授乳して飲み終わる頃には、ママも赤ちゃんも眠くなりおすすめですよ。

寝る30分前からデジタルシャットアウト

寝る前にスマホやコンピューターのスクリーンは見ないほうがよいというのはよく聞くと思いますが、なぜだか知っていますか。

スマホやコンピューターが発している「ブルーライト」は目の疲れや痛みを引き起こすだけではなく、脳を活性化させるといわれています。

網膜がブルーライトの刺激を受けると、脳は朝や昼と勘違いをし、睡眠を促すメラトニンが十分に分泌されず寝つきが悪くなります。

できれば、寝る30分前にはスマホやコンピューターをシャットアウトしましょう。いつも寝る直前までスマホをいじっていたママには、手持ち無沙汰に感じてしまうかもしれません。

寝る前はデジタル機器の代わりに、本を読む、育児日記をつけるなど、新しい習慣を作ることがおすすめですよ。

睡眠の質に大きく影響する枕の存在

睡眠の質を高める枕について知ろう

寝るときに枕を使うのは当たり前で、とくに深く考えずに使っているママが多いのではないでしょうか。枕を選ぶときもなんとなく「硬い or やわらかい」「高い or 低い」と、好みで決めていませんか?

ところが、使う枕によって睡眠の質がグンとあがるのですよ。睡眠の質を高めるためには「頭をしっかり支えて、理想的な寝姿勢をサポートしてくれる」ことが重要です。

高い枕が好きな人も多いですが、高過ぎる枕は頸椎を圧迫し、肩こりや首の痛みを引き起こす原因になるといわれています。

目が覚めたときに枕から頭が落ちている場合は、枕が高過ぎる可能性があります。高い枕は首のしわがができやすくなるとされており、美容面でも大敵ですね。

寝返りがしやすく快眠サポート「六角脳枕」

人は寝ている間に平均で20回ほど寝返りをしているといわれています。寝返りをうつたびに仰向けになったり横向きになったりすることで頭の高さが変わり、首や肩へ掛かる負担も違ってきます。

「寝苦しくて夜中に目が覚めてしまう」「熟睡できず、すっきりと目覚めることができない」というような悩みにおすすめなのが、「六角脳枕」です。

六角脳枕を使うと、寝返りをうったときに頭と肩だけが移動するのです。そのため、自然と頭を最適な高さに調節し、首や肩の緊張を緩和して快適な睡眠へと導いてくれます。

名前のとおり六角形で、頭を乗せる部分はダブルの凸凹構造のユニークな形です。その構造が、寝返りをしやすくし、首や肩の負担を軽減するだけではなく、呼吸を楽にしてくれます。

日本人に合わせた「高反発枕 モットン」

モニター協力した人の90%以上が満足したという調査報告がある、肩こり対策のために作られた枕が「高反発枕 モットン」です。

次のようなこだわりが特徴の枕です。

・自然な寝返りをサポートする反発力
・首筋のすき間を埋め、頚椎を支える設計
・素材には重力を効率よく分散するウレタンフォームを使用
・ウレタンフォームを使用することで、ダニやほこりを寄せつけず、敏感肌にも対応
・8万回の耐久試験にパスした、優れた耐久性
・高い通気性を実現し、蒸れにくい

育児や家事、デスクワークなどで、酷い肩こりを感じているママからも、約2週間くらいから効果を実感できたという声が多く聞かれます。肩、首の筋肉を休ませ、ぐっすり眠ることが期待できる枕ですよ。

ママの睡眠の質を上げる快眠グッズとは?

アスリート愛用マットレス「エアウィーヴ」

オリンピック選手や世界で活躍するスポーツ選手が、遠征先にまでもって行くと話題のマットレスが「エアウィーヴ」です。

質の高い睡眠を支えるために開発された独自素材のエアファイバーを使用しています。寝返りを妨げない一定の反発力を保つ三次元スプリング構造が、あらゆる方向から体をしっかり支えます。

安眠効果はもちろん、肩こりや腰痛などの体の痛みにも大きな効果があったという声が多く寄せられています。

また、通気性がよくマットレスや布団の上に重ねて手軽に使え、その上、自宅で水洗いができるのも子育て中のママには嬉しいポイントです。

万全の体調で競技に臨むために、睡眠にこだわるトップアスリートが愛用しているマットレスなら効果が期待できそうですね。

短時間の休息にも便利な「アイマスク」

寝不足で辛いときに、少しでも眠れたらと思うときはありませんか。短時間でも熟睡できると、疲労感が軽減し、頭がすっきりします。

気軽に取り入れることができ、睡眠の質を上げられるのがアイマスクです。光による刺激を受けることが睡眠を妨げる原因になるので、遮光してくれるアイマスクは頼りになる睡眠グッズといえそうです。

近頃は、目の周りを温めてくれるホット機能や、スピーカーが内臓されているサウンド機能、そして、リラックス効果の高いアロマ機能までついているものもあります。

このような機能を利用すると、安眠だけではなく眼精疲労の改善や、ストレス軽減の効果を得ることができます。選ぶときには、自分の顔にフィットするデザインのものを選ぶことも大切ですよ。

快眠サプリメントも上手に取り入れてみる

カフェインを摂りすぎると眠れなくなることからも、口にするものと睡眠との関係性が実感できますよね。

医薬品のように即効性はありませんが、次のような成分が配合されているサプリメントを選べば、穏やかな効き目を実感できるでしょう。

・必須アミノ酸
・ビタミンB群
・カルシウム
・セントジョーンズワート
・バレリアン

サプリメントを選ぶときは、配合成分が記載されているもの、続けやすい価格帯であることにも注目してくださいね。

サプリメントの成分には、飲み合わせに注意が必要なものもあります。服用中の薬がある場合には、事前に医師に相談しましょう。

サプリメントを避けたほうがよい場合は、代わりに安眠効果のあるハーブティーの飲用を相談してもよいかもしれません。

まとめ

睡眠不足で疲れてくるとイライラしてしまうママも少なくありません。快眠グッズをうまく取り入れ、睡眠の質をあげることで、疲れを取り、精神的な安定効果も期待できます。

せっかく安眠グッズを取り入れても、偏った食生活や遅くまでスマホを見るなど生活習慣が乱れると、効果が充分に発揮できなくなってしまいます。

食事や運動に気を付け、規則正しい生活を心掛けた上で安眠グッズを取り入れると、より大きく睡眠の質をあげることができるはずですよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR