就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

0歳児の成長と遊び方!保育園や英語教育に天才脳の育て方も紹介

0歳児の成長と遊び方!保育園や英語教育に天才脳の育て方も紹介

0歳児の成長は、個人差が目立ちます。成長が早くても遅くても、周りの子どもと比べて心配になったりしますよね。0歳児の成長の目安を知り、心に余裕を持って育児を楽しんでください。0歳児との遊び方や教育方法、保育園への預け入れに関する情報もご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね。

0歳児の身長や体重の発達を知ろう

成長曲線を目安に身長体重をチェックしよう

赤ちゃんが成長すると、太っているのか痩せているのか、身長が大きいのか小さいのか知りたくなりますよね。そんなときに目安にしてもらいたいのが、母子手帳に記載のある成長曲線です。

成長曲線は、厚生労働省が全国の乳幼児を対象として、10年ごとに行っている発育調査のデータをもとにグラフ化したものです。乳幼児健診で成長の目安として使われていて、子どもの身長や体重から成長曲線のどのあたりかを教えてもらえます。

子どもの成長を確認できるのが、健診のときだけでは心配なママもいますよね。最近では、ショッピングモールや支援センターなど、身長や体重を計れる測れる場所が増えてきています。成長曲線は自分でも確認できるので、子どもの成長が気になったときは調べてみてくだいさいね。

増えがよくないのはどんな理由があるの?

出生時に比べ、生後3カ月で2倍、1歳で3倍の体重になるといわれています。成長には個人差がありますが、増えないと心配になりますよね。

体重が増えない原因として、一番多いのは母乳やミルクが上手に飲めないことで起こる栄養不足です。ちゃんと飲めているのか、哺乳瓶を使って飲んだ量を確認したり、授乳前後に体重を計るとよいでしょう。

部屋が寒すぎたり暑すぎると、体温を保とうとエネルギーを消費します。また活発に動き出すと、カロリーを消費しやすくなります。母乳やミルク、離乳食で消費されるエネルギーやカロリーを補いましょう。

赤ちゃんは、身長→体重→身長と交互に成長します。体重が順調に増えていたのに急に増えなくなったら、身長が伸びている時期なのかもしれないですね。

増えすぎてしまう場合はどんな理由がある?

体重が増えないことも心配ですが、増えすぎも心配ですよね。体重が増えすぎてしまう理由は、栄養の摂りすぎが多いです。寝ているだけの月齢のときは、ほとんど活動しませんよね。あまりカロリーを消費しないので、母乳やミルクで栄養をたくさん摂るとその分蓄積されていきます。

離乳食やおやつが食べられるようになる月齢のときは、さらに体重が増加しやすくなります。離乳食やおやつの食べ過ぎで、肥満気味になってしまう赤ちゃんも少なくはありません。活発に動いているのに体重が増え続けてしまうのであれば、離乳食やおやつのメニューや量を見直しましょう。ジュースやポテトなどの子どもが好きそうな味は、早い段階で覚えさせないようにするとよいですね。

1年間でネンネからあんよまで急成長する!

寝返りは生後5カ月頃にできる子が増える

首がすわり好きな方向に顔を動かせるようになる頃、赤ちゃんは周りの見えるものに興味を持ちます。一般的に、寝返りは6カ月頃といわれていますが、早い子では5カ月に入ったくらいから寝返りをし始める子もいます。寝返りをしようという意思がなくても、近くの物を取りたくて手を伸ばしてるうちに寝返りをしてしまうこともあるでしょう。

寝返りし始めの頃は、仰向けからうつ伏せの状態になれたとしても、仰向けに戻ることができないことが多いです。また、うつ伏せの状態で手を突っ張れずに顔を床につけたままになることも多く、呼吸ができなくならないように注意が必要です。

寝返りをするようになったら、赤ちゃんの周辺の荷物は片付けをして、転がりやすい環境を整えてあげましょうね。

ハイハイやズリバイは生後7カ月頃はじまる

寝返りをするようになると、寝ていたときとは違う景色になり、興味を持つものが増えます。近くにあるおもちゃを取るために、手を伸ばし足を突っ張っているうちに進めてしまったなんてこともあります。

寝返りをし始めた時期にもよりますが、一般的に7カ月頃からズリバイやハイハイを始めるといわれています。ズリバイは、ハイハイの前段階で見られる赤ちゃんの成長です。上半身を起こす力がついていないので、ハイハイの前にズリバイをするようになります。

手を突っ張り上半身を起こせるようになると、ハイハイの姿勢が取れるようになってきます。お尻を上げて、四つん這いの姿勢を手助けしてあげると、ハイハイのコツを覚えさせやすいです。

1歳間近には歩き出す子も多い!

ズリバイやハイハイをするようになると、手を伸ばせばローテーブルなどの高さに届くようになります。自分の目線よりも高い位置のものに興味を持ち始め、手足の力で立ち上がろうとします。早い子だと、9〜10カ月頃にはつかまり立ちや伝い歩きができるようになるでしょう。

伝い歩きから1人歩きへ移行するためには、子どもが手を離す勇気を持てるかが重要です。伝い歩きのときに転んで痛い思いをしたり、慎重派の子だとなかなか手が離せず、伝い歩きの時期が長いこともあります。

成長には個人差があるので、周りの子はもう歩いているのにと焦らないでください。1歳間近には歩き出す子が多いですが、歩かない子も少なくはありません。心配なときは、1歳や1歳半健診で相談することをおすすめします。

0歳からできる!天才脳を育てる方法

聞く力をつけるためにたくさん話しかけよう

聞く力は、学習能力に効果があるといわれています。人の話をしっかりと聞けるか、話の意味を理解できるかに繋がっていきます。言葉の意味は理解していなくても、話しかけられている言葉は聞いているので、どんどん話しかけて聞く力をつけていきましょう。

生後3カ月頃からは、絵本の読み聞かせをするとよいです。絵本を読んでもらうことで、話に耳を傾ける力を育てていけます。赤ちゃんの顔を見ながら、ママが声のトーンや表情を変えることで、楽しい・悲しいなどの変化を感じ取れるようになり、より絵本の内容を聞き理解する力がつくでしょう。

また物事を考えるためには、言葉が重要です。0歳児からの絵本読み聞かせなどで言葉のボキャブラリーを増やし、自分で考える脳を育てることができるのです。

反射を利用したトレーニングを取り入れる

赤ちゃんの手のひらに指をあてると握る。赤ちゃんの口付近に来たものを吸おうとする。これらの行動を原始反射といい、赤ちゃんが生きていくために必要な反射になります。

支持反射…赤ちゃんの脇を支えて立たせると、足を突っ張って立とうとする反射です。首がすわったら支持反射を利用して、赤ちゃんの筋肉を刺激してあげましょう。

把握反射…赤ちゃんの手のひらに指を持っていくと、強く握ってくる反射です。赤ちゃんにママの指を反射で握らせ、そのまま上体を起こしていきます。この動きによって神経や筋肉に刺激を与えられます。

反射には、上記以外にも多くの種類があります。反射を利用したトレーニングを取り入れることで、神経や筋肉を刺激し赤ちゃんの成長促進が期待されるのです。

クボタメソッドの本も出ているので参考に!

クボタメソッドとは、子どもの脳力を最大限に伸ばし、健やかに幸せな子どもを育てるための手助けの方法を示したものです。記憶力や思考力、判断力といった考える力に影響する、重要な脳の領域である前頭前野の発達で頭のよさが決まると考えられています。前頭前野を、0歳から刺激して鍛えていくことで、自発的に考え、行動し、問題を解く力を持った人に成長させるための土台を築いていくのです。

クボタメソッドを取り入れた教室もあり通うこともできますが、本も出ているのでぜひ参考にしてください!1歳までに楽しみながら愛情をかけながら、脳の神経細胞を強化できる手法が記載されています。日常生活の中で、脳科学を取り入れた教育が行えるように、月齢別に紹介されているので実践しやすいですよ!

保育園のスケジュールやメリットは?

0歳児保育はいつから預けられるの?

保育園の規模や保育士の人数により、預かれる子どもの月齢や人数が決められています。認可・認可外ともに園によって規定があり、早いところで生後43日から、生後2カ月から、生後5カ月からと預かれる年齢が異なります。

労働基準法第65条に、産後8週間以内の従業員は本人からの請求がなくとも、休業させなければならない、産後6週間を過ぎた従業員から希望があれば、医師の認める業務に就かせることができると記載されています。

働くことを理由に預けるのであれば、早くても赤ちゃんが生後1カ月半を過ぎている頃になります。市役所や区役所で、市内または区内の保育園の受け入れ年齢が記載されているパンフレットなどが貰えるので、ぜひ参考にしてください。

0歳児保育のスケジュールとは?

0歳児の月齢によって保育のスケジュールが変わってきますが、一般的な流れをご紹介しますね。

8時、順次登園。クラスの子たちが揃うまで自由な時間を過ごします。

9時、朝のおやつや授乳。

10時、室内遊びや散歩。天気がよい日は、散歩用のカートや抱っこ紐などで外に出ます。

11時、離乳食または授乳。

12時、お昼寝。

15時、おやつまたは授乳。

16時、自由遊び、順次降園。

園ごとに大体の流れはありますが、0歳児はまだまだ生活リズムが整っていないので、授乳やお昼寝は個々に対応していく場合がほとんどです。ほかのお友達と一緒に過ごすことで、集団生活をしていない子どもよりも、早く生活リズムが整います。

0歳児保育のメリットとデメリットは?

保育園に入ることで、お友達と一緒に手遊びをしたり歌を歌ったり、家ではできない体験をさせてあげられる一方、子どものできた!の瞬間を見逃してしまうことが多くなります。

毎日同じリズムの生活を繰り返すので、子どもが早い段階で生活リズムを整えられる一方、ママが保育園の送迎や仕事、家事に追われ休む暇もないくらい忙しくなってしまうこともあります。

さまざまな病原菌に触れる機会が多くなり免疫が強くなる一方、インフルエンザなどの感染症をもらいやすくなります。

0歳児は、比較的に保育園に入りやすいといわれています。保育に預ける際は、ママだけの負担が大きくならないように、家族で家事などの役割分担を決めておくとよいでしょう。

0歳児からはじめる英語教育の方法

英語教育のメリットとデメリット

日常生活の中で、話し掛けられて自然と覚えていくことを母国語方式といいます。0歳児から英語教育を始めることで、母国語方式のように英語を身につけていけます。0歳児から英語に触れさせることで、遊びの一環として楽しむことができます。また、3歳頃までは発音の違いを聞き分けられるといわれており、正しい発音で覚えられます。このようなメリットがある一方で、デメリットも存在します。

早くから英語教育を始めることで、母国語である日本語の習得が遅れるのではないかという考えもあります。親が子どもに英語を強要してしまい、楽しめなくなってしまうこともあります。

0歳児からの英語教育は、勉強としてではなく英語に慣れ親しむことを目的として、楽しく行ってくださいね。

0歳児におすすめの英語教材とは

0歳児には、耳で聞く学習方法がおすすめです。英語を聞き分ける耳を作ることで、発音もきれいになります。

英語学習の専門店ALCのエンジェルコース…CD12枚とブックレット6冊のシンプルな構成ですが、乳児がいる家庭での会話や誰もが知っている童話や歌など、24編が収録された充実の内容です。

絵本を使った多読用教材のOxford Reading Tree…イギリス・アメリカ英語を収録した朗読CDとストーリーブック付き。

薄くて赤ちゃんの手のサイズにぴったりのScholasticシリーズ…25冊のミニ絵本と朗読CD付き。1冊に2語のキーワードを使った短いフレーズが繰り返し出てくるので、効率的に単語とフレーズを覚えられます。

教材を使わずに英語教育をはじめる方法

子どもが興味を持つかも分からないのにお金をかけるのは、とためらうママやパパもいますよね。教材にお金をかけなくても、英語に触れさせる方法はあります。

移動中や家事の間など、子どもに静かにして欲しいときにYouTubeを見せているママパパも多いと思います。YouTubeを見せるときに、英語のアニメや歌なども見せてみましょう。動く画面に惹きつけられながら自然と英語が耳に入っていきます。

朝や夕方に放送されている、子ども向けの英語教育番組を見せるのもよいですね。平日の決まった時間に毎日放送するので、この時間は英語を見ようねと習慣化させやすいです。短い時間で終わるので、ママも一緒に見てあげましょう。

ママパパの好きな洋楽を一緒に聴くのもおすすめですよ。

0歳児におすすめのふれあいリズム遊び

リズム遊びとはどんなもの?

リズム遊びとは、子どもが発達していく段階で会得していく動きを中心に構成されています。現代の子どもたちは、寝返りをしたりハイハイをしたり成長が早く見えますが、成長段階が早く進むことでその時期に必要な運動を十分に行えてないことが問題となってきています。例えば、両生類ハイ(腹をつけたハイハイ)や子馬 (四つ足はい)などの動きです。

最近では、転んでも手が出ない、ボールが飛んで来ても頭を守れないなど、危険から瞬時に身を守ることができにくい子どもが増えてきているといわれています。リズムに合わせて体を動かし遊ぶことで、体を動かす楽しさや自分の体をコントロールする力を学べます。それによって、瞬時に危険を感じ取り回避できる俊敏性を養うことができると考えられています。

0~6カ月のふれあい遊びの例

首がすわるまでは、顔の近くで話しかけたり笑ったり困ったり色々な表情を見せてあげましょう。手足やほっぺなど触ってスキンシップをするのもよいです。

目で物を追うようになったら、音の鳴るおもちゃを左右の耳の横や頭の上で鳴らして、どこにあるかなと探す遊びをしてみましょう。首の運動になるので首すわりの時期にオススメです。

首がしっかりとすわったら、体を横に揺らす遊びを入れましょう。優しく左右にゆらゆらとゆりかごのように揺らしてあげたり、体をくすぐったりすることで体をねじる運動になり、寝返りの練習にも繋がります。

興味のあるものに手を伸ばすようになったら、ボールなどを転がしてパスして遊びましょう。初めは受け取るだけですが、真似をして返してくるようになります。

6~12カ月のふれあい遊びの例

腰がしっかりとしてきたら、ママパパが寝っ転がり子どもを手足で支えて飛行機ごっこをしましょう。全身の筋肉を使うので、体幹が鍛えられます。

1人で座れるようになったら、ブロックを積んで壊したり、タオルなどを引っ張ったりする遊びを取り入れます。子どもは、ティッシュを箱が空になるまで出したり、積んで置いてあるものを崩したりするのが大好きです。そんな好奇心と欲求を満たす遊びをしてあげましょう。掴んだり引っ張ったりする動作で、手先を鍛え器用さを養えます。

ハイハイや伝い歩きをするようになったら、鬼ごっこも取り入れましょう。まてまてと追いかけることで楽しんで腕や足を鍛えていけます。

楽しくふれあいながら、遊びの中で子どもの体を鍛えていきましょうね。

0歳からの絵本。コツやおすすめの本

0歳から絵本を読んだ方がよい理由は?

絵本の内容を理解できるのは2歳ごろになりますが、0歳児からの絵本の読み聞かせにより興味や好奇心、聞く集中力を養えます。

絵本を読んでいる間は、ママやパパとの密な時間となり安心できる時間です。ママの声は胎児のときから聞いているので、とても安心できる声になります。ママやパパの優しい声は、オキシトシン(愛情ホルモン)の分泌を促すと考えられています。子どもが安心できる環境でオキシトシンが十分に分泌されると、知能レベルやストレス耐性を高める効果もあるといわれています。

0歳児では、絵本を聞いているだけ見ているだけですが、成長とともに創造力がつき物語の展開を考えるようになります。感情を表現しながら読むことで、豊かな感情や心を育てられるでしょう。

読み方がわからない!読み聞かせのコツ

まだまだ、絵本の内容を理解してもらうのは難しいです。内容を伝えることよりも、赤ちゃんに楽しんでもらえうように心がけてくださいね。

読むときの姿勢は、一緒に寝転がってかお膝に座らせて、ママの体温を伝えながら読んであげましょう。赤ちゃんが安心して絵本に集中できるようになります。

ママやパパに話しかけられているだけで、赤ちゃんは喜びます。赤ちゃんの表情を見ながら、楽しいね、悲しいねと表情を変えながら感情を表現してあげましょう。ころころ変わるママの表情に、赤ちゃんは釘付けになるでしょう。声のトーンを変えてあげると、さらに感情が伝わりやすいです。

ガタガタやブクブクなどの擬音語や繰り返しの多い絵本を読むと、子どもの興味を引きやすく楽しみやすいですよ。

赤ちゃんに人気の絵本ランキング

赤ちゃんに人気の3作品をご紹介しますね。

【3位 はらぺこあおむし】…ママやパパも子どもの頃に読んだ記憶がありませんか?はらぺこのあおむしがお腹を空かせて食べ物を探していくお話です。軽快な歌もあるので、読むときには歌も調べてみるとより楽しく読むことができそうですね。

【2位 だるまさんシリーズ】…だるまさんが、だるまさんの、だるまさんとの3シリーズあります。ぷくっとしただるまさんが面白い動きをする絵本で、読みながら動きを真似するだけで赤ちゃんは大笑いです。

【1位 くっついた】…ページをめくると、くっついた!の繰り返しをする絵本です。最後は、赤ちゃんのほっぺを挟んでママとパパでくっついた!とスキンシップをしながら楽しめますよ。

0歳でも楽しめるおもちゃ3選をご紹介!

なんでも口に入れる赤ちゃんに「歯固め」

赤ちゃんは、なんでも口に入れてしまうのでおもちゃ選びは慎重になりますよね。赤ちゃんは、目がぼんやりとしか見えてないので、傍にあるもの手に触れたものを口に入れて舐めることで、どんなものか確認をしているようです。

そんな赤ちゃんにぴったりなおもちゃが、「歯固め」です。見た目がカラフルでかわいいもの、鈴の音が鳴るものや笛のように音を鳴らすもの、ミラーの付いているものなど種類が豊富です。冷蔵庫で冷やしてから使う「歯固め」は、夏場におすすめですよ。

赤ちゃんが持ちやすく、カミカミしやすいものを選んであげましょう。小ぶりなものが多く、カミカミする以外にも楽しめるので、お出かけ用のおもちゃとして持ち歩くのにも便利です。

赤ちゃんでも握りやすい「オーボール」

「オーボール」は、ポリウレタン樹脂製の柔らかいボールで、大きな網目になっているので赤ちゃんの小さい手でもしっかりと掴むことができます。口に入れても大丈夫な材料で作られているので、安心して持たせることができます。また、汚れたら洗うこともできますよ。

「オーボール」は軽いので、赤ちゃんが振り回している間に指から外れ、遠くに転がっていってしまうこともあります。外出中に遊ばせるときは、ベビーカーや抱っこ紐に紐などでくっつけておくと、落として無くしてしまう心配も無くなるので安心ですよ。

網目の一部にビーズラトルが埋め込まれていて、振ったときにシャカシャカと音がするものもあります。ビーズラトルが付いている「オーボール」の方が、人気が高いようです。

寝返る前から楽しめる「メリー」

「メリー」は、新生児から使えるおもちゃです。赤ちゃんは視力が未発達なので、カラフルな人形の付いた「メリー」は視覚の刺激になり視力の発達に役立つといわれています。

「メリー」には、人形が回るものや回らずに引っ張って遊ぶもの、ライトが点くものなどいくつか種類があります。収録されている音楽の数や種類も異なるので、購入の際にはチェックしてくださいね。

形を変えて使えるものが多く、赤ちゃんの生活環境に合わせてベット型や置き型にできます。おむつ交換などじっとしていて欲しいときに、「メリー」を使うと音楽と目の前の人形に気を取られ、大人しくなる子が多いでしょう。「メリー」を見ている間に寝てしまう子もいるので、寝かしつけにもお役立ちです。

まとめ

0歳児の成長は目まぐるしく、あっという間に寝たきりの乳児から1人歩きの幼児になります。ほかの子と比べてしまう時期ではありますが、大らかな気持ちで成長を見守ってあげてくださいね。

天才脳や英語脳に育てるには、1歳までの1年間が大切です。遊びながら楽しみながら赤ちゃんの五感を刺激していき、脳を活性化させましょう。

仕事復帰を目指しているママは、家事・育児と仕事の両立が待っていますね。家族で分担できることは分担し、赤ちゃんとママが保育園生活にスムーズに入っていけるようにしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018