就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦喧嘩で無視されても気にしない!感情をコントロールするコツ

夫婦喧嘩で無視されても気にしない!感情をコントロールするコツ

夫婦喧嘩をしてパパに無視されたことがあるというママはきっと少なくないでしょう。無視されると何を考えているのか分からないし、気を使って疲れますよね。そういうときは思い切って距離を置くことも大切です。無視されて困っている、そして無視する気持ちを知りたいママは、これを読んで参考にしてみてくださいね。

無視をしてしまうときの人の心理

どうして無視をしてしまうのか?

これを読んでいるママは夫婦喧嘩をしたことはありますか?お互いがいいたいことをいえるのであれば、考えていることが分かるのでたまに喧嘩をするのも悪くはないかもしれませんね。

しかし、中には喧嘩をすると無視をするパパ、もしくはママもいるようです。どうして無視をしてしまうのでしょうか。

喧嘩をするとお互いが熱くなってしまい、冷静に考えられる状態ではなくなりますよね。男性に多いようですが、感情的になることを避けてなるべく理性的でいたいと思うと、怒りの感情を抑制するために無視する、という行動に出ることがあります。

怒りにまかせてひどいことをいってしまうのを防ぐためや、うまく言葉にできないときにも、あえて無視するという行動に出ることもあるようです。

無視はパパの拒絶の意思表示

喧嘩をして無視するとき、パパはどのような気持ちなのでしょう。パパの無視には隠された気持ちがこめられているようです。

ママがパパの間違いや過去のことなどを蒸し返して責めるときに、パパが無視してしまうことがあるようですが、これは怒りの気持ちを抱いていることが多く、ママからの攻撃を防御したいという気持ちと、ママへの拒絶の意思を表しています。

これ以上自分を責めてほしくない気持ちや、これ以上いって自分を怒らせないでほしい、などの気持ちを表すのに無視という行動に出てしまうのです。

一方的にママから責められてしまうと、自分の気持ちを理解してもらえない、自分の話は聞いてもらえないと思い、これ以上傷つきたくないという気持ちから無視をしてしまうこともあるようです。

無視はママの怒りの表現方法

ママが無視をするときはどのような気持ちなのでしょう。ママがパパを無視するときの気持ちは、ほぼ怒りです。

女性は男性に比べて感情をコントロールするのが比較的苦手です。相手に対して怒りの気持ちを持っているとき、直接的に怒りを表現できず行き場を失った気持ちを、無視という行動で表しているのです。

一般的に女性の無視は抗議行動の一つであるといわれます。無視をすることで相手をシャットアウトしてしまいます。黙るということは、話しかけないで、という意図も含まれています。

ママが無視するときの気持ちとして、自分は悪くない、自分の非を絶対に認めないという気持ちを表わしており、ママの無視には怒りの気持ちがこめられているのです。

無視が始まったら自分を大切にして

相手の感情に支配されないで

例えば喧嘩をして無視されているとき、最初はなんてことはないかもしれませんが、その期間が続くと顔も合わせづらくなりますし、家が居心地の悪い場所になってしまいますよね。

無視をされているとふと悲しくなったりするものです。たとえ悲しくても無視をしてくるパパの行動に振り回されないようにしましょう。

パパの行動に悩んだとしても、自分がすべき目の前のことに集中をしてみてください。例えば子どもの世話などであったり、仕事をしているのであれば仕事に集中したりするなど心がけてください。

パパからの無視という拒絶に対して思い悩んでも、すぐに状況が好転するわけではないでしょう。悩むことなく日々の生活に集中することが大切です。

自分も嫌な気持ちなら無理に寄り添わない

無視が続いて、顔を合わせても嫌な雰囲気で家にいづらくなってしまうようであれば、思い切って一度距離を置いてみるのはどうでしょうか。嫌な気持のまま顔を合わせないで、離れて冷静になる期間を作りましょう。

無視をされていれば、必然的に相手のことも無視するようになってしまいます。無視という無言の暴力は、言葉には出ないけれど態度で相手を責めているのです。

そのような状態で一緒にいても、よい方向へ進むとは思えませんよね。お互い傷つけあうことなく、気持ちも冷静になれるよう距離を置くことは有効ではないでしょうか。

喧嘩についてお互いに冷静に考える時間を設けられればよい方向に進むでしょう。無言の暴力にさらされて我慢して一緒にいる必要はないと思いませんか?

子どもの前で喧嘩するよりマシ

夫婦2人だけで生活をしているときには感じなかった不満なども、子どもができると相手に対して不満が出てくることはありませんか?例えばパパにおむつ交換をお願いしたら嫌な顔をされたなど、自分が我慢すればよいことかもしれませんが、積もり積もると不満が言葉や態度に出てくるものですよね。

不満が積もると自然と口調がトゲトゲしくなり、次第に夫婦喧嘩に発展してしまいます。子どもの前でパパとママがいい争いをすることで、子どもは自分のせいで喧嘩をしているのではないかと自分を責めてしまうこともあるのです。

いい争う姿をたびたび見ていると、もしかしたら結婚に対するイメージが悪くなってしまうかもしれません。子どもの前で喧嘩をすることによる悪影響を忘れないようにしたいですね。

それでも無視に耐えられないときの対処法

直接話さずメールで伝える

喧嘩の真っ最中で直接話しづらいけれど確認が必要になったときは、直接言葉ではなく文字でやり取りするという便利な方法があります。メールやLINEという通信手段があるのでそれらを上手に利用してみましょう。

確認したいことをメールやLINEで簡潔に送ると、パパも最低限の返事は返してくると思います。電話はしたくないけど確認したいときはメールやLINEをおすすめします。

喧嘩中は、直接話すとどうしても感情的になってしまうものですよね。間をおいて自分としては冷静になったと思っても、いざパパを前にすると冷静に話ができなくなるときがあります。

そのようなときメールなどは便利なツールです。自分の気持ちを言葉ではなく、文章にすることで冷静になることができますよ。

気持ちを伝えるときはアイメッセージで

無視するのもされるのももう終わりにしたいと思ったとき、アイメッセージが有効です。アイメッセージとは、「私は~だと思う」や「私は~だから悲しい」などのように、「私」を主語にして自分の気持ちを伝える方法です。

アイメッセージというのは、自分の気持ちなどを伝えるだけなので、相手には何も要求せず、さらに相手からの反応も期待しません。何も要求をせず自分の気持ちをただ話すだけなので、相手が話を聞きやすくなります。

アイメッセージはまず自分の気持ちを確認することが大事です。気持ちを話すだけなので相手との対立を避けることができ、話を聞いてもらうことができるでしょう。

自分はこう思っているということをパパに伝えることで、きっと気持ちを理解してもらえると思いますよ。

夫婦は考え方が違って当然と割り切る

お互いを想い合って夫婦になった2人でも、育った環境が違いますしそれぞれ1人の人間ですから、考え方が違って当たり前ですよね。育った環境の違いは、一緒に生活をしていくうえで大きな影響があるのです。

例えば食事にしても、それぞれの家庭で味付けの濃い、薄いなどの違いがありますし、おかずの品数や食べ方もそれぞれ違うものです。片付けの仕方や子育ての考え方なども、自分が育ってきた環境でそれぞれ異なります。

考え方が違うことは当然のことです。そう思って割り切ることができれば、お互いぶつかって喧嘩になることがぐっと減るでしょう。どうしても譲れないこと以外はパパの気持ちを尊重してみてください。さらにぶつかることは少なくなると思いますよ。

まとめ

いかがでしたか。喧嘩をしたときどうして無視をするのか、その理由が分かれば対処の仕方がみつかりますよね。無視されることはつらいし悲しい気持ちになります。無視される時間が長くなれば、なんとかして元どおりになりたいと思うものです。

無視され続けたとき、パパと話がしたくて無理に話しかけても余計に関係が悪くなる場合もあるので、メールやLINEで気持ちを送ってみたり、アイメッセージを利用して気持ちを伝えてみたりしてください。想い合って一緒になった2人ですから、きっと分かり合えると思いますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj