就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもにピッタリな冬用パジャマとは?素材やデザイン、着せ方の紹介

子どもにピッタリな冬用パジャマとは?素材やデザイン、着せ方の紹介

寒い季節、朝お布団から出るのがとてもつらいというママや子どもたちも多いのではないでしょうか。寒くて何度も夜中に目覚めてしまったり、厚着しすぎて子どもが汗だくになってしまっていたり大変ですよね…。今回は、夜ぐっすり眠ってすっきり目覚められるように、寝るときの服装についてご紹介したいと思います。

冬用パジャマはどのようなものがよいの?

着心地や肌触りのよいものを選ぼう

子どもが夜ぐっすり眠るために、お昼にたくさん遊んで体を動かしたり、寝る前の時間はなるべくリラックスして過ごしたり、生活のリズムを整えることはとても大切ですよね。それにプラスして、寝心地のよいパジャマをぜひ準備してあげてください。

寝るだけなので、あまり外に着ていかなくなった洋服をパジャマ代わりにしているという場合もあるかもしれませんが、パジャマには寝るために最適な機能が備えられているのでおすすめですよ。

少しゆったりめで体への締めつけがなく、着心地のよいサイズのものを選ぶようにしましょう。冬用パジャマには、フリースやキルトなどいろいろな種類の生地のものがありますが、柔らかくて肌触りがよいものにすると気持ちよく眠れますよ。

お肌にも優しい「綿素材」がピッタリ

いくら肌触りがよくても、化学繊維の素材は子どもの肌への負担が少し気になるというママもいるかもしれません。確かに子どもの肌は大人より弱くて、産まれたばかりの赤ちゃんだとよりデリケートです。

そんな子どもの肌にもとても優しいのが「綿素材」のパジャマです。綿と聞くと少し涼しそうなイメージがあるかもしれませんが、綿は保温性にも優れているので冬用パジャマにもピッタリなのです。綿素材の中でも厚手のものを選ぶとより暖かいですよ。

綿のもう一つの特徴は吸水性がよいことです。子どもは大人よりも体温が高くとても暑がりで、冬でも寝ている間に汗をかくことがありますよね。綿素材は汗をすぐに吸収するので、体が冷えて風邪をひくことや、あせもなどの肌トラブルをふせいでくれますよ。

子どものサイズに合ったパジャマ選びを

先ほども触れましたが、パジャマはリラックスできるように、ゆったりめの大きさのものを選ぶようにしましょう。特に手首や足首、ウエスト部分のゴムなどによる締めつけが強すぎるときは、ゴムを取りかえるなどして、きつくないように調節するとよいですよ。

ただし、メーカーによってはパジャマははじめから大きめに作られている場合もありますので、ネットショップで購入するときなど、実際のサイズを確認できない場合には注意してください。

大きすぎるパジャマは、袖が長くて汚しやすかったり、裾を踏んで転んでしまったりしてとても危ないです。もしも準備したパジャマが大きすぎてしまったら、袖や裾をまくった状態で縫い留めるなどするとずり落ちてくる心配もありませんよ。

冬場のパジャマの着方で気を付けたいこと

肌着とパジャマの組み合わせが基本

子どもの寝るときの服装は、夏でも冬でも肌着とパジャマの組み合わせが基本になります。

肌着を着ることは、肌が弱くて汗かきの子どもにはとても大切です。子どもの皮膚は大人の半分の薄さしかなく、子どもは小さい体で大人の倍の汗をかくといわれているのです。

赤ちゃん用の肌着は特に、少しでも肌を傷つけないように縫い目やタグが外側についているなど、裏地が肌に直接触れても心地よいように作られています。パジャマや洋服のタグなどが直接肌に当たると、かゆがったり肌荒れの原因になったりするので肌着を着せて柔らかい子どもの肌を守ってあげてくださいね。

パジャマの生地や気温に合わせて、肌着を長袖にするか半袖にするか調節するとよいですよ。

腹巻付きなどでお腹が冷えない工夫を

子どもの寝相では、寝ている間にパジャマがまくれてお腹が出てしまうこともよくありますよね。

幼い子どもほど、まくれてしまったパジャマを自分で戻すことはできませんし、ママも夜中に毎回気づいてあげられるわけではありません。でもそんな悩みを解決してくれるパジャマがあるんですよ!

一つ目は、昔からお腹を冷やさないように使われているアイテム『腹巻』がズボンにくっついているパジャマです。肌着とパジャマのトップスをしっかり包み込んでくれます。

二つ目は、パジャマのズボンをトップスの腰あたりについているボタンでつなぎ合わせるタイプです。どんなに寝相が悪くても外れません。

また、肌着をロンパース型にするのもお腹の冷え対策にはおすすめですよ。

着込みすぎずスリーパーで調節しよう

冬の夜は寒さ対策ばかりに気をとられてしまいますが、実は子どもには暑さ対策も必要になってきます。大人の体感に合わせてパジャマや布団で温めすぎてしまうと、冬でも熱中症になることがあるんですよ。

大人はパジャマや肌着を着こんで、毛布に羽毛布団をかけてそれでも寒いかも?と思っているのに、隣を見ると子どもは布団を蹴とばしてパジャマだけで寝てしまっていることってありますよね。

子どもは体温が高く、パジャマや布団によって暑くなってしまうと布団を蹴ってしまいます。それでも布団を蹴ったまま何もかけずに寝てしまうと風邪をひいてしまうので、パジャマの上にスリーパーを着せて調節するとよいでしょう。

スリーパーは布団の代わりとしても使えるのでとても便利です。

人気のパジャマとスリーパーをご紹介

ユニークな柄で男の子に人気のあるパジャマ

お家の中でしか着ないパジャマでも、おしゃれでかわいいものを着せてあげたいですよね。イヤイヤ期の男の子でも、お気に入りのかっこいいパジャマなら喜んで着がえてくれるはずです。機能性も考慮しつつ、男の子に人気のあるパジャマをご紹介します。

◆Babyfashion
綿100%で肌に優しく、ユニークなデザインがかわいいです。男の子が大好きな恐竜や乗り物の柄もありますよ。

◆Ampersand
生地や形の種類が豊富です。おしゃれなデザインがママたちにも人気ですよ。サイズも80から140まで幅広くあります。

◆UNIQLO
定番ですがデザインも豊富でパパとお揃いのものもありますよ。上下をつなぎ合わせるボタンがついているのも嬉しいです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC