就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがママと一緒に寝るには?安全に添い寝するための注意点

赤ちゃんがママと一緒に寝るには?安全に添い寝するための注意点

赤ちゃんとの生活が始まると、昼も夜もママは赤ちゃんに付きっきりになります。夜も一緒に寝ようと考えるママもいると思いますが、添い寝はいつからしてもよいのでしょうか?ここでは添い寝を始める時期や、メリットとデメリット、注意点などを、わかりやすく布団の場合とベッド場合に分けて見ていきたいと思います。

生後何カ月から添い寝ができるの?

生後1カ月間は添い寝はしないほうがよい

新生児のうちは体が柔らかく、小さな振動でも赤ちゃんの体を揺らす原因になります。骨も関節もまだとても柔らかく安定していませんから、ママが隣りで寝て、ちょっと寝返りをうっただけでも赤ちゃんは揺れてしまうでしょう。新生児のうちは添い寝はおすすめできません。

生後1カ月頃になると、赤ちゃんの体重は生まれたときより1~2kg増え、体格もふっくらしてきます。1カ月健診で初めて外出する赤ちゃんもいるでしょうし、たった1カ月ですが、赤ちゃんは大きく成長していますね。これくらいになれば添い寝しても大丈夫になります。

添い寝についてなにか心配なことがあれば、健診で医師に相談してみましょう。アドバイスももらえますし、不安なことを取り去ってから添い寝を始めたいですね。

布団での添い寝は生後1カ月頃から

添い寝をできるだけ早く始めたいなら、生後1カ月頃から布団での添い寝をおすすめします。床に敷く敷布団は比較的硬めなので、赤ちゃんが窒息する危険を減らし、布団に沈み込んで体が曲がらず平らに寝ることができます。

またママが動いた振動が伝わりにくいのも布団です。ベッドには弾力性があり、ママが寝返りをうつと振動が伝わって赤ちゃんが揺れてしまうことがあるのです。

布団だと落下の危険もありませんね。生後1カ月の赤ちゃんにとって、ベッドからの落下は大きな衝撃になります。できるかぎり危険を減らしてあげたいですね。

布団は横に並べてくっつければ広々と使うこともできます。赤ちゃんとママが安全な距離を保ちながら、ママも窮屈な姿勢をとらずに寝られるのは布団なのですよね。

ベッドでの添い寝は生後3~5カ月頃から

ベッドで赤ちゃんと一緒に寝るのは、首がすわる生後3~5カ月頃にしましょう。柔らかくて弾力性のあるベッドのマットでは、赤ちゃんが顔をマットにうずめてしまうかもしれません。危険を減らすためには、赤ちゃんが自分で頭を上げて呼吸できるようになってからがよいのです。

首のすわる時期やマットの固さはそれぞれ違いますので、ママが赤ちゃんの様子をみて、ベッドで寝られるかどうか判断してくださいね。いきなり添い寝するのではなく、まず赤ちゃんだけを寝かせて様子を注意して見てあげましょう。

ベッドは布団のようにくっつけることはできませんが、赤ちゃんのベッドをママのベッドのすぐ横に置くことはできます。近くで寝ているので、添い寝と同じような効果をもたらしてくれるでしょう。

赤ちゃんと添い寝するメリットとデメリット

赤ちゃんの異変に気付きやすい

一緒に寝ていると、ママが夜中に目を覚ましたとき、すぐに赤ちゃんを見ることができます。赤ちゃんから発せられる小さな声や動きも伝わりやすいので、赤ちゃんの異常に気付きやすいでしょう。

別々で寝ていると、眠いのに立って赤ちゃんのところまで行かなくてはいけないので、辛いこともあります。赤ちゃんを見に行こうと思っていたのに、思わずまた寝入ってしまうこともあるかもしません。一緒に寝ると、ママのそういう苦労も軽減しますね。

赤ちゃんは掛布団を顔まで被ったり、寝返りをうってうつ伏せになったり、夜中もママの助けを必要としています。できるだけまめに、そして楽に赤ちゃんの様子が見れ、異変に気付くことができるのが添い寝のメリットなのですね。

赤ちゃんとママのスキンシップになる

赤ちゃんはママの近くにいると、ママの温かみを感じ、呼吸や心臓の音を聞き、お腹の中にいたときと同じような気持になります。添い寝をすると、赤ちゃんはママを感じながら安心して寝ることができるでしょう。ママも赤ちゃんの寝顔を眺めながら、小さくて柔らかい手や足に触れると幸せになりますよね。

スキンシップは、赤ちゃんの成長によい効果を与えるといわれています。ママの胸に赤ちゃんを抱っこさせる「カンガルーケア」も出産直後から行うスキンシップで、推奨している医師もいますね。

赤ちゃんとママが肌と肌を合わせて感じ合うことは、赤ちゃんを落ち着かせ、心と体を健康に育ててくれます。添い寝はただ寝ているだけでなく、赤ちゃんとママの大事なスキンシップの時間にもなるのです。

乳幼児突然死症候群や窒息の危険性がある

赤ちゃんには乳幼児突然死症候群や窒息の危険があります。乳幼児突然死症候群は原因不明の病気ですが、暑すぎる環境で赤ちゃんを寝かせたり、うつ伏せで寝かせると発症する危険が高くなることが分かっています。

添い寝で気をつけたいのは、ママと一緒に寝ることで、赤ちゃんの体温が上がり過ぎていないか、うつ伏せになったり、顔にものが被さったりして窒息の危険はないかということです。

添い寝する前に赤ちゃんが汗をかいていないか、ママにくっついて寝ていないかなどをしっかり確認してから寝ましょう。それでも寝ている間になにが起こるかわかりませんから、添い寝が病や事故の原因になってしまうこともあるでしょう。避けられる危険を避けて、安全に寝られる環境にしなくてはいけませんね。

赤ちゃんと添い寝するときに注意すること

ママの体勢に気を付けて周囲の環境を整える

ママと赤ちゃんはある程度の距離をあけて寝て、間違って被さらないようにしましょう。添い寝しながら授乳し、うとうと寝てしまうと、赤ちゃんの口や鼻を塞いだり、ママが覆い被さってしまう危険があることも忘れないようにします。

赤ちゃんの周りには物を置かないようにして、棚やタンスの下など物が落ちるかもしれない場所にも寝かさないようにします。クッションやぬいぐるみは、赤ちゃんの顔を覆ってしまうかもしれないので、寝るときは周りに置かないようにしましょう。

掛布団は赤ちゃんとママ、別々にします。赤ちゃんには赤ちゃんの掛け布団をかけてあげます。大人用の掛布団は重すぎますし、一緒の布団だとママが寝ているうちに引っ張って、赤ちゃんが掛布団から出てしまうかもしれないですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC