就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

プレゼントで祝う夫婦の結婚記念日!喜ばれるプレゼントと渡し方とは

プレゼントで祝う夫婦の結婚記念日!喜ばれるプレゼントと渡し方とは

子どもが生まれると、結婚記念日にお祝いすることを忘れてしまう方も多いかもしれませんね。しかし、結婚記念日はパパやママにとって、夫婦の始まりの大切な日でもあります。ここでは、結婚記念日にプレゼントを贈りたいと考えている方に、おすすめのプレゼントや渡し方などをご紹介します。

経過年数で変わる結婚記念日の名称とは

子ども中心の生活で忘れがちな結婚記念日

夫婦2人のときは結婚記念日をお祝いしていたという方でも、子どもが生まれるとお祝いをしなくなる夫婦も多いですよね。夫婦2人のときとは違い子どもが生まれると毎日の生活が忙しくなるため、結婚記念日を過ぎてから「お祝いするのを忘れていた」と、気づく方もいるでしょう。

子どもがいると誕生日やクリスマスなど、子どものイベントばかりに目が行きがちです。子ども中心の生活になることは悪いことではありませんが、結婚記念日も1年に一度しかない大切なイベントなのでお祝いするとよいですよ。

結婚記念日にお祝いをしている夫婦のほうが、お祝いしていない夫婦に比べると夫婦仲がよいといわれています。子どもにとっても夫婦仲がよいほうが嬉しいので、結婚記念日を忘れないようにしましょう。

15周年までは結婚記念日の名称が毎年違う

結婚記念日には、年数によって名前が付いていることを知っていますか?結婚15周年までは夫婦の絆をゆっくりと深めていけるように、毎年結婚記念日の名前が変わります。結婚記念日の名前を知って、名前にちなんだプレゼントを贈るのもよいかもしれませんね。

結婚5周年までは紙婚式や綿婚式、花婚式など、新婚生活を表すようなやわらかい名前が付けられています。紙婚式はスケジュール帳やアルバム、花婚式には花束や花柄の雑貨などをプレゼントしてもよいでしょう。

結婚生活が長くなっていくと、夫婦の絆が深まっていきますよね。夫婦の絆を表すように結婚生活が長くなるにつれて、鉄婚式や陶器婚式、水晶婚式など、固いものを表す記念日の名前へと変化します。

15周年を超えたら5年ごとにお祝い

結婚15周年ともなると信頼関係が築き上げられているので、ささいなことでは絆が崩れることがない戦友のような関係になっている方も多いでしょう。15周年からは5年ごとにお祝いできるように、記念日の名前が変わっていきます。

結婚25年と50年には、有名な銀婚式と金婚式がありますよね。最近は晩婚化なので金婚式をお祝いできる夫婦は少ないかもしれませんが、迎えられたときには家族みんなでお祝いできると嬉しいでしょう。

結婚15周年以降は、記念日の名前にサファイヤやエメラルドなど、宝石の名前を使っている年が多くなっていきます。5周年ごとにお祝いするときは、記念日の名前のように少し高価なものをプレゼントするのもよいかもしれませんね。

ママとパパに贈るおすすめのプレゼント

実は少ない?プレゼントをもらうママの割合

付き合っているときはパパから記念日やイベントがあるとプレゼントをもらっていたというママでも、「結婚して子どもが生まれてからはプレゼントをもらわなくなった」という方が多いようです。あるアンケート調査では、パパからプレゼントをもらっていないと答えた方が35%もいることが分かりました。

プレゼントをもらったと答えている方でも、結婚記念日にもらったという方は2%と、イベントのなかでも1番少ない結果となりました。イベントのなかでは誕生日にプレゼントをもらっている方が53%くらいと1番多い結果となっています。

結婚するとお小遣い制になるパパが多いので、お小遣いのなかでプレゼントを贈るのが難しいのかもしれませんね。

ママはどんなプレゼントが欲しい?

結婚記念日にパパからプレゼントをもらえるとしたら、どのようなプレゼントがよいですか?子育てや家事などで毎日忙しいママへのプレゼントには何がよいのか悩むパパも多いでしょう。

とあるアンケートでは、子育てをしているママが結婚記念日にほしいものは1位「旅行」、2位「食事」、3位「洋服」という結果となりました。また、ほしい理由をママたちに聞くと「1人の時間がほしい」「ゆっくりと美味しいご飯が食べたい」など、ものよりも子どもから離れて好きなことをする時間がほしいという方がたくさんいることが分かりました。

ものがほしいと答えたママのなかでは、洋服やアクセサリーなどの身につけるものや、食洗機や洗濯乾燥機など、家事が楽になる便利家電の人気が高いようです。

パパに贈るおすすめのプレゼント

先ほどはママに贈るプレゼントをご紹介しましたが、パパへのプレゼントに何がよいのか悩む方も多いですよね。パパへのプレゼントには、実用的なものが人気を集めています。財布や名刺入れ、ネクタイなどをパパへのプレゼントに選ぶ方が多いようです。

ほかにも、パパの趣味に合わせてプレゼントを選ぶ方もいます。釣りが趣味のパパには釣り竿、車好きの方へは車用品など、好きなものをプレゼントするのもよいかもしれませんね。

結婚記念日は1年に一度なので「パパは何をもらったら喜ぶかな?」と、パパのことを想いながらプレゼント選びを楽しみましょう。お疲れ気味のパパには、マッサージやスパなどの体験型ギフトをプレゼントしてもよいかもしれませんね。

結婚記念日のプレゼントの平均予算や贈り方

お祝いの平均予算はどれくらい?

結婚記念日に、夫婦でプレゼントを贈り合いたいと思っている方も多いでしょう。プレゼントを考えるときに大切なのが「どのくらいの予算のものを買うか」ですよね。記念日に贈るプレゼントの予算は、結婚してからの年数によっても少し違いがありますよ。

結婚1~3年くらいの新婚時代は、予算を3万円以内と考えている方が多いようです。新婚時代は子どもがいない家庭も多いので、お互いの趣味に合ったものをプレゼントに選ぶとよいでしょう。

結婚5周年は子育て真っ最中のママも多いでしょう。2~5万円くらいの予算で記念に残るアクセサリーをプレゼントしてもよいですね。結婚10周年以降は、予算3~10万円くらいで毎年ではなく5年ごとにお祝いする方もいますよ。

サプライズで夫婦に新鮮な楽しさを

夫婦生活が長くなってくると一緒にいることが当たり前になり、新鮮な気持ちが薄れてしまっている方も多いのではないでしょうか。パパとママがいつまでも仲のよい関係でいることは、子どもにとっても嬉しいことです。

結婚記念日にプレゼントをサプライズで贈ってみてはいかがでしょうか?サプライズをすることで恋人に戻ったように新鮮な気持ちで記念日を楽しめますよ。たとえば、結婚記念日にお家のなかをおしゃれに飾り付けするのもよいでしょう。恋人だった頃や結婚式の写真などを飾ると、思い出話で盛り上がりそうですね。

また、お家のなかにプレゼントを隠しておき、宝探しゲームのように楽しみながらプレゼントを探すのもサプライズになってよいですよ。

プレゼントにメッセージを添えよう

夫婦生活が長くなると日頃の感謝の気持ちを伝えることが照れくさくなり、「いつもありがとう」「これからも仲よくいよう」など、思っていることをいえずにいる方も多いでしょう。結婚記念日は夫婦の絆の深さを感じることができる日です。

日頃の感謝の気持ちなどをメッセージに書いて、プレゼントと一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。「口では恥ずかしくていえない」という方でも、メッセージカードなどに短い文章でもよいので気持ちを書くと、お互いに新鮮な気持ちを思い出し夫婦の絆も深まりますよ。

先輩ママの話では、結婚記念日には必ずプレゼントと一緒に手紙を贈っていると話してくれました。手紙を書いていると「パパのことが大切だな」と改めて実感できるそうですよ。

まとめ

結婚して子どもが生まれると、結婚記念日にお祝いすることを忘れてしまう方もいるかもしれませんね。夫婦生活が長くなると子どものことばかりに目が行ってしまうので、1年に一度の結婚記念日には思い出に残るプレゼントを贈り合ってみましょう。

お互いに喜びそうなプレゼントを選ぶことが大切ですが、プレゼントと一緒に日頃の感謝の気持ちを伝えることが重要です。感謝の気持ちの伝え方はさまざまですが、記念日に夫婦の絆を実感できると素敵ですね。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj