就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

海が赤ちゃんにもたらす効果とは?デビューできる時期と持ち物を紹介

海が赤ちゃんにもたらす効果とは?デビューできる時期と持ち物を紹介

夏といえば、海。ということで、この夏は赤ちゃんを海デビューさせたいと思っているママもいることでしょう。そこで今回は、赤ちゃんを海に連れて行くことによって期待できる効果や行く前にチェックしたいこと、おすすめの持ち物などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

海は赤ちゃんの成長を促す!期待できる効果

五感が刺激されていろいろな感覚が身につく

「赤ちゃんを海に連れて行ってもまだ泳げないし、赤ちゃんは楽しめないかも?」と考えてしまいますよね。しかし、赤ちゃんを海に連れて行くと、五感が刺激されていろいろな感覚が身につきますよ。

砂浜の砂を手で触って、その感触を赤ちゃんと楽しんでみましょう。ママがつかんだ砂をさらさらと赤ちゃんの足や手に落としてみると、面白がってくれますよ。

貝や海藻も触らせてみましょう。貝のざらざらと硬い感触や海藻のぬるっとした感触は砂のそれとは手触りが違うので、赤ちゃんの好奇心をかき立てることでしょう。

さらに波の音はママの胎内にいたときの音に似ているので、赤ちゃんもリラックスできますよ。赤ちゃんに様々な刺激を与えると、心身の発達によい影響を与えてくれます。

冷たい海水が体の抵抗力や免疫力を高める

赤ちゃんを海水につけても大丈夫なのか心配するママもいるかもしれません。暑い夏、外気温は高いものの、海の中は少しひんやりとしていて気持ちがよいですよね。

赤ちゃんを浅瀬で遊ばせながら海水に足を浸けてみたり、ママが抱っこして少し下半身を海水に浸からせてみましょう。最初はびっくりして泣いてしまうかもしれないので、少しずつ慣らすようにしてくださいね。

外気温よりも少し冷たい海水に浸かったり、出たりを繰り返すことによって体内の免疫システムが刺激され、体の抵抗力や病気への免疫力を高めるといわれています。赤ちゃんの様子をみながら試してみてくださいね。

赤ちゃんが風邪気味、もしくは疲れている様子をみせたら、無理せず日陰でゆっくりと休ませましょう。

アトピーの症状軽減が期待できる

赤ちゃんのアトピーに悩んでいるママもいるかもしれません。アトピーは人それぞれ原因が違うといわれていますが、中には海水浴をすることによってアトピーの症状が軽減した子もいます。

海水は人の体液と似た成分でできており、海水に多く含まれるミネラル成分の一つのマグネシウムには肌の保湿効果があります。マグネシウムには、血液の循環をよくさせ、花粉症などにも効果的だといわれているので、ママにも嬉しいですね。

肌の表面には黄色ブドウ球菌があり、これが増殖して毒素を出すと人はかゆみを感じるといわれています。海水には、この黄色ブドウ球菌を殺菌する効果があるので、肌の消毒効果が期待できますよ。

海水浴のときは、赤ちゃんの肌の様子をチェックしながら楽しんでくださいね。

海デビュー時期と行く前のチェックポイント

目安は「おすわり」ができてから

赤ちゃんがいくつになったら海に行ってもよいのか、調べているママもいるかもしれません。目安としては、「おすわり」ができるようになる6~9カ月からがよいでしょう。

まだ「おすわり」ができないうちに海に行くと、ビーチテントの中で寝そべったりママに抱っこされて顔が常に空を見ている状態になりがちです。そうなると、海辺は太陽の光も強く、赤ちゃんの目には刺激が強すぎるのであまりおすすめできません。

さらに海辺で横たわっていると、砂が目に入ることもあります。座れるようになるまでは、海は控えるようにしたいですね。

座れるようになると、浅瀬に座って打ち寄せる波に触れたり、両手で砂をつかんで遊んだりなど、いろいろなことを楽しめるようになります。

行く前にまずリスクを知っておこう

赤ちゃんと一緒に海に行く前に、まず海には赤ちゃんにとってどんなリスクがあるのかをママとパパが認識しておく必要があります。ここでいくつかリストアップするので参考にしてみてくださいね。

・たばこの吸い殻
海辺にはたばこの吸い殻が落ちていることがあります。赤ちゃんが間違って口に入れないよう、注意しましょう。

・とがった貝殻
割れた貝などに触れると、切り傷ができてしまうことも。赤ちゃんがなにを触っているのか、常に気をつけておきたいですね。

・砂
赤ちゃんがうっかり口に入れてしまわないようにしましょう。

・危険な海の生き物
クラゲやナマズの一種であるゴンズイなど、海には危険な生き物もたくさんいます。触らないようにしたいですね。

行く前に体調と時間を確認しよう

海に行く前に赤ちゃんの体調と行く時間を確認するようにしましょう。当日、赤ちゃんの体温を測り、平熱かどうかチェックすると安心です。もし、風邪気味だったり、疲れている様子をみせたりする場合は、ほかの日に延期することも検討しましょう。赤ちゃんの体調が一番大切です。

当日は、太陽が一番高く暑い時間帯の朝11時から14時ぐらいは避けるようにし、できるだけ朝か午後遅い時間に遊びに行くようにしましょう。砂からの照り返し熱も強いので、ベビーカーに乗せたままでいると熱中症になってしまう危険性もあるので注意したいですね。

砂浜の砂も熱くなっているので、赤ちゃんがやけどをしないように気をつけてください。赤ちゃんの様子をこまめにチェックしながら遊ばせるようにしましょう。

赤ちゃんと海へ!持ち物を確認しよう

赤ちゃんの肌を守る紫外線対策グッズ

海辺は日陰も少なく、太陽の光がきつく赤ちゃんの肌への影響も気になります。赤ちゃんの肌を守る紫外線グッズは忘れないようにしてくださいね。

赤ちゃんにもラッシュガードを用意しましょう。前開きジップタイプのラッシュガードなら、脱ぎ着もさせやすいのでおすすめです。ラッシュガードで隠れない肌の部分には、しっかりと日焼け止めクリームを塗ってあげましょう。

敏感肌にも優しい、紫外線吸収剤を含まないものがよいでしょう。ウォータープルーフタイプなら、塗りなおす頻度も少なくて済みますね。

首の後ろを隠すフラップがついた帽子も赤ちゃんにかぶせるようにしたいですね。太陽の光がまぶしすぎることもあるので、赤ちゃん用のバンドつきサングラスを用意してもよいでしょう。

暑さにも要注意、熱中症対策グッズ

海辺では紫外線だけでなく、暑さにも要注意です。熱中症対策も忘れずにするようにしましょう。
赤ちゃんは気持ちわるくなったり、喉が渇いたりしても言葉でママやパパに伝えることができないので、ママがこまめに赤ちゃんの水分補給に注意する必要があります。

ミルクや水、赤ちゃん用の麦茶など用意しておきましょう。暑いからといって氷の入ったものを飲ませてしまうと、赤ちゃんの胃腸には刺激が強すぎて具合がわるくなることがあります。

飲み物は常温より少し冷たい程度のものにしてあげたいですね。赤ちゃんの体が熱くなったら冷やせるように、保冷剤をクーラーボックスに入れて持参しましょう。よく冷えた保冷剤をタオルに包み、背中などを冷やしてあげるとよいですね。

ビニールプールや砂遊びセットが便利

海によっては、波が激しく浅瀬で赤ちゃんを遊ばせるのも危険に感じるかもしれません。特に大波が来ると、赤ちゃんが波にのまれてしまう危険性もあります。さらに海水浴客でにぎわっていると、人混みの中、赤ちゃんと一緒に海に入るのも大変です。

そんなときは小さなビニールプールを持参すると便利ですよ。ビニールプールに海水を入れ、水遊びを楽しんだら砂浜で砂遊びが楽しめます。ビニールプールなら、囲まれているのでママも安心して見守ることができますよ。

砂遊びを楽しむためには、砂遊びセットも欠かせません。いつも公園で使っている砂遊びセットで十分なので、忘れずに持参したいですね。海水で湿らせた砂で子どもと一緒にお城を作ったり、池を作ったりして楽しみましょう。

まとめ

今回は、海が赤ちゃんに与える効果や行く前にチェックしたいこと、おすすめの持ち物などについてお話ししましたが、いかがでしたか?海に遊びに行くと、赤ちゃんの五感や好奇心も刺激され、その成長によい影響を与えることでしょう。

熱中症や日焼けなどへの対策をしっかりとして、海辺ではくれぐれも赤ちゃんから目を離さないように気をつけてくださいね。ケガや事故にも注意し、家族で夏の海を満喫しましょう。普段、育児と家事を頑張っているママにもよい気分転換になりますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018