就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがママと一緒に寝るには?安全に添い寝するための注意点

赤ちゃんがママと一緒に寝るには?安全に添い寝するための注意点

赤ちゃんと添い寝するときに注意すること

ママの体勢に気をつけて周囲の環境を整える

ママは赤ちゃんとある程度の距離を取って寝て、間違って被さらないようにしましょう。

例えば、添い寝しながら授乳していると、途中でうとうと寝てしまい、赤ちゃんの口や鼻を塞いだり、ママが覆い被さったりしてしまう危険があるので、注意してくださいね。

また、赤ちゃんの周りには物を置かないようにして、棚やタンスの下など物が落ちるかもしれない場所にも寝かさないようにします。クッションやぬいぐるみは、赤ちゃんの顔を覆ってしまうかもしれないので、寝るときは周りに置かないようにしましょう。

掛け布団は赤ちゃんとママで別々にします。大人用の掛け布団は重すぎますし、ママが引っ張って赤ちゃんが掛け布団から出てしまうかもしれません。

布団で添い寝をする場合

昔から「川の字」になって親子で寝るといいますが、赤ちゃんは真ん中ではなく、端で寝かせましょう。両側から大人が挟むと、赤ちゃんに覆い被さってしまう、赤ちゃんが暑くなり乳幼児突然死症候群になるなどの危険性が上がります。

兄弟姉妹と一緒に寝る場合も、赤ちゃんの横で寝かせないようにしましょう。子どもは寝ながらもよく動きますから、赤ちゃんを蹴ったり上に足や腕を乗せたりすることがあります。赤ちゃんの横にはママが寝て、壁となり守るようにしましょう。

布団の下にマットレスを敷いている場合は、ベッドほどではないですが、位置が少し高くなっています。ちょっとした段差でも赤ちゃんには危ないこともありますので、壁際にくっつけるなどして転落を防ぎましょうね。

ベッドで添い寝をする場合

ベッドで寝る場合、まず注意することは赤ちゃんの転落です。寝返りを打たなくても、何らかの拍子に赤ちゃんが移動する可能性もあるので、ベッドの端にはくれぐれも寝かせないようにしましょう。

ベッドを壁にくっつけて置けば、赤ちゃんの転落を防止できますね。赤ちゃんの手や足が挟まらないように、隙間なくぴったりとくっつけましょう。赤ちゃんを壁側に寝かせ「壁、赤ちゃん、ママ」と並んで寝るとよいですね。ベッドをうまく壁にくっつけられない場合は、ベッドに柵をつけるという方法もありますよ。

マットの硬さにも注意しましょう。柔らかすぎるなら、硬めのものに変えてもよいですね。硬めのマットは赤ちゃんを窒息の危険から守り、姿勢よく寝かせてくれますよ。

赤ちゃんとの安全な添い寝に役立つグッズ

ママのベッドに乗せられるベッドインベッド

ベッドインベッドは大人のベッドの上に乗せて、赤ちゃんと安全に添い寝ができるように作られたベビーベッドです。ベビーベッドのサイドにフレームがついているので、ママが侵入したり赤ちゃんが落ちたりする心配がありませんよ。

また、赤ちゃんとの距離が近いので、ちょっとした異変にもすぐに気づくことができます。ママとパパの間に置いて家族みんなで並んで寝ることもできますよ。部屋が狭くてベビーベッドが置けない家庭にも便利ですね。

コンパクトなものが多く持ち運びにも便利です。日中のおむつ交換時に活用したり、帰省時の赤ちゃん用スペースの確保に活用したりと、ベッドインベッドとして使う以外にも様々なシーンで役立ちますよ。

片側の柵を外せるベビーベッド

添い寝というとママと赤ちゃんが同じベッドに並んで寝るという印象がありますよね。しかし、同じベッドである必要はありませんよ。

ママのベッドの高さに合う、ベビーベッドを横に設置すれば並んで寝ることができます。ただ、ベビーベッドの柵があると添い寝できませんので、片側の柵を外せるタイプを選ぶとよいでしょう。

片側の柵を外しているだけなら、ママが寝ている間に寝返りを打ってベビーベッドに侵入し覆い被さる危険がありません。

ママも赤ちゃんも自分のベッドで寝ながら、何かあったときはママが隣で寝ている赤ちゃんのお世話をすることができます。もし、赤ちゃんがうつぶせになっていることがあっても、すぐに対応できるので安心です。

顔をふさぐ心配がないスリーパー

赤ちゃんとママが同じ掛け布団を共有して添い寝をしたり、それぞれが別々の掛け布団を使って添い寝をしたり、色々なパターンがあると思いますが、掛け布団が赤ちゃんの顔をふさいでしまわないかが心配ですよね。

スリーパーなら赤ちゃんに着せる服のような感じで、どんなに寝返りを打っても、赤ちゃんが手足をバタバタさせても、顔に被さることがありませんよ。

スリーパーがなくてもママがこまめに赤ちゃんの様子をチェックしていればよいのですが、それはママの負担になりますよね。また、意外にちょっと目を離しただけなのにというときに、赤ちゃんの顔に掛け布団が被さっていることもあります。

体の冷え予防にもなりますので持っていると便利ですよ。

まとめ

添い寝すると赤ちゃんはママの温かみを感じながら安心して寝ることができます。ママも赤ちゃんの寝顔を見ていると母親である喜びを感じますし、赤ちゃんの異変にも気づきやすいですね。

添い寝には乳幼児突然死症候群や窒息などのデメリットもありますが、添い寝で得られる親子のスキンシップ効果を考えると、デメリットを心配して添い寝しないのはもったいないかもしれません。

メリットとデメリットを知り、安全に添い寝できる環境を整えて、添い寝をしてみましょう。きっと赤ちゃんとママの大事な時間になりますよ。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND