就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児中でもできるメイク方法。オススメの時短方法をご紹介!

育児中でもできるメイク方法。オススメの時短方法をご紹介!

家事や育児に追われ、気がつけば毎日ノーメイクだったというママも少なくないことでしょう。育児はノンストップのため、忙しいママはつい自分のことを後回しにしてしまいがち。でも「やっぱりメイクぐらいはしたい」と思っているママもいるはず。そこで今回は、育児中でもできる時短のメイク方法についてご紹介します。

育児中でもメイクしたほうがよい理由

生活にメリハリができ、やる気がでる

子どもが小さいうちは、昼夜関係なく授乳をしたり、子どもの相手をしたりするため、つい一日部屋着で過ごしてしまったということもあるでしょう。外出先も近所のスーパーに行くだけだから、とノーメイクをマスクでごまかしたりしていませんか?

しばらくメイクをしないでいると、なんだかメイクをする作業がとても億劫に思えてくることもあります。でも、できるだけ毎日メイクをすることによって生活にメリハリができ、ママのやる気も出てきます。

メイクをすることによってママの気持ちもしゃんとしてくるので、たとえ特に誰か会う予定がなくとも、自分のためにメイクをしてみましょう。ふと鏡を見たときに、メイクした自分の顔を見つけると、自然と気持ちも明るくなります。

急な外出、来客でも慌てず対応できる

自宅でメイクもせずに部屋着のまま子どもの相手をしていたら、突然インターフォンがなって慌てた経験はありませんか?もしくは急に外出することになって、慌てて支度をしたという経験もあるかもしれません。

朝起きて、メイクをする習慣をつけていれば、急な外出や来客に慌てる必要もありません。外出の場合は、着替えるだけで済みますし、来客にもノーメイクを恥ずかしがる必要もなく、余裕を持った笑顔で対応することができます。

自宅にいてもきちんとメイクをしていると、訪問した人にとっても「きちんとしている人だな」と好印象です。また、思い立ったらすぐに外出できるので、ママが支度する間子どもを長々と待たせることもなく、フットワークも軽くなります。

子どもにとって自慢のママになれる

ノーメイクで疲れた顔のママよりも、子どもだって、きれいにしているママをより自慢に思うはず。子どもはよくママの似顔絵を描いて遊ぶこともありますが、せっかくならきれいにしたママの顔を子どもには覚えていてほしいですよね。

女性はメイクすることによって自然と自信が生まれ、その笑顔にもノーメイクのときとは違った余裕があらわれます。子どもは観察力に優れているので、ノーメイクのときとは違う、ママの表情を敏感に感じ取ります。

公園や道ですれ違うママ友にも「子育てで忙しいのにきちんとメイクしているなんて、時間の使い方が上手なママなんだろうな」と思われるかもしれません。実際、自宅ではバタバタしていても、きちんとメイクをして「余裕のある素敵なママ」を演出しましょう。

育児中でもできるオススメの時短メイク方法

ポイントをおさえたメイクをする

メイクをするといっても、忙しいママはメイクだけにじっくり時間をとることも難しいと思います。出産前のように、きちんとフルメイクをする必要はありません。

アイシャドウの場合、ベース、ベースより濃いめのまぶたにのせるカラー、まつ毛際にのせる一番濃い色などの3色を使うパターンが多いですが、すべて使う必要はありません。ベースカラーをまぶたにのせたら、アイラインを引きます。そしてそのアイラインを少し指でぼかせば、グラデーションのようになり、時短のアイメイクが完成です。

カールアップ効果のあるマスカラを使えば、ビューラーなしできれいなまつげの出来上がり。ビューラーを使うとまつ毛が抜けてしまうこともあるので、マスカラのみの方がまつげへの負担も少なくて済みます。

ベースメイクはワンアイテムが便利

出産前は、化粧水、乳液、日焼け止めクリーム、下地、そしてさらにファンデーションというパターンのメイクをしていたママもいると思います。しかしBBクリームを使えば、1本で化粧水、乳液、下地、ファンデーションの役割を果たしてくれるので、あれこれ顔に塗る時間を節約することが可能です。

ほかにCCクリームもありますが、CCクリームはカバーというより、素肌のコントロールカラーという用途に向いているため、通常のファンデーションと同じようなカバー力を求めるならBBクリームの方がおすすめです。

ちなみに、下地にCCクリームを使い、上にBBクリームを塗るとしっかりしたベースメイクになり、きちんとしたシーンにも対応可能です。

2wayコスメでリップとチークをおこなう

メイクをするとなると、すべてのメイクグッズを揃えるのは大変ですよね。そんなママには、2wayコスメもおすすめです。リップとチークの両方に使えるクリームタイプのアイテムが便利ですよ。

ピンクのクリームを頬にポンポンと指で軽くたたくようにのせ、上にパウダーをのせてぼかせば自然なチークになります。同じアイテムをリップにのせれば、口紅なしでも健康的に明るくなります。

また、アイシャドウとアイブロウも同じものを使うことが可能です。その際、アイブロウにはラメの入ったカラーではなくマットなカラーを選ぶようにしましょう。先が斜めにカットされた眉ブラシがあれば、アイシャドウで簡単に眉毛をかくことができます。

メイク以外のところで時短してみる

洗顔を見直してみよう

朝、メイクの時間をとるのが難しい場合、メイク以外のところで時短をしてみましょう。朝起きると洗顔料で顔を洗ってから、化粧水をつけているママも多いと思いますがそれを一回で済ませてしまうこともできます。

さらっとしたタイプの化粧水を、100円ショップなどで売っているスプレータイプのボトルに入れ、朝起きたら化粧水をスプレーしてコットンでふき取ります。これなら洗顔しなくとも、肌がすっきりします。

ふき取った後は、保湿の意味でさらにシュッとひと拭き。軽く手でパッティングすればおしまいです。いちいち洗面所まで行って顔を洗う手間が省けるので時短になります。

ふき取り用ゲルタイプの洗顔料も市販されているので、自分の肌に合った時短洗顔方法を見つけてみましょう。

保湿を見直してみよう

化粧水の後に乳液、保湿クリームをつけていませんか?最近は忙しい女性向けに、時短できる基礎化粧品もたくさんでているので利用してみるのも一案です。

例えば化粧水のあと、乳液と下地を兼ねた保湿クリームなら重ねつけの手間も省けます。日焼け止め効果のあるものを選べばさらに便利です。

ドラッグストアでもよく見かけるオールインワンゲルは、化粧水、乳液、美容液、クリームの役割をひとつで果たすことができるので、時短ケアに最適です。保湿効果の高いものを選べば、肌の乾燥に悩まされることもありません。

オールインワンゲルは、アンチエイジングや敏感肌向け、美白目的のものなどあるので、自分の目的に合ったものを探してみましょう。

メイク道具を見直してみよう

メイクをするときに使うメイク道具を見直すことによって、さらに時間を短縮することができます。ファンデーションやBB クリームを塗るとき、普通のスポンジを使うとどうしても表面にむらができてしまい、均一に塗ることができません。

つけすぎると、後で皮脂と一緒に浮いてきてよれてくるのが気になります。ブラシでベースメイクをつけると、肌の上で均一に伸び、むらも気になりにくいのでおすすめです。ブラシなら、パウダータイプにもリキッドタイプにも対応できるので一石二鳥です。

マスカラのダマが気になる場合は、マスカラを付けた後、まだ湿っているうちにスクリューブラシを使えばすぐにダマだけきれいにとれ、まつ毛もきれいにきまります。

まとめ

今回は育児中でもできるメイク方法についての記事でしたが、いかがでしたか?ほんの少しだけいつもよりも早起きして、家族が起きてくる前の数分をメイク時間にあててみましょう。

最近は、便利なメイクの時短アイテムも色々なメーカーから出ており、以前ほど時間をかけなくてもきれいにメイクが決まるものがたくさんあります。たまにはドラッグストアやデパートで探してみると新しい発見があるかもしれません。

メイクをすることによって、ママのモチベーションもあがり、きっと素敵な一日を過ごすことができると思います。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018