就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4人家族の洗濯機事情とは?買い替えにおすすめの容量と人気機種

4人家族の洗濯機事情とは?買い替えにおすすめの容量と人気機種

子どもがいる家庭は、タオルや着替え、シーツなど洗濯物が山盛りで毎日大変ですよね。「そろそろ洗濯機を買い替えたいな」と思っている人もいるかもしれません。そこで気になるのが「我が家に合った容量や機種はどれか?」ということ。今回は、4人家族の洗濯機事情と、買い替えにおすすめの容量や人気機種を紹介します。

先まで見据えた4人家族にぴったりな容量

目安となる計算をしてみよう

洗濯機は、頻繁に買い替えるものではないですよね。そのため先まで見据えた、4人家族にぴったりの容量を選ぶことが大切です。

まず、洗濯機の容量はどれぐらい必要か、目安となる計算をしてみましょう。計算方法に【人数×1.5kg+1kg】というものがあります。

1日あたり1人分の洗濯物量は、1.5kgといわれています。また、それ以外にもシーツなどを洗うこともありますよね。そのため、家族の人数分の重さプラス1kgは余裕をもたせましょう。これを4人家族にあてはめると【4×1.5kg+1kg】となり、目安の洗濯機の容量は「7kg」必要と考えることができます。また、毛布など大物洗いをしたい場合にも、7kg以上のものを選ぶとよいですよ。

ママの洗濯頻度も容量に関係する

みなさんは、どれくらいの頻度で洗濯機を回していますか?洗濯機の容量は、ママの洗濯頻度にも関係してきます。

家庭によっては「子どもがまだ小さくて、それほど洗濯物が溜まらないので、2日に1回」という人もいれば、「幼稚園の体操服や昼食セットなど、毎日洗濯しないと追いつかない」という人もいるでしょう。このように、同じ人数であっても家庭により洗濯の頻度は違ってきます。

先述した「4人家族で7kg」は、毎日洗濯する場合に適した容量です。2日分まとめて洗濯する場合には、1日に2回洗濯機を回さなくてはいけなくなります。1日あたり1人につき1.5kgも洗濯物が出ない場合でも、2~3日分をまとめて洗うなら7kgより大きな容量で検討するとよいですよ。

4人家族なら10kgあれば安心

一般的には、洗濯機の寿命は6~7年といわれていますが、人によっては10年以上もつこともあるものです。そのため、今だけを考えて洗濯機の容量を選んでしまうと「2~3年後には容量オーバー」ということも考えられます。

洗濯物は、子どもの成長とともに増えていくものです。たとえば、外遊びで服を汚して着替えが増えたり、プールやサッカー、野球などの習いごとを始めて、それらの洗濯物が増えたりするかもしれません。また、服のサイズも大きくなるため、服一つに対しての重さ自体も増えるのです。

そのため、育ち盛りの子どもがいる4人家族では、7kgでは足りないこともあります。置ける場所さえあれば、ゆとりをもって大きめの「10kg」がおすすめですよ。

縦型とドラム式双方のメリットとデメリット

縦型のメリットとデメリット

容量の次は、洗濯機のタイプを検討してみましょう。洗濯機には「縦型」と「ドラム式」の二つがあります。双方のメリット・デメリットを考えて、ぴったりの洗濯機を選んでください。まず、水流でのもみ洗いで汚れを落とす「縦型」洗濯機についてです。

【縦型のメリット】
・多くの水を溜めて洗うので、洗浄力が高く洗剤残りが少ない
・一時停止を押すことで、運転中でも洗濯物の追加ができる
・本体自体がコンパクトで軽め
・ドラム式に比べて価格が安い
などがあります。

【縦型のデメリット】
・水の使用量が多い
・衣類の絡みがドラム式より多い
・縦型の形状なので大物洗いのとき、出し入れがしにくい
・縦型の乾燥機能は、ドラム式より時間がかかる
などがあります。

ドラム式のメリットとデメリット

次は、たたき洗いで汚れを落とす「ドラム式」洗濯機についてです。

【ドラム式のメリット】
・縦型より大幅に節水して洗うことができる
・洗剤の使用量が少ない
・本体上部のスペースが有効活用できる
・洗濯物が絡みにくく、痛みにくい
・乾燥が早い
・大物洗いも出し入れしやすい
などがあります。

【ドラム式のデメリット】
・縦型と比べるとやや洗浄力が劣る
・水量が少ないため、色移りしやすい
・サイズが大きく重量がある
・本体価格が高い
・運転中開けることが難しい
などがあります。

それぞれにおいて、一長一短があることがわかりますね。洗濯機は日々進化しているので、今デメリットとして挙げた部分が、解消されている機種も出てきていますよ。

どちらにするか選ぶときの注意点

「縦型」「ドラム式」どちらにするか選ぶときは、「設置可能なサイズかどうか」「扉の開閉が問題なくできるかどうか」を確認することも大切です。

大体洗濯機置き場は決まっていることが多く、そこに合うサイズを購入する必要があります。扉・階段・エレベーターなど、搬入経路も確認してくださいね。

また、扉の開き方もチェックします。上に扉が付いている縦型なら洗濯機上部に、ドラム式なら正面にスペースが必要です。さらにドラム式は、間取りによって右開きか左開きか、使用が限られることがあるのでしっかり確認しましょう。

その上で「本体価格」「洗浄力」「節水性」「乾燥機能」など、使用したい機能や家庭で洗濯に重視する点を考えるとよいですよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版