就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児はうつ伏せにしてよいの?危険性と安全な練習法を知ろう

新生児はうつ伏せにしてよいの?危険性と安全な練習法を知ろう

うつ伏せ抱っこで寝かしつけるときの注意点

赤ちゃんの顔は呼吸できるように横に向ける

うつ伏せ抱っこで寝かしつけるとき、注意すべきことがあります。まず一つめは、赤ちゃんの顔は呼吸できるように横に向けることです。とくに、ラッコ抱きをするときは注意してくださいね。

ラッコ抱きとは、先ほどもお話しましたが、寝ているお母さんのお腹の上で、うつ伏せ状態の赤ちゃんを抱くことです。ママの心臓の音が赤ちゃんに聞こえるので、安心してよく眠りやすいというメリットがあります。

ただし、新生児期の赤ちゃんはまだ首がすわっていません。うまく首を持ち上げたりできないので、ママの胸や体に顔が埋もれて苦しい状態になることがあります。ラッコ抱きのときは必ず、赤ちゃんの顔の状態を確認して、ママはそのまま寝てしまわないよう注意してくださいね。

抱っこしている人は赤ちゃんと一緒に寝ない

うつ伏せ寝による事故を防ぐために、「抱っこしている人は赤ちゃんと一緒に寝ない」ということを守るようにしましょう。

先ほど説明したように、赤ちゃんをラッコ抱きにしてママも一緒に寝てしまうと、寝ている間に赤ちゃんの鼻や口をふさぐ可能性があり危険です。抱っこしているママは、赤ちゃんと一緒に寝ないように気をつけないと、重大な事故になりかねません。

赤ちゃんは温かいですし、日ごろから疲れているママはついウトウトしてしまうこともあるでしょう。しかし、そこは寝てしまわないようにしっかり意識してください。赤ちゃんが苦しくなっていないか、目を離さないようにして気を付けて、赤ちゃんのぬくもりを感じながら抱っこしてくださいね。

赤ちゃんが寝たら布団へ運び仰向けに寝かす

ラッコ抱きやうつ伏せ抱っこで赤ちゃんが寝たら、布団へ運んで仰向けに寝かせましょう。そうすれば、乳幼児突然死症候群を防ぐことができます。

明確な医学的な証明があるわけではありませんが、うつ伏せ寝の状態だと乳幼児突然死症候の発生率が高いことを示す調査結果も出ています。

医学的な理由などでうつ伏せ寝をしたほうがよい場合などを除いては、赤ちゃんの顔が上向きになるように、仰向けに寝かせたほうが、睡眠中の窒息事故を防げるので安全性が高いです。

布団に運ぶときには、起きないように、できるだけ優しく、そっと寝かせてあげてくだいね。頭から静かに下ろしたり、おくるみなどで包んであげていると、赤ちゃんが起きにくいですよ。

新生児のうつ伏せ写真を撮りたい場合

ニューボーンフォトは自然なポーズで残そう

新生児のうつ伏せ写真を撮りたいときのポイントを紹介します。

まずは、ニューボーンフォトについてです。ニューボーンフォトとは「新生児写真」のことで、生まれたばかりの、赤ちゃん特有の雰囲気を写真に残すことができます。

プロのカメラマンにお願いするのが一般的ですが、自宅で自分で取りたいというママもいると思います。その際のポイントは、無理にポーズをさせないということです。

ニューボーンフォトでは、うつ伏せやミノムシのポーズが人気です。しかしこれは、プロが後から合成しているケースがほとんどで、それを自宅で再現しようとすると無理が生じます。

無理にポーズを取らせようとすると、ケガや事故に繋がる可能性もあるので、なるべく自然なポーズで撮ってあげてくださいね。

写真を撮るときはフラッシュをたかない

生まれて間もない赤ちゃんの「フラッシュ撮影」には注意が必要です。一般的には、小さな赤ちゃんの目に多く光を当てるのは、避けるべきだと考えられています。写真を撮るときはフラッシュをたかない方が安全です。

写真撮影時のストロボの光は、数百分の1〜数万分の1秒という短い時間ですが、光は強く、赤ちゃんの目には負担がかかります。赤ちゃんに対するフラッシュ撮影がどうしても必要な場合は、連写はせず1〜2枚で止めておくようにしましょう。

とはいうものの…赤ちゃんの網膜は未発達で敏感ですし、残像が残ることもあるようです。至近距離での撮影や連写は避けるなど十分に注意する、できれば自然光で撮るなど、赤ちゃんに負担のかからない撮影を心がけましょう。

プロのカメラマンにお願いをする

赤ちゃんの撮影をするときは、注意が必要だということがお分かりいただけたと思います。不安だったり自信がなかったりする場合は、プロのカメラマンさんに依頼するのがよいでしょう。カメラや撮影に関して専門知識があるので、安心ですよね。

逆にいえば、知識の不十分な素人が気軽に撮影をすることで、赤ちゃんに負担をかけてしまったり、思わぬケガや事故につながってしまうかもしれません。

最近は自宅などに出張して撮影してくれるサービスもあります。プロに頼めば、赤ちゃんの様子や体調に配慮して撮影してもらえますよ。不安を抱えてママが撮影するよりも、安全で楽ですよね。満足のいく写真を残すために、プロの助けを借りることも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

赤ちゃんのうつ伏せ、うつ伏せ寝に関して、注意点や対策などを紹介してきました。

もし、どうしても赤ちゃんがうつ伏せでないと寝ないときは、対策グッズを使うことをおすすめします。ママがまったく目を離さずに注視するのは不可能だからです。

そして、うつ伏せ寝のリスクをしっかりと理解して、できる限りリスクを取り除くことも大切です。

また、横向きで寝かせたり、少しづつ仰向けに慣れさせていったりすることもやってみるのもよいでしょう。色々試してみて、ママも楽ができて赤ちゃんにも合う方法をみつけてくださいね。
70 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版