就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋に室内で過ごす赤ちゃん服の選び方。アイテムや月齢別コーデを紹介

秋に室内で過ごす赤ちゃん服の選び方。アイテムや月齢別コーデを紹介

暖かい日、寒い日で臨機応変に対応しよう

赤ちゃんが快適に過ごせる温度や湿度はわかりましたが、気温差が大きい秋は、こまめにそれらを調節するのはママにとって重労働ですよね。しかも赤ちゃんは大人ほど体温調節が上手ではないため、状況に応じてその都度赤ちゃんの体温調節機能を補ってあげなければなりません。

そのため、空調だけではなく、服や小物でこまめに体温を調節してあげるようにしましょう。

赤ちゃんは言葉を発することができませんが、寒がっているときや暑がっているときのサインがあります。寒いときは唇が青ざめていたり、手足の血色が悪かったりしますし、暑いときは汗をかいていたり顔が赤く火照っていたりしますので、こまめに赤ちゃんの様子を確認するようにしましょう。

寒い日でも赤ちゃんに厚着はやめよう

寒い日はついつい厚着をさせたくなってしまいますよね。しかし、空調の効いた部屋では、赤ちゃんに厚着をさせる必要はありません。

そもそも、赤ちゃんの体温は大人よりも高く、体温調節が苦手なため、周りの温度が高くなるとすぐに体温が上がってしまいます。大人よりも汗をたくさんかきますが、体温を下げる機能は大人よりも上手ではありません。

そのため、手足が冷たい場合でも、赤ちゃんの背中を肌着の上から触ってみて、温もりがあればそれ以上服を重ねる必要はありません。むしろ少し汗をかいているようであれば、服を1枚脱がせてあげましょう。また、靴下は体温調節の妨げになってしまうため、室内で履かせる必要はありませんよ。

まとめ

いかがでしたか?秋は赤ちゃんにどんな服を選んだらよいかわからなかった方も、コーデや体温調節の方法がわかり、安心していただけたのではないでしょうか。

初めは苦戦することもあると思いますが、だんだんと赤ちゃんが寒がっているか、暑がっているか、わかるようになってきますので、焦る必要はありませんよ。

こちらでご紹介した内容を参考に、赤ちゃんが快適に過ごせるよう、空調や服の脱ぎ着などによって、赤ちゃんの体温調節のお手伝いをしてあげてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND