就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

チャイルドシートによだれカバーは必要!取付け簡単なカバーの作り方

チャイルドシートによだれカバーは必要!取付け簡単なカバーの作り方

子どもが車に乗るとき、安全のためのチャイルドシートが必要です。そのチャイルドシートがいつのまにか、よだれや汗で汚れているということはないでしょうか?チャイルドシートはなかなか洗うことができないので、よだれカバーをつけるとよいかもしれませんね。今回は、よだれカバーの種類や作り方などをご紹介します。

シートベルトによだれカバーが必要な理由

シートベルトは汚れやすいのに洗いにくい

チャイルドシートの汚れで気になるのは、汗をかくことの多い背中や頭が接する本体部分とベルトではないでしょうか?消費者団体の調べでは、汚れと雑菌の繁殖が一番ひどいのはベルト部分だったようです。

業者は分解洗浄をしてくれますが、洗浄してもらっている間はチャイルドシートがない状態になってしまいますので、それもなかなかできないでしょう。それに、お金もかかってしまいます。

それでは汚れはどうすればよいのでしょうか?ベルトの汚れは、重曹で落ちます。重曹を小さじ1と水100mlを用意し、それを混ぜてベルト部分に染み込ませます。その後、拭きとっていくと汚れが落ちますよ。

重曹は食品にも使われていますので、小さい子の口元に触れるものの洗浄にも安心ですね。

取り替えるだけでベルトが清潔に保てる

重曹洗剤を作るのは面倒というママには、取り外して洗濯できるベルトカバーがよいのではないでしょうか?複数枚用意すれば、チャイルドシートだけでなく、ベビーカーやベルトつきのバウンサーにも使うことができます。

赤ちゃんが口にする可能性のあるものはできるだけ清潔に保っておきたいという考えは、どのママも同じでしょう。チャイルドシートをまるごと洗浄するのは大変でコストもかかり、日数も要するので無理かもしれませんが、カバーなら手軽ですし、定期的に洗うとき以外にもとっさの汚れでも対応できます。

ベルトカバーは、赤ちゃん用品専門店やネット通販などで、さまざまな柄や素材のものが販売されています。ベルトを汚してしまう前に、装着しておきたいものですね。

肌の弱い赤ちゃんの肌荒れ予防になる

赤ちゃんの肌は、デリケートです。赤ちゃんのほっぺや身体などを触ったことのある人なら、ツルツルで柔らかく、大人より肌が薄いのをご存知でしょう。

そんな肌に、汚れのついた硬いベルトが直接ついていると、肌を傷つける原因となります。また、ベルトカバーにも注意しなければなりません。せっかくカバーをつけても、赤ちゃんに合っていなければそれで肌が荒れることもあるからです。

できるだけ肌に優しい素材を見つけて、カバーをつけてあげるようにしましょう。また、チャイルドシートによっては、顔付近や手の届く範囲に金具がきてしまうものもあるようです。金具が顔や首に当たらないように、そして手が届いてもいじれないようにすることにもカバーは役立ちます。

素材や肌触りが心地よいよだれカバー

高品質で安心な今治タオルのカバー

贈答用などに使う高級タオルとして有名な今治タオルのことは、ご存知のママも多いでしょう。洗うたびに固くなってしまうタオルが多い中、四国タオル工業組合が認める基準をクリアしている今治タオルは、フワフワ感が持続します。

何度洗っても肌触りがよいのは、赤ちゃんに最適ですね。その今治タオルで作られているよだれカバーなら、肌当たりも柔らかですから、安心でしょう。デザインも豊富にあり、留めもマジックテープとスナップの2種類があります。

素材品質や柔らかさには問題はありませんが、チャイルドシート専用のものはないようです。売られているのは、抱っこひも用となり幅が広いため、ずれるのを我慢するか、なにか自分で一工夫こらす必要があるでしょう。

ふんわり二重ガーゼのウサギ柄カバー

「BuddyBuddy」のよだれカバーは日本の工場で作られた、安心の日本製です。表はふんわりした二重ガーゼ、裏側はハニカム構造のワッフル生地となっています。表の柄はウサギですが、裏にも柄があり、リバーシブルで使えるようになっています。

裏地のワッフル部分に茶色い点が見えることがありますが、これは綿カスと呼ばれるもので、漂白をせず本来の風合いを残している証拠です。留め部分は、2カ所をホックで留める形となっています。

ウサギ柄には、ベージュとサックスの2色があります。ほかにも、ピンクとブルーの象柄の2色と水色のストライプもあります。少し大きめのマルチタイプは、ネイビーのストライプです。

サイズは、今治タオルのものより若干小さめに作られているようです。

洗い替えに!八重ガーゼのカバー8枚セット

綿100%のガーゼで作られたよだれカバーです。ガーゼが八重になっているため、通気性と吸水性に優れているのが特徴でしょう。8枚とも柄違いで、縁には丈夫にするためのパイピングが施されています。また、裏表が違う柄のため、リバーシブルでも使えますよ。

留め具は三つのスナップで、マジックテープではなくスナップにすることにより、ほこりなどで粘着力が弱まるのを防いでいます。大きさは、20cm四方と今治のカバーよりも大きい作りになっています。またショップによっては、2枚一組で4柄セットのところもありますよ。

六重ガーゼのものもあり、こちらは八重よりも柄も色もシンプルなものになっています。リバーシブル対応で3柄6枚入りです。たくさんあると洗い替えにも便利ですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版