就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋に室内で過ごす赤ちゃん服の選び方。アイテムや月齢別コーデを紹介

秋に室内で過ごす赤ちゃん服の選び方。アイテムや月齢別コーデを紹介

秋は気温差が大きく、大人でも服選びに悩んでしまいますが、赤ちゃんの服選びともなればなおさらですよね。そんなママに知ってほしい、秋の赤ちゃん服の選び方や月齢別コーデ、室内で過ごすときの注意点などをわかりやすくご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【秋】赤ちゃんの服、アイテムの選び方

赤ちゃんの秋服におすすめの素材

季節を問わず、赤ちゃんの服の素材は綿100%が基本となります。綿素材の服は、肌触りがやさしく、吸湿性や通気性にすぐれているため、赤ちゃんの肌にあまり負担がかかりません。

また、赤ちゃんの服は頻繁に洗濯しなければなりませんが、洗濯にも強いというメリットもあります。そのため、特に直接肌に触れる肌着は綿素材がおすすめです。

また、秋は少し肌寒くなるため、あたたかい綿素材がおすすめです。例えば、少し厚手でなめらかな肌触りのスムースや、キルティング加工をしたニット生地であるニットキルト、薄手のニット素材を重ね合わせた接結天竺などは、どれも保温性や通気性に優れているため、気温が安定しない秋にぴったりの素材です。

基本の赤ちゃん服の選び方

肌寒くなってくると、つい厚着をさせてしまいがちですよね。しかし、赤ちゃんは汗をかきやすいため、大人よりも少し薄着くらいがちょうどよいといわれています。

特に、暖かい部屋の中にいるときや寝るときなどは、汗をかきやすくなっています。そんなときに厚着をさせてしまうと汗が冷えてしまい、風邪をひいてしまうことさえあります。

そのため、秋は都度体温調節ができるよう、重ね着がおすすめです。汗をかいたら1枚脱ぎ、外に出るときは1枚重ねるなど、服の枚数で調節してあげましょう。

秋は肌着1枚+ウェア1枚が基本ですが、肌寒いときは肌着を2枚重ねたり、厚手のウェアに変えたり、ベストを着せたりすることで調節してみてくださいね。

秋にあると便利な防寒アイテム

赤ちゃんの秋服は、防寒アイテムがあるとさらに便利です。

まずおすすめしたいアイテムが「ベスト」です。軽くて脱ぎ着させやすく体を温めてくれるため、1枚は持っておきたいアイテムです。また、外出時には「長袖カーディガン」がおすすめです。ベストと比べて袖があるため、さらに暖かいのでおすすめですよ。

続いておすすめしたいアイテムが「レッグウォーマー」です。レッグウォーマーは赤ちゃんが寝ている状態でも脱ぎ着させやすく、ハイハイをする赤ちゃんの膝を守る役割もある、便利な防寒アイテムです。

最後におすすめしたいアイテムが「スリーパー」です。寝返りをしたり、足を動かしたりしてもお腹を冷やす心配がないため、寝るときの必需品ともいえますよ。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

【秋】赤ちゃんが室内で過ごすときの服装

0カ月~6カ月の秋服コーデ

0カ月~6カ月の赤ちゃんの場合、肌着1枚(新生児の場合は2枚)+ウェアが基本のコーデになります。

【新生児(0カ月~1カ月)のコーデ例】
・短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール
・短肌着+長肌着+前開きボディオール
※少し肌寒いときはベストやレッグウォーマーをつけて防寒してあげましょう。

【1カ月~6カ月のコーデ例】
・ボディスーツ+カバーオール
・ボディスーツ+長袖トップス+オーバーオール
※少し肌寒いときはベストやカーディガンなど薄手の羽織ものを着せて防寒してあげましょう。

徐々に体の動きが大きくなってきますが、セパレートタイプの服を着せる場合は、お腹を冷やさないようつなぎタイプの肌着を選ぶようにしましょう。

7カ月~12カ月の秋服コーデ

7カ月~12カ月の赤ちゃんの場合、肌着+トップス+ボトムスが基本のコーデになります。

【7カ月~12カ月のコーデ例】
・ボディスーツ+長袖トップス+オーバーオール
・ボディスーツ+長袖トップス+ズボン
※少し肌寒いときはベストやカーディガンなど薄手の羽織ものを着せて防寒してあげましょう。

7カ月を過ぎると、しっかりと首がすわっているため、頭から被るタイプの服に変わります。また、お座りやハイハイ、つかまり立ちをし始めるなど、かなり動きが活発になってきます。そのため、簡単に着替えやおむつ替えができるよう、セパレートタイプの服を選ぶとママの負担が減りますよ。

ただし、7カ月を過ぎてもやはり肌着はつなぎタイプがおすすめです。

1歳以降の秋服コーデ

1歳以降も、肌着+トップス+ボトムスが基本のコーデになります。

【1歳以降のコーデ例】
・ボディスーツ+長袖トップス+オーバーオール
・ボディスーツ+長袖トップス+ズボン
・タンクトップ+長袖トップス+ズボン
・半袖肌着+長袖トップス+オーバーオール
※少し肌寒いときはカーディガンやパーカーなど薄手の羽織ものを着せて防寒してあげましょう。

1歳を過ぎると、肌着がボディ肌着から上半身だけの肌着に変わっていきます。特に保育園に行き始めると、つなぎタイプの肌着が禁止されているところもあるようです。

また、上手に歩けるようになると、さらに動きが活発になり、室内でも汗をかきやすくなります。そのため、厚着にならないよう注意しましょう。

【秋】赤ちゃんと室内で過ごすときの注意点

赤ちゃんが快適に過ごせる室温を知ろう

赤ちゃんが快適に過ごせる室温は、季節によって若干異なりますが、一般的に18℃~28℃といわれています。

秋は日中と夜の気温差が大きいですし、日によってもかなり気温差があります。そのため、赤ちゃんが過ごす部屋には室温計を置くようにして、こまめに室温を確認しながら、適温を保つようにしましょう。

また、温度ばかりに気を取られていると、いつの間にか室内が乾燥していることがあります。室内が乾燥するとウィルスや細菌に感染しやすくなるため、注意が必要です。

赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は40.0%~60.0%といわれています。エアコンを使用していると乾燥しやすいため、加湿器を使用したりエアコン以外の空調を使用したりして、調節してくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC