就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 七五三のお祝いについて知ろう!金額の相場やおすすめのプレゼント

七五三のお祝いについて知ろう!金額の相場やおすすめのプレゼント

七五三は、子どもの成長を祝う大切な行事ですよね。しかし実際は、七五三について分からないこともたくさんあると思います。ここでは知っておきたい基礎知識や、お祝い金やプレゼント、注意点などについてご紹介します。これから七五三をむかえるママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

知っておきたい七五三についての基礎知識

七五三のお祝いって何?

七五三とは「子どもの成長を祝い、これからの健康を願う伝統的な日本の行事」です。時期としては、本来は11月15日に行うものです。しかし、現在は家族のスケジュールに合わせて、10月中旬から11月下旬で六曜の縁起のよい日に行うことが多いようです。

七五三は住んでいる地域の神社に行くのがしきたりですが、今は有名な神社に行ってお祝いをする家族も増えています。

当日はお参りや祈祷をして写真を撮り、食事をするというのが一般的な流れです。しかし特に決まりはないので、家庭によってはお参りのみにする場合や、写真撮影だけをする場合もあるようです。

お祝いの仕方はさまざまなので、自分たちにあった思い出に残る七五三をしてあげられればよいと思います。

男の子と女の子でお祝いする年齢が異なる

七五三は3歳、5歳、7歳でお祝いするものです。3歳は男女ともに、5歳は男の子、7歳は女の子というのが一般的といわれています。

年齢は数え年(生まれた年を1歳として計算したもの)より、満年齢(生まれた翌年の誕生日を1歳として計算したもの)で行うことが多いようです。しかし、実際はどちらでも問題はありません。

兄弟がいる場合は同性だと1歳差、異性だと2~3歳差であれば一緒に祝っても問題はないそうです。これは、満年齢でも数え年でもどちらで行ってもよいためです。兄弟で一緒にお祝いができると親の負担も少なくなりますよね。

地域によっては男の子の3歳のお祝いをしないところもあるそうです。習慣もさまざまなので、確認しておくとよいと思います。 

兄弟同時の場合お祝いは人数分用意

最近は兄弟がいる場合、上の子どもは満年齢で下の子どもは数え年でと一緒に行う家庭も増えてきました。そのときにお祝いは一つでよいのか、それぞれに必要なのかと疑問に思うことがあると思います。

そのような場合は兄弟で一つではなく、人数分を用意しましょう。それぞれご祝儀袋を分けて、名前を書いて渡すとよいですよ。子どもも自分だけのお祝いをもらえたら、うれしいと感じるはずです。

本来ならば、別々に行う七五三を年齢差の関係で、たまたま同じ年にお祝いすることになっただけなので、一人一人のお祝いをしてあげるというのが一般的な考えです。

兄弟同時であっても、子どもにとっては自分だけの特別なお祝いです。それぞれきちんとお祝いを用意してあげましょう!

七五三のお祝い金の相場っていくらなの?

友人や知人に渡す場合の相場

仲のよい友達や知人の子どもが七五三をむかえたときに、お祝いを渡した方がよいのか考えることはありませんか?そのときに、悩むのがお祝いの金額だと思います。

友人や知人にお祝いを渡す場合は3,000~5,000円くらいがよいようです。あくまで目安ですので、参考にしてみてくださいね。お祝いを渡す相手との関係や距離感などもあると思いますので、そのあたりも考えてあげられるとよいと思います。

七五三は内輪でのお祝いごとなので、お祝いを贈るのは親族やごく親しい知人ということが多いようです。友人や知人の子どもに「お祝いをあげないと失礼」ということもないので、悩んだときには周りの友達や、渡す相手の家族の知人に相談してみてもよいかもしれません。 

親戚に渡す場合の相場

七五三のお祝いは身内でやるイメージが大きいですよね。子ども同士が仲良くしている甥や姪に対しては、お祝いしてあげたいなと感じることもあると思います。

甥や姪にお祝いを渡す場合は、親族にあたるので5,000~10,000円くらいが目安となるようです。しかし、親戚だからこそ難しい問題もあるようです。他の兄弟間とのバランスや、自分の子どものときにはお祝いをしてもらえるかなどを考えると、はっきりとは決めづらいかもしれません。

親戚の場合は普段のお付き合いの親密度や、話し合いで決めることが多いようです。また、自分のご両親に相談してみてもよいかもしれませんね。それほど親しくしていない場合は、ご祝儀は贈らない人も最近は増えているようです。 

祖父母が孫に渡す場合の相場

祖父母にとって孫はとてもかわいい存在ですよね。その孫が七五三をむかえることは、とても喜ばしいと感じていると思います。

祖父母が孫にお祝いを渡す相場は10,000~30,000円くらいが目安のようです。しかし、最近は七五三で孫が着る晴れ着一式やそれに相当する現金、レンタル衣装代、写真代などを贈ることも多いようです。

相場に開きがあるのも事実のようで、付き合い方や経済的なものでもかわってくるようです。お祝いのプレゼントをいただく場合もありますし、地域によっても差はあるそうです。

子どもの成長を一緒にお祝いできて、ご祝儀やプレゼントをいただくことはありがたいことですよね。パパとママは感謝の気持ちをもってお祝いにのぞみましょう。

七五三の祝儀袋の選び方やマナーについて

ご祝儀袋の選び方について

七五三のお祝いを贈るときに渡す、ご祝儀袋。でもいろいろな種類があって、どれがよいのかわからないこともありますよね。

七五三は紅白の花結び(蝶結び)を選ぶとよいですよ。蝶結びはほどきやすく、何度も結び直せるのが特徴です。子どもの祝い事のように何度も繰り返してうれしい、というようなときに使用するには最適な水引といえます。

ほかには結びきりというものがありますが、こちらは結婚式などの一度限りのお祝いに使うものです。蝶結びとは意味が違いますので、間違えないようにしてくださいね。

また、飾りが豪華なものやシンプルなものがあるので、額によって選ぶとよいですよ。ご祝儀袋にもそれぞれの意味がこめられているのでお祝いに合ったものを選びましょう。

ご祝儀袋の書き方について

ご祝儀袋が用意できたら、何を書けばよいのかをご紹介します。

表書きには「七五三御祝」「御祝」と書くのが一般的とされています。この書き方は何歳でも大丈夫です。文字は水引にかからないようにしましょう。年齢に応じて3歳は「御髪置御祝」、5歳は「御袴着御祝」、7歳は「御帯解御祝」と書いてもよいです。

表書きは黒い筆や筆ペンで書くのが基本となります。薄い色ではなく、濃いものを使用してくださいね。このときにボールペンは控えましょう。

水引の下には送り主の名前を書きます。上段の字よりも小さめがよいです。夫婦連盟にする場合は夫の名前を右に、妻の名前は左に書きます。書き方にもいろいろなマナーがありますので参考にしてみてくださいね。 

お金の包み方について

ご祝儀袋に表書きを書いたら、包むお金は新札を用意しましょう。新札を中袋に入れるときは表が前、顔が上にくるように入れます。(お金は縦にすると、夏目漱石や福沢諭吉の顔が上にある方が上にあたります。そちらを上側にして人物が表になるように入れましょう)

中袋の表側には、中央に「金〇〇円」と縦に書きます。数字の書き方は大字(壱、弐、参、伍、萬など)で書くのが一般的です。例えば「金参千円」「金壱萬円」など。

漢数字(一、二、三など)を利用しない理由は線を書き足して、数を書き換えられないようにするためです。しかし「三千円」「一万円」などの漢数字を使っても現在は問題はないようです。

裏側の左下には送り主の郵便番号と住所、氏名を書きます。

七五三のお祝いにおすすめのプレゼントは?

男の子に人気で好評なプレゼント

男の子のプレゼントとしておすすめなものをいくつかご紹介します。

・着物や袴…高額なので、親戚や身内から贈るのが基本となります。
・スーツ…男の子はやんちゃで活発なため、前撮りの写真は着物で、お参りはスーツを選ぶことがあるようです。
・コート…七五三は寒い時期なので、少しフォーマルな羽織るコートなども喜ばれます。
・おもちゃ…3歳なら乗り物のおもちゃやブロック、5歳ならゲームが多いようです。ただ、ゲームは家庭によって与えない方針の場合もあるので聞いた方がよいですね。

5歳になるとスポーツをやるお子さんも増えてくるので、そのスポーツにあわせたスポーツ用品や小学校の入学が近いことから文房具を贈ると喜ばれることもあります。

女の子に人気で好評なプレゼント

ここでは女の子のプレゼントとしておすすめのものをいくつかご紹介します。

・晴れ着…高額なため、祖父母などの身内が贈ることが多いです。レンタルを利用する場合はその料金を負担してあげるという意味をこめて、現金をお祝い金として渡すこともできます。
・髪飾り、草履などの小物類…女の子はかわいくて華やかなものが多いです。晴れ着に合わせた小物を選ぶとよいと思います。
・ワンピース、ドレス…フォーマルなドレスやワンピースも人気です。習い事の発表会、入園式や入学式に着まわせるものを贈るのもよいですよ。

7歳くらいになると、普段着る洋服をプレゼントすると喜ばれることもあります。好みなどを聞いておくとよいかもしれません。

男女共に人気で好評なプレゼント

こちらは男女共におすすめのプレゼントです。

・本…3歳なら絵本、5歳以上になると図鑑や児童書がおすすめです。
・お菓子…和菓子やクッキー、チョコレートなどの洋菓子もよいと思います。子どもが食べやすいものがよいですね。
・カタログギフトや金券…子どもが5歳、7歳と大きくなると自分の欲しいものが明確になってきます。そのため、ご両親やお子さんが自由に選べるものも喜ばれます。     
         
プレゼントにもいろいろありますね。品物を決める前に、家庭の方針に反しているものではないか、すでに持っているものではないかを確認しておくと、安心して贈ることができますよ。お祝いなので、気持ちをこめてすてきなプレゼントを贈りましょう。

七五三のお祝いをするときの注意点

七五三のお祝いを贈る時期はいつ?

七五三は本来11月15日で、その日に参拝する風習がありました。しかし、最近はその日にこだわらず、11月15日前後の土日や祝日に、家族の都合に合わせて行うことが増えてきました。

現在では、10月中旬から11月下旬まで幅広く参拝することが多いようです。そのため、お祝い金や品物を直接手渡しする場合でも、郵送する場合でも、10月中旬から11月15日までに相手に届けられるのがよいとされています。七五三当日はバタバタして忙しいので、前日や前々日までには贈りましょう。

また、いつ行うかを相手に聞いて渡すのもよいと思います。親族として集まって七五三を祝う場合は、当日に渡しても大丈夫です。11月15日は過ぎないようにしましょう。 

お祝いやお返しは家族の風習に習おう

お祝いやお返しなどもどうすればよいのか、わからないことが多いですよね。夫婦だけで話し合ったり、調べたりして決めたことでも、周りからは「これは違う」「このやり方では困る」とあとから言われることもあるかもしれません。

家族によってもそれぞれ考え方は違いますよね。七五三はご両親や他の親戚との兼ね合いもいろいろあるので、なかなか難しいこともあると思います。

また、金額の相場に関してもあくまで目安として考え、家族の風習を第一に考えるとよいと思います。地域によってもその土地ならではの風習があるので、そのやり方に習うとよいですよ。

迷ったときには、夫婦だけで悩まず、親戚や家族と相談して決めると安心です。

お祝いは祝う気持ちが大切!

七五三は子どもの成長をお祝いするものですよね。しかし、そこにはいろいろなマナーや地域の風習、親戚との兼ね合いなどもあり、大変なこともあります。

でもやはり大切なことは、子どもが成長したことを喜び、お祝いすることだと思います。

神社に行って、写真スタジオで記念写真を撮って…という形式にこだわらなくても、子どもにケーキを買って、ちょっと特別な食事をして…というお祝いでもよいですよね。

「ここまで成長してくれてありがとう。これからも健康に育ちますように」という親の願いが子どもにも伝わるようなお祝いが一番よいと思います。そしてその親の気持ちが子どもにも伝わったときに、忘れられない七五三になるのだと思います。

まとめ

七五三について、基礎的な知識や金額、プレゼントなどを紹介させていただきました。自分の子どもが七五三をむかえるときや、身近にむかえる子どもがいたときに参考にしてみてくださいね。また、いくつか注意点もあげましたので、知っておくと安心だと思います。

七五三は自分の家族だけではなく、親戚や地域との関連性もでてきます。そのあたりも考えながら、お祝いできるとよいですね。

一番大切なのは子どもの成長を喜び、お祝いする気持ちだと思います。家族や子どもにとって思い出に残る七五三をむかえてあげてくださいね。 

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント