就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

仲よし夫婦の特徴を知ろう!関係性や普段の行動と仲よしでいるコツ

仲よし夫婦の特徴を知ろう!関係性や普段の行動と仲よしでいるコツ

仲よしの夫婦を見ていると幸せな気持ちになりますよね。自分もこんな仲よし夫婦になれたらどんなによいだろう、と思っているママも多いのではないでしょうか。そんなママのために、仲よし夫婦がいつもしていることや、いつまでも仲よくいるコツをお伝えします。

どんな関係性の夫婦が仲よしなのか知ろう

お互いに尊重し合っていて上下関係がない

保育園や幼稚園の行事に行くとたくさんの夫婦に出会いますね。その中でも微笑み合いながら2人で話していたり、パパがママの荷物をさりげなく持ってあげていたりすると素敵だなあと感じるでしょう。

そんな仲よしの夫婦の特徴は、夫婦の間に上下関係がないこと。それは2人の年齢に差があっても同じです。また、仲のよい夫婦は、一見亭主関白に見えても実際は違う場合が多く、ママの意見をきちんと尊重して聞いているようです。

さらに、ママが強そうに見える夫婦も、話してみるとママはパパを尊敬しているのがよくわかります。そんなママは、パパの悪口をいうことはなく、パパにしてもらって嬉しかったことなどを楽しそうに話してくれることが多いですね。

子どもがいても男女関係を意識している

子どもができると、ママは忙しくなって自分のことを構う余裕がなくなりますよね。しかし、夫婦仲のよいママを見ていると、とくに出かける予定がなくても家では清潔感のある格好をしていたり、メイクや髪形をきちんと整えたりしていますよ。

また、パパも休日には運動をして体型を維持する努力をしている方が多いようですね。このように、いつまでもお互いが自分自身を磨くことを忘れないように心がけているのです。

また、結婚記念日などはデートを楽しむそうですよ。子どもが小さいうちはランチくらいの軽いデートになりますが、おしゃれもできてよいですよね。

仲のよい夫婦は子どもがいても、お互いが男女の関係を忘れずに過ごすようにしているようです。

適度な距離を保っていて信頼関係がある

パパの携帯電話をこっそりと見たことがあるというママの話を聞いたことがあります。しかし、見られた方はあまりよい気がしませんね。夫婦仲のよいママはパパの携帯を勝手に見ないと話していましたよ。きっとパパも同じでしょう。

また、飲んで帰ってきても細かいことは聞かないようです。誰とどこで飲んでいたのかなど聞かれると、うんざりしてしまいますよね。

仲のよい夫婦は、大好きな相手だからこそ適度な距離感を保つようにしているようです。そして、相手のことを信頼して深く追求しないのでしょうね。

夫婦仲のよさは、お互いの距離感や信頼関係を大切にするところから始まります。そのようなことも、夫婦が仲よくいるコツなのでしょうね。

仲よし夫婦が当たり前にしている行動とは?

感謝や謝罪、愛情などを素直に伝えている

「愛している」なんて言葉は、照れくさくてなかなかいえないですよね。しかし、驚いたことに夫婦仲のよいママは、会社に行く前や寝るとき、メールで連絡をするときなど、毎日当たり前のように「愛している」と伝えているそうです。

また、「ありがとう」「ごめんなさい」などの感謝や謝罪の言葉も、一緒に生活しているとおろそかになってしまいがちですよね。いわなくてもわかっているだろうとは思わず、きちんと言葉にして伝え合うのが、仲よし夫婦のあり方のようです。いわれた側も「こちらこそありがとう」「こちらこそごめんね」と素直な言葉を返せるのではないでしょうか。

パパともっと仲よくなりたいと思っているママは、これを機に感謝や謝罪、愛情の言葉を伝えるようにしてみませんか。

いくつになってもスキンシップを忘れない

外で手をつないで仲よく歩いている夫婦を見ると、少し照れくさく感じても素敵だと思いますよね。若い夫婦だけでなく、年配の夫婦でもよく手をつないで歩いていますよね。

この手をつなぐというスキンシップには、リラックスしたり信頼関係や愛情を深めたりする効果があります。それは、スキンシップによってオキシトシンという愛情ホルモンが出てくるから、といわれていますよ。

仲よしの夫婦は、このスキンシップを普段から忘れないようにしていますね。ママはパパに寄り添ってみたり、パパはママの肩や足をもんであげたりして、触れ合う機会を自然に増やしているようです。

スキンシップを普段から当たり前のようにすると、自然に愛情を確かめ合うことができるでしょう。

パパママではなく呼ぶときはお互いの名前で

付き合っているときや、結婚当初は当たり前のように呼び合っていた名前も、子どもが生まれると「パパママに変えてしまった!」なんて夫婦が多いのではないでしょうか。そんな中、お互いを名前で呼び合っている夫婦を見ると、なんだか昔を思い出しますね。

しかし、これも仲よし夫婦でいるコツなようです。仲よし夫婦は2人のときだけでなく、子どもの前でも名前で呼び合っています。友人に聞いてみると、結婚するときから子どもができても名前で呼び合おうと決めていたそうです。

これならすぐに実践できそうですよね。子どもの前で恥ずかしいのであれば、2人きりのときは名前で呼び合おうなどとパパと相談してみましょう。

このように2人で考えることも、仲よし夫婦への一歩ですよ。

いつまでも仲よし夫婦でいるためのコツ

忙しくても夫婦2人で過ごす時間を作ろう

パパが、ママと子どもが寝た後に帰ってくるのが当然になっている家庭もあるのではないでしょうか。そうすると、パパとゆっくり話せる時間は休日くらいしかなくなってしまいますよね。

いつまでも仲よし夫婦でいるためには、2人の時間を作って会話をするようにしましょう。パパは仕事が忙しくても、いつもママや子どものことを気にかけているものです。ちょっとした日常の出来ごとを聞いてもらったり、パパの仕事の話を聞いてあげたりすると、パパも喜ぶのではないでしょうか。

また、夫婦2人で過ごすにはデートもおすすめです。おしゃれをする楽しみも増えますし、気分転換にもなりますね。ぜひ、この機会にデートの計画を立ててみませんか。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC