就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳の男の子が楽しめる遊び!マンネリから脱却する過ごし方

3歳の男の子が楽しめる遊び!マンネリから脱却する過ごし方

室内でも満足できる遊びのアイデア

やんちゃな男の子に最適!タオル遊び

天候によっては外で遊べない日もありますよね。ですが、やんちゃな男の子は外に出られない日が続くと、元気があり余ってしまいます。

そんなやんちゃな男の子に最適なのがタオル遊びです。タオルはどこの家庭にもあるアイテムで、使い方一つで色々な遊びを楽しむことができます。例えば、タオルを丸めて使えばボール遊び、引っ張り合って遊べば綱引きになります。ズボンにタオルを差し込んでしっぽ取りをするのもよいでしょう。

どんな遊び方ができるか親子で考えてみるのも楽しそうですね。室内でタオル遊びをする際には安全に配慮し、なるべく広いところで行うようにしてください。転倒したときのために背後にクッションを置いたり、布団を敷いたりしておくのもよいでしょう。

身近な素材を再利用して楽しむ工作

3歳の男の子は工作も大好きです。お菓子の空き箱やキッチンペーパーの芯、ダンボールなど身近な素材を再利用して、世界で一つだけの作品を作ってみましょう。

子どもは発明の名人でもあります。材料と道具を用意して、後は子どもに任せれば、自由な発想で様々なものを作ってくれます。もちろん目的を持って何かを作ってみるのもよいでしょう。

また、工作はハサミやのりを使うので、手先の発達を促すこともできますよ。手は第二の脳ともいわれているので、手をたくさん使う遊びは幼児期に積極的に取り組んでほしい遊びでもあります。ただし、3歳はまだハサミをうまく使いこなすことができないので、ママが持ち方や使い方を丁寧に伝えてくださいね。

ダイナミックなお絵描きでストレスも発散

外で遊べない日には全身を使ってお絵描きをするのもよいでしょう。全身でお絵描きをするときは汚れてもよい服装、場所で行うとよいです。大きな模造紙を用意して、のびのび絵を描くことを楽しんでくださいね。

水彩絵の具なら体が汚れてもお風呂で簡単に落とすことができます。部屋が汚れないか心配であれば、お風呂でお絵描きするのもよいかもしれません。

筆を使わず、手や足など全身を使って絵を描くと五感を刺激することができます。全身で絵の具の感触やにおいを感じ、表現する楽しさを味わってくださいね。

ダイナミックなお絵描きはストレス発散にもなります。ストレス発散効果は子どもだけでなく、ママにもありますよ。親子で気分転換してみてはいかがですか?

雨でも安心!子どもが喜ぶおすすめの遊び場

世界のおもちゃで遊べる「ボーネルンド」

雨の日でも思いっきり体を動かして遊びたいときの強い味方になるのが室内の遊びスポットです。まず紹介するのがボーネルンドが全国各地で展開する「キドキド」や「あそびのせかい」です。

ボーネルンドといえば、質の高い遊び道具や知育玩具で有名ですが、「キドキド」や「あそびのせかい」は、ボーネルンドが考える遊びのコンセプトが丸ごと提供された室内遊び場です。

ボーネルンドが提供する世界の遊び道具のほか、ボールプールやトランポリン、アスレチックなど、体を動かして遊べる大型遊具が充実しているのもポイントです。遊びながら心と体がたくさん刺激されるしかけがいっぱいです。

広いボールプールで有名な「こどもの湯」

東京近辺にお住まいの方には、東京スカイツリータウンの東京ソラマチ内にある「こどもの湯」もおすすめです。銭湯をイメージした施設内には、お湯ではなくボールプールが広がっています。

ここのボールプールは、史上最大級とのキャッチコピーのもと、なんと88,000個ものボールを使用しているのだそうです。室内の広い空間の中で子どもたちは思いきり遊ぶことができますよ。

ボールプールの真ん中には、島のようなトランポリンや滝のような滑り台もあり、体を動かして遊ぶ工夫が盛りだくさん。ボールの温泉の中で泳いだりもぐったり自由自在に遊べます。

雨や猛暑などで外で遊べず、体力が有り余っている子どもにぴったりの施設です。

好きな形が自由に作れる「レゴランド」

東京および大阪にある「レゴランド・ディスカバリー・センター」もおでかけ先としておすすめです。レゴブロックをテーマにしたさまざまなアトラクションのある室内遊び場です。

3歳の男の子にぴったりなのが、未就学児を対象にしたデュプロ・ブレッジ(東京)およびデュプロ・ファーム(大阪)。レゴブロックより大きいサイズのデュプロブロックや、それよりも大きなソフトブロックで自由に遊べるコーナーです。

おうちでブロックに親しんでいるお子さんでも、ブロックの数に限りがあるおうちでは、作りたいものが思うように作れないこともありますよね。ここではたくさんのパーツを使って作り放題です。大きな家やカッコイイ乗り物作りにチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

3歳の男の子と一緒に楽しめる遊びを紹介してきましたが、いかがでしたか?マンネリしがちないつもの公園でも、少しのアイデアやちょっと変わった視点があれば新鮮な気持ちで遊ぶことができますよね。この記事が新しい遊びの参考になれば幸いです。

3歳ごろの子どもにとって、パパやママと一緒に遊ぶことはなにより楽しいことです。公園や遊び場に出かけたら、ぜひパパやママも童心にかえって子どもと一緒に思いきり遊んでみてくださいね。
39 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版