就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目の出産前準備。買い直しや買い足しするものをチェック!

2人目の出産前準備。買い直しや買い足しするものをチェック!

出産がだんだんと近付くにつれ、出産に向けた準備が気になってきますよね。2人目出産のママは、上の子のときに使ったものを活用する方が多いのではないでしょうか。ですが、どうしても買い直したり、買い足したりしなければいけないものってありますよね。そこで、どんなものが必要か紹介していきたいと思います。

上の子のお下がりですませられるもの

ベビーカーや抱っこ紐など大物系

ベビーカーや抱っこ紐など、価格が高く大きなものはお下がりを使うことができるかと思います。上の子がベビーカーや抱っこ紐を卒業していて、人に譲ったり売ったりしていなければ、ぜひそのまま使いましょう。その場合は、壊れたり傷んだりしていないか確認し、必要があればメンテナンスしておきましょうね。

上の子用にベビーベッドを購入し、まだ手元にある場合は、こちらもそのまま使用することができます。特に上の子との年の差があまり離れていない場合は、上の子がうっかり踏みつけてしまわないように使用するという方も多いですね。

お下がりですませる予定のベビー用品は、まだ使うことができるか早めに確認しておき、余裕を持って準備しておくようにしましょう。

洋服類はお下がりの鉄板!

お下がりとして鉄板なのが洋服です。短期間で小さくなってしまうわりに、すぐ汚れるのでたくさん必要になり、洋服のお下がりは大活躍です。新生児期やワンシーズンしか使わないようなものは、上の子やいただいたお下がりを活用して乗り切ると、出産準備にかかる費用をおさえることができますよ。

子どもが小さいうちはお下がりばかりでもそのまま着てくれますが、次第に自我が芽生えると洋服にも好みが出てきます。特に上の子と下の子で性別が異なると、下の子にも使えるようにと中性的なものを選んでしまいがちです。

逆に、上の子に合わせて下の子の好みではないものばかり着せてしまうかもしれません。それぞれの好みなども考慮して、上手にお下がりを使っていきましょうね。

ベビーバスなど短期間使用するもの

たくさんのベビーグッズの中でも、短期間しか使わないものはお下がりで十分かと思います。

例えば、ベビーバスは生後1カ月程度しか使わず、上の子のお下がりでも十分です。バウンサーやクーハンなど赤ちゃんを寝かせておくためのグッズも便利ですが、赤ちゃんが成長するときゅうくつになったり、動き回るようになると嫌がって使えなくなったりと使用期間が短いかもしれません。

そのほかにも、新生児期にしか着ない肌着類なども、足をバタバタ動かすようになるとはだけてしまったりするので使用期間が短く、季節が合うならばお下がりで十分なものかと思います。

短期間しか使わないベビーグッズですが、お下がりを使う場合は、いつでも使えるように準備しておきましょうね。

買い直した方がいいものリスト5選

劣化が激しいアイテムは買い直し必須

上の子のお下がりを使おうと思って、しまってあったベビーグッズを見てみると、意外と劣化しているものがありませんか?

おもちゃや服が多少ほつれたり破れたりしている程度ならば問題ないですが、抱っこ紐やベビーカーなど、使用頻度も高く安全性が重要なものは、劣化が激しい場合は思い切って買い直すようにしましょう。保証期間も過ぎている場合、いざ下の子に使い始めて壊れてしまうと困りますよね。

ベビー布団などの寝具もお下がりを使う予定のママが多いかと思います。きちんと手入れして保存してあるものでしたら、お下がりで十分かと思いますが、お手入れが不十分なまま保管していた場合は、長く使うものですので買い直しを検討しましょうね。

哺乳瓶の乳首やスキンケア品など衛生用品

上の子がミルクを飲んでいた場合、哺乳瓶を保管しているママもいるのではないでしょうか。ですが、きれいに洗って保管しておいたつもりでも、時間がたつと意外と劣化が目立つこともあります。

特にプラスチックやゴムなどの樹脂製品は、ベタつきがでていたり、保管していた場所の匂いが染み付いていたりするかもしれません。赤ちゃんが直接口にするものですから、状態を見て買い直しも検討しましょう。

ガラス製で本体はあまり劣化していなかった場合も、乳首部分だけ変色や劣化していることもあるので、乳首部分だけ買い直すことも検討してくださいね。

赤ちゃんが口にするものや直接触れるもの、衛生的に気になるものは、思い切って買い直すようにしましょう。

鉄板の服も生まれ月が違うとお下がりNG

お下がりとして鉄板アイテムであるベビー服ですが、上の子と生まれた月が異なる場合は使用することができない場合があります。特に着る期間の限られる新生児服は注意が必要です。

上の子が冬生まれで、下の子が夏生まれといった場合、上の子が使っていた冬物の肌着や服などは、寒くなる前にサイズアウトしてしまい着る機会はありませんよね。

逆に上の子が上の子が夏生まれで、下の子が冬生まれの場合、新生児期に合わせた厚手の肌着や、防寒着などが不足しているかもしれません。夏場は不要だった靴下などの小物も必要になってくるかもしれないですね。

買い直すのはもったいない気もするかと思いますが、やはり季節に合わせて、足りない服は買い直すようにしましょう。

買い足した方がいいものリスト5選

おむつ、お尻拭きなど消耗品

おむつやお尻拭きなどの消耗品は、産まれてすぐにたくさん必要になってきます。上の子のものが残っているかもしれませんが、すぐに買いに行けないときのために買い足しておくようにしましょう。ですが、買いだめについては注意が必要です。

上の子を参考に買いだめしておくと、上の子と体型が違ったり、成長が早くすぐに小さくて使えなくなったりしてしまうかもしれないからです。

おむつは最初に使う1袋分だけを購入し、そのあとは赤ちゃんの成長に合わせてその都度購入する方が安心だと思います。

お尻拭きについても、下の子の肌には合わないということもあるかもしれないので、最初に使うものをある程度用意し、そのあとは様子を見ながら購入していきましょう。

車に乗る人はチャイルドシートを

車を持っているご家庭では、チャイルドシートが欠かせませんよね。6歳未満であれば必ず子ども1人ずつに必要になるので、2人目が生まれるときにはもう一つ買い足すようにしましょう。

上の子がある程度大きくなっている場合は、上の子用にジュニアシートを買い足し、下の子にはお下がりのチャイルドシートを使うのもよいですね。チャイルドシートやジュニアシートを後部座席に2人分設置すると場所をとるので、買い足すシートはコンパクトなものを選ぶのもよいかと思います。

また、ジュニアシートは使用年数が長いので、対象年齢が長いものを選ぶのもよいですね。今まで使っていたチャイルドシートをお下がりにする場合は、新生児に対応しているか確認しておくようにしましょう。

1人目からの避難場所を確保

1人目との年の差があまりあいていない場合、注意したいのが寝かせたり座らせたりしておく場所です。床や低い位置に寝かせていると、上の子が遊びに夢中になって踏んでしまったり、おもちゃを落としてしまったりするかもしれません。上の子が危ないことを理解できる年齢であっても、やはり避難させておく場所がある方が安心ですよね。

避難場所としては、ベビーベッドやハイローチェア、バウンサーなどが使えるかと思います。床よりも高い位置に寝かせておけば、うっかり踏んでしまうことも無くなり安心ですね。

また、ベビーサークルなどで赤ちゃんを囲っておき、上の子の遊ぶスペースと分けてしまうのもいいかと思います。赤ちゃんが安全に過ごせるように環境を整えましょうね。

まとめ

2人目の出産に向けた準備は、1人目の出産準備と同じようで異なる点も意外と多くあります。また、お下がりを使うつもりでいたベビー用品も、いざ出してみると汚れていたり使えなかったりすることもあります。

出産の直前になって気付いて慌てないように、お下がりのものや必要なもののチェックは早めに済ませ、準備をしておきましょう。

そして、出産準備も大事ですが、上の子へのフォローがおろそかにならないように気をつけてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018