就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後ママとパパがセックスレスになる理由。夫婦で歩み寄り解消しよう

産後ママとパパがセックスレスになる理由。夫婦で歩み寄り解消しよう

産前はパパと仲良くしていたのに、産後になって急にセックスレスになったというママもいることでしょう。そこで今回は、産後にママがセックスレスになる理由と、産後にパパがセックスレスになる理由、そして夫婦でセックスレスを解消する方法などについてお話しします。

産後にママがセックスレスになる理由とは

ママはホルモンの影響で性欲が減退している

子どもが生まれてから急に、パパに触れられるのも嫌、セックスなんてとんでもないと感じているママもいるかもしれません。「パパのことが嫌いになったわけではないのに」と自問自答しているママもいることでしょう。

妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されているので、肌つやがよくなったり抜け毛が減ったりなど、その効果を体感していたママも多いはずです。女性ホルモンのおかげでママの女性らしさにも磨きがかかっていたことでしょう。

しかし産後は女性ホルモンが激減し、代わりに母性本能を強くするプロラクチンというホルモンが多く分泌され、特に授乳をしているとその量も多くなります。このホルモンが出ていると、性欲が減退するといわれています。

育児が忙しくセックスのことを考えられない

産後のママは、自分の体を休める暇もなく赤ちゃんのお世話に忙しくなります。夜中の授乳やおむつ替え、さらに夜泣きなどもあるため、しばらくはまとまった睡眠すら確保することが難しくなりますよね。

ママの中には、食べるよりも眠りたいと思う人もいるようです。肉体的に疲労が増しているのはもちろん、産後うつのように精神的に追い詰められているママも少なくありません。

こんなときパパからセックスをしようと誘われても、ママはそんな気持ちにはなれないことでしょう。そんな時間があったら眠りたい、とも思うかもしれません。

パパからしてみると「ママは赤ちゃんのことばかり」と不満があるかもしれませんが、肉体的そして精神的にもゆとりがないことをパパに理解してもらいたいものですね。

産後の体の変化や痛みでセックスが怖い

赤ちゃんを産んだ後のママの体はとてもデリケートです。産後しばらくは、分娩のときについた会陰切開の傷や、帝王切開の際についた切開の傷が痛むというママも珍しくありません。

見た目には治っているように見えても、「セックスをすると、そのせいで傷が開くのでは?」と恐怖心を感じることもありますよね。怖いときはセックスに対して積極的になれないことでしょう。

さらに先ほどもお話ししたように、ホルモンバランスの変化でママの性欲も減退していますし、母乳が出ているとあまりパパに胸を触られたくないと感じることもあるでしょう。

また産後のたるんだお腹をパパに見せたくないと思うママもいるかもしれません。いずれにしてもあまり無理をしないようにしたいものですね。

産後にパパがセックスレスになる理由

立ち会い出産でショックを受けてしまった

産後にセックスレスになるのは、必ずしもママ側の理由ばかりではありません。中には産後、パパがセックスに積極的になれなくなってしまったというケースもあります。

子どもの誕生の瞬間の喜びを夫婦で分かち合うために、立ち会い出産をしたというママとパパもいることでしょう。ここから赤ちゃんが出てくるということは頭の中ではわかっていたはずなのに、いざその瞬間を目にしてしまうと、ショックを受けたというパパも少なくありません。

出産の際にたくさんの血液が出ているのを見て気持ち悪かったというパパもいれば、陣痛の苦しさから大きな声で叫ぶママを見てびっくりしたというパパもいます。

この光景が頭から離れず、ママとのセックスに積極的になれないこともあるようです。

育児中のママを女性として見られなくなる

ママが赤ちゃんに授乳をしている光景は、女性から見ると当たり前の微笑ましい光景なのですが、パパから見ると必ずしもそうとはいえないようです。

パパの中には、ママの体に触れた瞬間、おっぱいから母乳が出てきたのを見るだけで一気に性欲がなくなるということもあります。ママの体が赤ちゃんを育てるために変化していることを実感して、そういう気持ちが減ってしまうようですよ。

同じ理由で、ママが赤ちゃんにおっぱいを飲ませている姿を見ると、ママを女性としてとらえることができなくなり、ママにだけ性欲が湧かなくなるということもあります。

しかしながら、ママは赤ちゃんを育てなければなりませんし、これに対しては解決策を考えるのも難しいことでしょう。

ママから拒否されて傷つくことも

産後しばらくしてから、パパに何度かセックスをしようと誘われたものの、ママの体がまだ完全に回復しておらず、断ったという経験があるママもいることでしょう。それを何回か繰り返しているうちに、気がつくとパパから誘われなくなったと感じているママもいるかもしれません。

一般的にパパはママの体の回復具合についてよく理解していないため、自分の気持ちがおもむくままに誘ってくることがあります。そしてママに拒否されることが何度か続くとパパの自尊心が傷ついてしまい、自分から誘えなくなってしまうのです。

仕方がないこととはいえ、ママから拒否されたことにより傷ついているので、その気持ちを理解してあげるようにしたいですね。

産後のセックスレスを夫婦で解消するには?

スキンシップの時間を大切にする

赤ちゃんが生まれたことが理由で、パパとの距離が開いてセックスレスになるのは避けたいと考えるママもいることでしょう。かといって、産後、パパに求められるがままにセックスはしたくないというママも多いはずです。

この場合、セックスはできなくとも、せめてスキンシップの時間を大切にするように心掛けましょう。あまりべたべたすると、パパの欲求に火がついてしまう可能性があるので、さりげなくするのがコツです。

一緒に歩いているときに手をつないでみたり、パパの出勤前にお見送りのキスをしたりなど、ちょっとしたスキンシップでパパへの愛情を伝えることができるはずです。

パパが疲れているようなら、肩や背中のマッサージをしてあげるのも効果的です。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版