就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の散歩時間や距離の目安とは!楽しみながら一緒に成長しよう

幼児期の散歩時間や距離の目安とは!楽しみながら一緒に成長しよう

子どもはお散歩が大好き!でも、どのくらいの時間お散歩をすればよいのか迷ってしまうことがありませんか。「今日は暑いし、お散歩するのはやめようかなあ」と考えてしまうママも。特に1人目の子どもの場合だと無理もありませんね。そんな子どもとのお散歩初心者のママに、楽しくお散歩するのに役立つ情報をお伝えします。

散歩をすると得られる効果や目安の距離

脳の活性化や体力アップに効果あり

赤ちゃんの足裏はまだ土踏まずがない偏平足です。子どもは歩くことによって土踏まずができてきて、徐々に体力がアップして成長していきます。

その点に関しては、人間は歩けなくなると体力が落ち衰えていくことからもわかりますね。また、歩くことは脳の活性化にもつながるといわれています。

ママと子どもがお散歩し、日本の美しい四季を体全体で感じることにより、豊かな感情の子どもに成長していくのです。

周りの景色を見たり、鳥の鳴き声や車の走る音を聞いたり、空気の香りをかいだり、花の蜜をなめたり、木や虫を触ったりと、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚すべてをフルに使えるお散歩は、子どもの成長に欠かせないものといえます。それが自然の中なら最高ですよね。

散歩の距離の目安は年齢を参考に

子どもの体力には個人差がありますが、各年齢でのお散歩距離の目安は「年齢×km」といわれます。1歳で1km、2歳で2km…というわけですね。

でも、これはあくまでも目安であり個人差がありますので「うちの子はあまり歩いてくれないなあ」などとあまり気にする必要はないと思いますよ。

子どもはお散歩の途中で気になったものがあると、しょっちゅう寄り道をします。1km歩くのに30分の子どももいれば、2時間かかる子どももいます。

大切なのは子どもがお散歩に満足することです。満足すると子どもはママに抱っこをせがんだり自分から帰ろうとしたりします。

子どもの気持ちの済むまでお散歩するのが距離の目安といえそうですね。

子どもだけでなくママにもよい影響がある

子どもは大人とは視点が違います。ママも子どもとお散歩することによって、普段とは違う子どもの視点に気づかされたり、ゆっくり景色を眺めたりして新鮮な気持ちになれることでしょう。

自然の中に出ることにより、ママも子どももリラックスでき、よりコミュニケーションが深まる可能性があります。

スーパーまで買い物に行ってもよいし、子どもが大好きな電車を見に行くのもよいでしょう。子どものペースでゆっくりお散歩することによって子どもと2人の時間を楽しめるのです。

またお散歩に出ることで、新しい出会いが生まれることもあります。お散歩途中で声をかけてくれるおばあちゃんや、公園に散歩に行ったときには子どもの新しい友達やママ友ができるかもしれませんね。

散歩をするのに適している時間は?

自分たちの生活リズムに取りいれてみよう

まず、ママの場合は家事を済ませないと子どもとお散歩するにも気持ちにゆとりができませんよね。そのため、朝子どもと一緒にパパのお見送りを済ませたら、1~2時間程度で家事を済ませてしまいましょう。

午前中にお散歩すれば、ママにとってもハードルの高い公園デビューも比較的人の少ないうちにすることができます。

そのあとお散歩がてらスーパーに買い物に行ってくるとあっという間に午後になってしまいます。子どもの小さいうちはおむつやミルクの用意も必要ですね。

ママも一緒にお昼を済ませたら、子どもの気の向くまま街歩きしてもよいし、家に帰ってお昼寝するのもよいでしょう。子どもと一緒に一日の生活リズムを作ることで、ますます子育てが楽しくなりますね。

散歩をするときに気を付けて

ママもよくご存知のとおり、物心ついた子どもは急に何をするか、どこに行くかわからないので目が離せません。

お散歩の途中で突然車道に飛び出すかもしれませんし、落ちているガラスの破片を拾って怪我をするかもしれません。動いているので子どもにとっては物珍しいムカデや毛虫などをつかんでしまうかもしれませんよね。

公園で遊んでいても同じです。ママ友同士でおしゃべりに夢中になっていて、子どもが遊具から落ちて怪我をするなんて残念なことにならないよう常に見守っていたいものですね。

お散歩するときの靴選びも重要です。子どもはまだ下半身が未発達ですので、ファッション的に可愛いだけで選ぶのではなくウォーキングに適した子どもの足に合った靴を選びましょう。

散歩をしない日があっても大丈夫

毎日子どもと楽しいお散歩ができるのがベストですが、ママの体調が悪い日でも出かけなくてはならないのでしょうか?雨の日でもお散歩に行くべきなのでしょうか?

小雨が降る穏やかな日に、子どもが可愛いカッパを羽織りママとお出かけ。そんな情景はほのぼのとしてママも子どもも楽しい時間でしょう。

でもママの体調がすぐれず、とてもお出かけできる状態ではないのに義務感でお散歩に出るとしたら?体調はますます悪くなりますし、ストレスが溜まるだけで子どもに当たってしまうことになるかもしれませんよね。

これでは楽しいはずの子どもとのお散歩がきついだけの悲劇になってしまいます。無理をしないで家遊びに変えましょう。子どもはなんでも遊びにしてしまう天才ですよ!

季節によって散歩の時間を変えてみよう

寒くて日が暮れるのが早い冬

冬のお散歩は寒い上にすぐ日が暮れてくるのでママも子どもと外に出るのがためらわれますよね。風が冷たく乾燥しているのでウイルスは活発化していますし、子どもとママの体も冷えやすくなってしまいます。だからといって、子どもと家に閉じこもりっきりというのもどうなのでしょうか。

日本にはほかの国ではなかなか味わえない四季それぞれのよさがあります。子どもの目にも冬景色は新鮮に映ることでしょうし、冷たい空気に触れることで呼吸機能も鍛えられます。

外出することにより、寒いときに有りがちな家遊びの連続で運動不足になった子どもの体を動かすメリットもあります。長い時間の外出は控えた方がよいので、陽の射す9~15時くらいまでの時間帯がおすすめです。

気温が穏やかな春や秋

枕草子「春はあけぼの」の言葉にあるように、春は夜明けが一番よいというくらい気候が穏やかですね。また童謡「もみじ」の「秋の夕陽に照る山紅葉」の歌詞どおり秋はきれいな景色が楽しめ、春と秋は子どもとのお散歩にも絶好の季節です。

春になればタンポポやチューリップなど子どもにも親しみやすい花や、チョウチョやテントウムシたちも顔をのぞかせます。

秋は子どもの大好きなドングリ拾いや落ち葉踏みなどお散歩しながらの遊びも楽しめます。青く澄んだ空や面白い雲がたくさん見られて、子どもの想像力も無限に広がります。

そんな気候のよい春と秋は朝から夕方まで子どもとママのお散歩に適しています。せっかくの一日なので、子どもの疲れない範囲でお散歩時間を有効に使いましょう。

日差しが強く気温が上昇する夏

毎年のように気温がぐんぐん上昇している夏場のお散歩はどうなのでしょうか。やはりやめるべきなのでしょうか。

確かに日中は日差しが強く紫外線を浴びてしまうため、熱中症になりやすい昼間のお散歩は避けるべきでしょう。ただ朝方となれば話は別です。

日中は木陰に隠れてしまうカブトムシたちも、早朝から9時頃までは元気に活動している姿が見られます。せっかく晴れているのなら、その時間帯にお散歩すればよいのではないでしょうか。

夕方のお散歩も日差しが弱まっていいと考えるママもいると思いますが、夏の夕方は気候が不安定で突然の夕立に見舞われることもしばしばです。やはり午前中早い時間帯でのお散歩が子どもにとってもママにとってもベストといえそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子どもとママがお散歩をすることは、子どもの健康保持や自主性を育てることに効果がありますし、ママのストレス解消にもなって2人の間の絆がより深まっていくことになりそうですね。

でもだからといって「毎日毎日お散歩に出なければ!」という義務感に縛られてしまうと逆効果です。子どもとのお散歩が楽しいと思えるように気軽にお出かけしましょう。

子どもとママ自身の体調を考えながら、無理のない範囲でお散歩をして子どもと一緒にママも成長していきましょうね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018