就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを抱っこしながら産後ダイエット!?楽しみながらできる方法

赤ちゃんを抱っこしながら産後ダイエット!?楽しみながらできる方法

「産後太り」に悩むママ、または妊娠中に体重がかなり増えてしまって戻らないママ、意外と多いと思います。産後のママの体はとてもデリケート。過度なダイエットは危険です。とはいえ、やっぱり元の体型には戻りたいですよね。赤ちゃんを抱っこしながら、楽しくダイエットできる方法を紹介していきます。

産後ダイエットはしたほうがいい!?

ダイエットはいつから始めていいの

妊娠・出産の前と後で、体形がガラリと変わってしまったというママ、さっそく産後ダイエットを始めたいと思っていませんか?しかし産後すぐにダイエットをするのは危険です。まずは出産で受けたダメージを回復させることに専念しましょう。

ダイエットを始めるなら、産後1カ月ごろからがよいでしょう。帝王切開で出産したママは産後2カ月くらいたってからがよいですね。1カ月健診で、ママの体に問題ないことがわかってからの方が安心です。

産後ダイエットは、産後1カ月から6カ月頃までが一番効果的といわれています。妊娠で体についた脂肪は「流動性脂肪」と呼ばれ、燃焼しやすい脂肪です。しかし6カ月を過ぎると、通常の脂肪になってしまうので、この時期にダイエットをしておくとよいでしょう。

母乳で痩せる人と痩せない人の違いは

産後ダイエットで最も効果的なのは「母乳育児」です。赤ちゃんの月齢によって飲む量も変わってきますが、母乳を作り出すのに必要なカロリーは1日に約500キロカロリーといわれています。

完全母乳で育児をしているママは、特別にダイエットを意識していなくても自然と痩せていった、ということが多いようです。しかし、中には母乳育児でも痩せなかった、というママもいます。

買ってきたお惣菜や菓子パンなど、塩分や糖分が多く、高カロリーなものばかり食べていると、母乳ではなくママの脂肪となって蓄積されてしまいます。授乳中は薄味な和食中心の食事を心がけたいですね。また、過度に食事制限をすると、母乳の分泌が減って、逆に太ってしまうこともあるようです。

痩せるコツは骨盤に!?

妊娠・出産によってママの骨盤はゆるみ、大きく開いたままの状態になっています。これは経膣分娩のママだけでなく、帝王切開で出産したママも同じ。妊娠中のホルモン分泌によって骨盤はゆるんでいるのです。

骨盤が開いたままの状態だと、血流やリンパの流れがわるくなったり、内臓が正しい位置になかったりします。このことが原因で基礎代謝が低くなり、血流が悪くなり老廃物がたまって結果太りやすい体質になってしまいます。

また、骨盤がゆがんだままになると、お腹がポッコリ出ていたり、クビレがなくなったりして、体重は落ちても見た目で太って見えることがあります。産後ダイエットを成功させるには、骨盤を元の状態に戻すことが不可欠です。

家でできる産後ダイエット

抱っこしたまま下半身を鍛える

産後は赤ちゃんとの慣れない生活もあって、外出するのは難しい時期です。そこで、赤ちゃんを抱っこしたまま家で簡単にできるダイエット法を紹介していきます。

【かかとの上げ下げ】
かかとをあげた状態を5秒キープ。ゆっくりとしたペースで行います。バランスを崩して転倒すると危ないので、壁などに手を添えておくと安心です。気軽にできて、冷え性改善・脂肪燃焼・ヒップアップなどが期待できます。

【スクワット】
脚を肩幅に開き、軽く膝を曲げて5秒キープ。赤ちゃんの重みが負荷になり、下半身の引き締めと脂肪燃焼が期待できます。

【ウエストひねり】
脚を肩幅に開き、腰から上をゆっくりと左右に振ります。ウエスト引き締めだけでなく、骨盤のゆがみを解消する効果も期待できます。

抱っこの仕方で二の腕が痩せる

産後の運動不足や血行不良、リンパの流れがわるくなることなどが原因で、二の腕が太くなってしまったというママは多いようです。一度ついてしまった二の腕の「ふりそでお肉」はなかなか落とすことができません。早めに対処したいですね。

二の腕の筋肉は、赤ちゃんを抱っこする際必ず使う部位です。抱っこの仕方を工夫すれば、日々の育児の中にエクササイズを取り入れることができます。

いわゆる「ふりそで」といわれるお肉は「上腕三頭筋」という部位。ここを鍛えるには、抱っこする際の手を赤ちゃんと反対側に向けることです。つまり、赤ちゃん側に手の甲が向くようにすればよいのですが、安定感がなくなるので、おしりは手のひらでしっかり支えて、頭や首側の手だけ甲で支えてくださいね。

究極の抱っこエクササイズは家事

産後は慣れない家事育児でいっぱいいっぱいになってしまい、ついエクササイズを忘れてしまいがちです。しかし、究極の「ながらダイエット」とは、実は「抱っこ(またはおんぶ)しながら家事」することなのです。

特別な動きは必要なく、赤ちゃんを抱っこひもで抱っこ、もしくはおんぶしたまま普段通りの家事をすればよいだけ。掃除、洗濯、炊事をすれば、赤ちゃんの重みが負荷になって、かなりカロリー消費できるでしょう。ママと密着できて、赤ちゃんも喜びますね。

ただし、腰痛があるママは注意が必要です。抱っこひもで長時間抱っこしていると、かなり腰や肩に負担がかかります。ぎっくり腰になってしまうと、まったく動けなくなってしまうので、体と相談しながら試してみてくださいね。

抱っこダイエットで気を付けること

ダイエットよりも赤ちゃん優先

「こんなに太ったことはない!」「思うようにダイエットできない!」という焦りから、無理をしてまでダイエットすることは避けたいですね。特に、赤ちゃんの体調やご機嫌などを最優先に考えることが大切です。

先ほど紹介したようなスクワットやウエストひねり運動などは、赤ちゃんがミルクを飲んだ直後にしてしまうと、吐き戻しの原因になったり、消化しにくくなったりする恐れがあります。

抱っこダイエットは、文字通り赤ちゃんを抱っこしながらエクササイズする方法なので、必ず赤ちゃんの様子を確認してから行いましょう。動きに夢中になりすぎず、ときどき赤ちゃんの顔を見て、話しかけたり笑いかけたりしながらやってみてもよいかもしれませんね。

揺さぶられ症候群に注意

抱っこダイエットをする際に気を付けたいのは「揺さぶられ症候群」です。正式には「乳幼児揺さぶられ症候群」といい、強い揺れによって脳にダメージを与え、言語障害や学習障害を引き起こす可能性があります。

首が座る前の赤ちゃんは特に注意が必要ですが、生後6カ月くらいまでは首が座っていても注意が必要です。2歳未満の子どもを抱っこする場合は、激しく揺すらないように心がけましょう。

抱っこダイエットで赤ちゃんが揺れるようなときは、手で頭や首を支えるなどして、できるだけ赤ちゃんの頭に衝撃が伝わらないようにしてください。エクササイズは、ゆっくりとしたスピードで行うと、ママにとっても赤ちゃんにとっても安全ですよ。

無理せずに行うことが大切

いざダイエットを始めようと思うと、つい力が入って頑張りすぎてしまいがちですね。最初に頑張りすぎると、意外と後が続かなくて「3日坊主」なんていうこともあるでしょう。産後ダイエットに必要なのは「継続」です。

毎日のコツコツとした運動が、徐々に痩せやすい体質へとつながります。頑張りすぎて体調を崩してしまっては本末転倒なので、無理しすぎないように注意してくださいね。

抱っこダイエットは特別に時間を設けてやるというよりは、日々の家事や育児の中に取り入れながらするものです。ママと赤ちゃんの生活の一部としてエクササイズができるとよいですね。自分に合ったやり方が見つかるように、いろいろ試してみてくださいね。

まとめ

抱っこダイエットは「痩せられる」というだけでなく、運動によってママの心のリフレッシュにもなりますし、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間にもなります。とてもメリットの多いダイエット方法ですね。

ここで紹介した以外にも、抱っこしながら気軽にできるエクササイズはたくさんあると思います。たとえば抱っこしながらのウォーキングもいいですね。大切なのは、ママと赤ちゃんが楽しく過ごせるということです。楽しみながらダイエットもできたら一石二鳥ですね。ダイエットの成功を祈っています!

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018