就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママもテニスを始めてみよう!始め方やアイテム、活躍中のママ選手

ママもテニスを始めてみよう!始め方やアイテム、活躍中のママ選手

錦織圭選手や大坂なおみ選手をはじめ、日本のテニス選手が世界で活躍していますね。世界でがんばっている姿に刺激を受け、自分もテニスしてみたいと思うママもいるのではないでしょうか。ここでは、テニスをやってみたいと考えているママに知ってほしいテニスの始め方のポイントやアイテム、活躍中のママ選手を紹介します。

ママがテニスを始めるにはどうすればいい?

テニススクールを探して入会してみよう

テニスをするにはいくつかの方法があります。一つは、テニススクールに入会することです。テニススクールは思ったよりたくさんあり、ネットで「〇〇市 テニススール」と検索すると出てきます。通いやすく料金が手ごろで、お試し体験ができるスクールを選んでみましょう。

お試し体験の申し込みをしたらスクールを見学に行きましょう。コーチの指導方法、生徒さんの様子、レッスンレベル、スクールの設備などをみて、自分に合っているかどうか考えてみてくださいね。お試し体験のレッスン料が必要なスクールがありますが、入会後にキャッシュバックしてくれるところもありますので、聞いてみるとよいでしょう。

ラケットがレンタルできるスクールもありますから、まずは気軽にお試し体験してみましょう。

子連れで参加できるテニスサークルもある

テニスサークルに入るという方法もあります。サークルはスクールと違いテニス好きな人が集まっているので、和気あいあいとした雰囲気のところが多いでしょう。会員費はスクールに比べると安いですよ。

これもネットで「〇〇市 テニスサークル」と検索すれば出てきます。中には子連れで行けるテニスサークルもあります!「子どもがいるからテニスは無理」ではないのですよ。

子連れでも行けるママ中心のテニスサークルの場合、コート脇で子どもたちは一緒に遊び、休憩中のママが交代で面倒をみます。子ども同士のよい交流の場にもなり、いろいろなママと関わることで社会性も育つでしょう。子どもがいるから習い事を諦めるママもいるでしょうから、このように親子で楽しめる習い事はありがたいですよね。

テニス講習会を探して参加する手も

テニス講習会もあちこちで開かれています。各市区町村には文化スポーツ振興課などの名前で「住民の健全な心身の発達のために文化やスポーツを普及させる」ことを仕事にしている課があります。こそでテニス講習会も開かれているので見つけてみましょう。

自分の住む市区町村のホームページから、スポーツ関連の係を探します。さまざまなスポーツの講習会が開かれていますので、その中からテニスの講習会を見つけましょう。

料金は一般的にスクールより安いです。募集期間や人数が決まっているので、気がついたら終わっていたということにならないように、まめにチェックしましょう。その地域に住んでいる住民に限定していることもあるので、まずは自分の住んでいる地域のホームページを見るとよいですよ。

テニスを始めるときに揃えたいアイテム

基本のテニス道具をそろえよう

テニスを続けると決めたなら、自分に合ったラケットとシューズを買いそろえたいですね。

球技をしたことがなかったり、それほどスポーツ経験がなかったりする人は、軽いラケットの方がよいでしょう。逆に体格がよかったり、力があったりする人は、軽いラケットだとボールが簡単に外に飛び出してしまいますので、少し重めのラケットがよいですよ。店員さんと相談しながら、自分に合ったラケットを見つけてくださいね。

シューズも、お店の人のアドバイスを聞きながら選ぶのが確実です。前に進むことを前提に作られているジョギングシューズと違い、テニスシューズは前後左右に動くことを考えて作られています。きちんとしたテニスシューズを選ぶことで、気持ちよくテニスに打ち込めるでしょう。

ケガ防止になる「振動止め」

ボールを打つと振動が手に伝わってきます。この振動に違和感を感じる場合は「振動止め」をつけてみましょう。手に伝わる振動を抑え、手首や肘を怪我から守ってくれます。

振動止めはガットにつけるのですが、シンプルなデザインのものから、メーカーのロゴ柄や可愛らしい形のものもあって、ちょっとしたワンポイントにもなります。お値段は300~700円くらいで、お手頃ですよね。

テニスをする人によくある症状で、テニスエルボーというものがあります。これは、肘の腱に細かい断裂が生じ炎症を起こすというものです。フォームが悪かったり、ラケットのガットが固すぎたりと原因はいろいろありますが、腕に無理な力がかかりすぎないように振動止めを使うのも一つの方法なのです。

ママは紫外線対策グッズも要チェック

テニスは屋外ですることが多いので、紫外線対策をしっかりしたいですね。まずは日焼け止めクリームです。スポーツ用の汗に強いタイプをおすすめします。顔や肩、首の後ろや腕は特に焼けるので塗り忘れがないようにしましょうね。

キャップやサンバイザーをかぶると太陽の日差しから顔を守れます。各メーカーが出しているものはテニスの動きに適した軽く、通気性がよい素材で作られています。とくにサンバイザーはファッション性が高く、テニスをする女性ならかぶってみたいものでもありますよね。

テニス用の日焼け防止手袋の中には、グリップを握りやすいように手のひら側に穴が開いているものもあります。顔の日焼けが気になる人にはフェイスカバーもあります。自分に合った紫外線対策をしましょうね。

ママでありながら活躍しているテニス選手

元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ

2018年9月に行われた全米オープンで、大坂なおみ選手が初優勝し、日本全国が祝福ムードになったことは記憶に新しいですよね。このとき決勝で戦った相手が、アメリカのテニス選手セリーナ・ウィリアムズでした。彼女は一児のママなのです。

彼女が出産したのは2017年9月。大坂なおみ選手と対戦したわずか1年前のことです。それ以前の7月にもウィンブルドンで準優勝しています。そしてなんと妊娠中だった2017年1月には、全豪オープンで優勝もしているのですよね。

産後に持病の肺塞栓症が悪化し、死ぬ思いをしたとも明かしています。妊娠中でもテニスしたり、大変な出産だったにもかかわらず、一年もたたないうちに世界大会で準優勝したりした彼女を見ているとパワーが湧いてきますね。

全豪オープン優勝のビクトリア・アザレンカ

ベラルーシのテニス選手であるビクトリア・アザレンカは、2012年、2013年と連続して全豪オープンを制覇した元世界ランキング1位の選手です。2016年12月に出産、そのわずか7カ月後のウィンブルドンでは4回戦まで勝ち進んでいます。

しかしその後、パートナーと別れることになり、カルフォルニアの裁判所で親権問題が解決するまでアメリカを離れることを禁止されました。大会出場数が減り、世界ランキングも99位まで転落しました。「親は自分の子どもたちと自分のキャリアをてんびんにかけてはなりません」という当時の彼女の言葉は、キャリアより子どもを選んだ、堂々とした母親の言葉でした。

2018年5月から欧州の大会にも出場し始めたので、これからの活躍が気になりますね。

復帰後全米優勝したキム・クライシュテルス

ベルギーのテニス選手であるキム・クライシュテルスは、日本人の杉山愛選手とペアを組み、2003年の全仏オープンとウィンブルドンで優勝したことでも有名です。世界ランキング4位だった2007年5月に引退を表明、翌年には長女を出産しました。

その後2009年に復帰し、いきなり全米オープンで優勝、当時18カ月だった長女が優勝後にテニスコートを走り回る姿が映し出され「可愛らしい」と評判にもなりましたね。

試合終了は夜の23時頃で「娘がこの時間まで起きていられるように、今日は遅めに昼寝をさせた」という発言は、世界の最高峰で活躍するスポーツ選手でもやっぱりママなんだなと感じさせられました。テニスと育児を両立させている感じが好印象なママ選手ですよね。

まとめ

ママでありながら世界のトップで活躍するテニス選手も少なくありません。テニスは出産や子育てがあっても続けられるスポーツだということですよね。

テニスを始めるには、スクール、サークル、講習会などに参加する方法があります。まずは連絡してみて、お試しで体験させてもらいましょう。実際にコーチや周りの人を見たり、雰囲気を確かめたりすると、入るかどうか決めやすいですよ。

テニスは生涯続けられるスポーツです。無理なく長く続けて、心と体を健康に保ちましょう!

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018