就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子の初節句を楽しくお祝いしよう!役に立つ準備の方法を紹介

女の子の初節句を楽しくお祝いしよう!役に立つ準備の方法を紹介

赤ちゃんが生まれることは、パパとママだけでなく家族にとって大きな喜びでしょう。子どもが生まれると次々と行事がありますが、その中でも女の子なら桃の節句でしょう。「初節句はどのようにお祝いすればよいの?」というママに少しでも役に立つ方法をご紹介します。

女の子のお祝い、桃の節句について知ろう

ひな祭り、別名「桃の節句」の由来はなに?

桃の節句は、五節句の一つ「上巳(じょうし)の節句」ともいいます。平安時代、紙やわらで作った人形(ひとがた)、形代(かたしろ)と呼ばれるものに厄災を移し、身代わりとして川や海に流していました。

それとともに平安貴族の子女の間で「ひいな遊び」が流行ります。これは人形や御所、調度品を模したものを使って遊ぶもので、ままごと遊びの原型です。

江戸時代になると、上巳の節句は女児の健康と幸福を願うものとなっていきます。財力のある者は、厄災を引き受けてくれる人形を豪華にすることを競っていきます。これが雛人形の始まりです。一方、庶民は豪華な人形を用意することができなかったため、代用として「吊るし雛」が作られるようになりました。

桃の節句をお祝いする意味はなに?

3月3日が桃の節句といわれるのは、旧暦の3月3日ごろが桃の花の開花時期だったからです。そして、新暦になってもそのままその名を残しました。

中国の「上巳の節句」は3月3日で、川で身を清める習慣がありました。それが平安時代に日本へ伝わり、人形(ひとがた)に自分の厄災を移し、川や海に流す「流し雛」が行われるようになりました。このころは、まだ女の子限定のものではありませんでしたが、それが江戸時代に女の子のお祝いへと変化していきます。

桃の花は邪気祓いの意味があり、「ももとせ(百歳)」から長寿という願いもこめられています。雛人形は厄災を代わりに引き受けてくれるものです。そのことから、女児の健やかな成長と幸せを願う行事となっています。

ひな人形はそれぞれに意味がある

七段飾りの一番上は、天皇と皇后です。内裏は、御所を表します。そのことから男雛のことをお内裏様と呼ぶのは、間違いです。

三人官女は、男子禁制の後宮でお雛様のお世話をするために実家からついてきた女性たちです。持ち物は、右から長柄・三方・提子となり、真ん中の女官だけ既婚者で、眉なし・お歯黒です。

五人囃子は、元服前の少年で構成された楽器を奏でる集団です。右から謡(うたい)・笛・小鼓・大鼓・太鼓です。

右大臣・左大臣は、男雛と女雛の身を守る随身と呼ばれる存在です。年配の方が左大臣、若手が右大臣です。位は、左大臣が上位です。

仕丁は、無報酬で雑役を担っていた人たちです。持ち物は、京都が熊手・ちり取り・箒、関東は、台笠・沓台・立傘です。

女の子の初節句。お祝いの仕方を知ろう

ひな人形を飾る時期はいつ?準備は?

雛人形を飾る時期は、立春(2月4日)ごろから2月の中旬の湿気の少ない晴れた日を選ぶとよいといわれています。一夜飾りはよくないといわれていますから、遅くとも桃の節句の1週間前までには飾り終えておくようにしましょう。

また地域によっては、降ってくる雪が雨になり、地上の雪などが水となるころの「雨水の日」に飾るところもあります。これは、雨水に飾ると良縁に恵まれるという、言い伝えがあるからです。2月18日か19日あたりが目安になります。

ほかにも、大安に飾るという人も多いのではないでしょうか。大安や雨水にこだわると天候などの条件で好機を逃すこともありますので、絶対にこの日というのではなく、ある程度、融通がきくように日程を組みましょう。

初節句に呼ぶ人を夫婦でよく話し合おう

初節句をどの規模でお祝いするかは、住んでいる地域や家庭の事情によりさまざまです。家族だけ、両家の祖父母のみを招待、パパとママの兄弟姉妹まで、近しい親族までなどです。

招待者の範囲をどうするかは、事前に夫婦で話し合っておきましょう。ママは家族だけで小さく祝おうと思っていたのに、パパが色々な人に声をかけてしまうと揉める原因になります。食事などの準備や手配をするのは多くがママですから、あまり手を広げ過ぎるとその負担も大きくなります。

また祖父母によっては、「食事代を負担するからお高めのお店でお祝いしましょう」と提案してくる場合もあります。その提案がきたときも、お祝いごとを滞りなく終えられるように夫婦が共通認識を持つようにしましょう。

初節句の行事食はなに?

ひな祭りの代表的な食べ物というと、最初に思いつくのは菱餅やひなあられではないでしょうか。では、定番の祝い膳にはなにがあるのか見てみましょう。

定番料理といえば、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、菱餅、ひなあられ、白酒です。「あれ?甘酒では?」と思う方もいると思いますが、正式には白酒です。

しかし、白酒はアルコール度数10%ほどあるものですから、子どもやアルコールに弱い人には向きません。そこで、代わりに米麹で作った甘酒が用意されるのです。

ちらし寿司の具は、縁起のよい海老、れんこん、豆を入れます。はまぐりのお吸い物は、ただ1人の相手と生涯連れそうという意味です。菱餅の三色には、厄除け・子孫繁栄・健康・長寿の願いがこめられています。

大人も子どもも喜ぶ!桃の節句の料理レシピ

おもてなしにぴったり「ちらし寿司ケーキ」

ちらし寿司はそのままでも十分ですが、ひと手間かけることでひな祭りらしさとかわいさが一層アップします。

型に酢飯と具材を交互に重ねて、ミルフィーユのようにすると型をはずしたときに層になってきれいに見えますね。その上に、錦糸卵やサーモン、海老などで飾ると一層豪華になるでしょう。

また、ご飯を菱餅のようにピンク・白・緑に色づけし、その上に飾りをすることで桃の節句にちなんだメニューになり気分もあがりますね。飾りは、錦糸卵をかけた上に、ゆでて殻をむいたうずら卵で顔、胴体をキュウリやソーセージで作った雛人形を飾ってもかわいいですね。

型には、丸や四角のケーキ型やパウンド型、シフォンケーキ型などさまざまな形状や大きさがありますので、お好みのものを選びましょう。

桃の節句の定番「はまぐりのお吸い物」

はまぐりのお吸い物(4人分)をご紹介します。

はまぐり250g、水500ml、昆布5cm角を1枚、酒大さじ1、塩やしょう油は好みの量、木の芽や三つ葉、手毬麩なども好みで用意します。

はまぐりは事前に海水程度の塩水で砂抜きし、水、昆布、はまぐりを鍋に入れた状態で火にかけます。火加減は、弱火でじっくり時間をかけます。

アクが出てきたらアク取りし、沸騰すれば昆布を取り出します。アク取りは続け、貝の口が開けば火が通ったサインですから、はまぐりだけを一度器にとります、汁に酒を加え、味見をして足りないようなら、塩やしょう油を少しずつ加えていきます。

火を入れ続けると、貝の身は固くなりますので気をつけてください。器によそって、仕上げに木の芽などを乗せます。

混ぜるだけで簡単「三色ムース」

クックパッドで紹介されている三色ムースです。

ムース:プレーンヨーグルト150g、牛乳150cc、砂糖大さじ3、粉ゼラチン5g、水大さじ2、抹茶パウダー少々
苺ソース:苺100g、砂糖 大さじ3、レモン汁 大さじ1/2

1.(苺ソース)小さく切った苺と砂糖、レモン汁を入れて混ぜ、ラップなし500Wで4分間レンジ加熱し、冷蔵庫で冷まします。

2.(ムース)ヨーグルト、牛乳、砂糖をミキサーにかけ、滑らかにします。ゼラチンを水でふやかし、500Wで3分間、レンジで加熱します。二つを合わせて撹拌し、半分に分けます。一方に抹茶を加え緑にし、器に抹茶ムースを流し入れ固まったら、白ムースを入れます。

3.ムースが固まったら、苺ソースをかけて完成です。

初節句に女の子に着せたい衣装は?

日本の伝統である着物と被布

袴タイプは、紐1本で軽く結ぶだけで着せられます。袴はマジックテープ式なので、着付けも簡単ですし、もしきついと嫌がっても簡単に緩めてあげることができるので、安心ですね。

お雛様のようなタイプもあり、これは着物と袴が一体になっているので、しっかり着せているように見えて3カ所を留めるだけという簡単さです。両タイプとも身長60~70cmサイズからあります。

被布タイプには、着物が二部式になったものと紐を3ステップで着付けられるものがあります。二部式のものは、上は紐、下はマジックテープのついた巻きスカートです。被布も、柔らかなボア生地のものやスタンダードなタイプでスナップ留めのものなどありますので、好みで選んでみましょう。

着せやすさ抜群!袴ロンパース

着物を着せたいけれど子どもが嫌がりそうだし、汚すと大変と考えるママも多いでしょう。そんなママには、袴ロンパースが最適です。袴ロンパースのよさは、なんといっても脱ぎ着のしやすさと赤ちゃんも動きやすいということでしょう。オムツ替えも簡単です。

シンプルな着物と袴タイプのもののほかに、巫女さん風の袴ロンパースの上に羽織を羽織るタイプのものもあります。サイズは、身長60cm~あります。足袋を嫌がる子どもには、靴下に草履を履いたような柄を描いた「足袋風ソックス」もありますので、利用してみてはどうでしょうか。

袴ロンパースは、着物に比べて安価ですし、デザインも豊富なので、着せてみたい柄を探して見つけるのも楽しそうですね。

洋風でかわいいベビードレス

動きやすさを考えて、洋装のドレスにしようと思うママもいますよね。ドレスは手頃な価格で、デザインもかわいいものがたくさんありますので選ぶのも大変ですが、その分、選ぶ楽しみも増えますね。

ドレスを着せるうえで気をつけたいのは、化学繊維でできたものが多いということです。赤ちゃんの肌は弱いですから、肌に直に当たる部分が固かったり、化繊だとかぶれたり、痛がったり、動きづらそうにしたりするかもしれません。どんなにかわいいドレスでも、素材が子どもに合わないと着せられませんので、注意しましょう。

また、ドレスとは異なりますが普段、着慣れている服の上につけて袴を着ているように見せる「袴スタイ」もありますので参考にしてくださいね。

知っておこう!初節句のお祝いについて

初節句のお祝い金額の相場は?

おめでたい初節句で気になるのが、お祝いの相場です。一般的にお祝い金が一番高くなるのは、雛人形を負担する人です。

父方祖父母が30,000~300,000円、雛人形を負担した場合の母方祖父母が100,000~300,000円となります。昔からの慣習では、雛人形を買うのは母方祖父母となっていましたが、昨今は必ずしもそうとはいえないようになっています。

少子化で孫も少なくなっていますから、両家の祖父母が同じように負担したり、お祝いで揉めたりしないようにパパとママが購入する場合もあるようです。

兄弟姉妹や親戚は、贈り物プラス5,000~10,000円ほどとなります。友人や知人は、贈り物のみ、または3,000~5,000円くらいです。

お祝いのお金を渡す方法は?

お祝い金を渡すタイミングは、雛人形代を援助・負担する場合・しない場合、お祝いの席に招待されている・いないで変わってきます。

雛人形代の援助・負担する祖父母の場合は、できるだけ早く渡すようにしましょう。食事会への招待はなく、お祝い金だけの場合は、2、3カ月~10日前までです。もし、食事会に招待されているけれど、雛人形の援助がないときは、当日でもよいでしょう。

祖父母以外の食事会招待者は、2、3カ月前~当日、食事会への招待がないときは、2、3カ月~10日前までにしましょう。

祝儀袋の水引は、紅白蝶結びを選びます。表書きには「初節句御祝い」と書きます。また、渡す日はできれば「大安」などのおめでたい日を選ぶようにしましょう。

お祝いのプレゼントの選び方は?

初節句に贈るプレゼントで最近の人気は「おむつケーキ」です。おむつはたくさん必要な月齢ですし、おむつメーカーも選べるのがよいですね。また、タオルへの名入れ、のしやメッセージカードもつけられます。タオルのデザインも多種類ありますので、好みのものを見つけられそうです。

仲のよい姉妹や友人なら、初節句の祝いの席で着るドレスや袴ロンパースをプレゼントするのもよいですね。もちろん、事前にママにリサーチしてから購入するようにしましょう。

おもちゃや絵本もよいですが、すでに持っているものと重ならないようにしましょう。希望を聞くのが一番ですが、できない場合は、「図書カード」や「こども商品券」などもよいのではないでしょうか。

まとめ

初節句は、子どもにとって一生に一度のことですね。本人の記憶に残っていなくても、写真で残っていたり、パパやママがそのときのことを話してくれたりするだけで子どもは嬉しいはずです。

雛人形選びもありますし、お祝いの席を設けるとなると、事前準備も必要です。早生まれの子の場合、準備が間に合わないこともありますから、急がず焦らず、翌年に延ばしてでもきちんと後悔のない初節句を迎えられるようにしましょう。

そうすることで、子どもが大きくなったときにもパパやママの想いが伝わるのではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018