就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがお米を食べない!理由と食べてもらうために試してみたい対策

子どもがお米を食べない!理由と食べてもらうために試してみたい対策

炊き立ての白いご飯は、日本人にとって「美味しい」ものの代表です。国民の主食であるお米ですが、なぜか子どもたちが食べてくれないことが多いようです。「どうしてうちの子はお米を食べてくれないの?」と悩んでいるママに試してほしい対策をご紹介します。

子どもがお米を食べてくれないのはなぜ?

空腹でないと好きなおかずが優先に

子どもの食が細いことは、たびたびママの頭を悩ませる種になりますが、なかでもお米を食べてくれないのは困りますね。お米は、日本人の主食として食卓に上る頻度も多く、1日のうちに1度は食べることが当たり前という人も多いはずです。

ですが、子どもにはまだそんな当たり前は通用しないので、好きなものから優先して食べてしまうことがあります。とくにお腹が空いていないと、好きなおかずから食べ始めてご飯まで到達しないこともよくあります。

「食事の前におやつを食べ過ぎるとご飯が食べられなくなる」とよくいわれましたが、まさにそのとおりでメリハリのない食習慣が、子どもの食が細い原因になっていることがありますので注意しましょう。

味覚の変化で味を淡白に感じることも

離乳食は薄味で、出汁や食材の味を大切にするのが基本でしたが、それは未完成な消化器官を守るためにも、繊細な味を感じ取れるようにするためにも必要なことです。しかし、離乳食も後期に入ると色々な味を経験し、幼児用スナックなどの甘さやケチャップ、マヨネーズなどの調味料の味も覚えてきます。

すると、淡白なお米の味に飽きてしまい、食べるのを嫌がることがあるようです。ただ、濃い味に慣れてしまうと、そればかり求めるようになり塩分過多やカロリーオーバーにつながることがあります。

お米以外の炭水化物、パンやパスタなどを食べているようならば問題ありませんので、子どもが望むままにふりかけなどをかけすぎないようにしましょう。

ほかにも色々理由が。優しく聞いてみよう

お腹が空いていないことや、お米自体の味に不満がある場合以外にも理由がないか子どもに優しく聞いてみましょう。もしかしたら、お茶碗が気に入らなかったり白い色が嫌だったりと意外な理由があるかもしれません。

子どもの着眼点はときに独特で、大人もびっくりさせられるような意外な理由が隠れている場合があるので、ママも固定観念だけで判断しない方がよさそうです。気分によっても食べたり食べなかったり、理由がないときももちろんあります。

ママは子どもがお米を食べないことに一喜一憂せず、いつかは食べてくれることを信じてゆっくり構えましょう。ママが「食べなさい!」と声を荒げることがストレスになって食べれなくなることもあるので気を付けましょう。

ご飯を食べてほしい!とママたちは切実

ふりかけ以外もある「味付けを変える作戦」

子どもがお米を食べない理由には「味がない」「色が可愛くない」など不本意なものが多くあります。そこで、大活躍するのがふりかけですね。

白いご飯がたらこのピンクや卵の黄色でカラフルになるだけでなく、お気に入りのキャラクターのパッケージに入っているだけで子どもの興味がそそられます。ただ、塩分が気になるので使い過ぎには要注意ですね。

味付けを変えるには、市販のふりかけ以外にも健康的で安全な食材があります。すりごま、青のり、かつお節はうま味成分や健康成分がたっぷり含まれていて、日々の食事で不足しがちなカルシウムやミネラルなどの栄養素を補うのにぴったりです。

ほかにもそぼろや炒り卵など、手軽な食材で味に変化を持たせてみましょう。

今日はどのお椀にする「食器を変える作戦」

毎日同じお茶碗に白いご飯では代わり映えせず、それが子どもがお米を嫌がるきっかけになっているかもしれません。子どもは食べる雰囲気が変わるだけで、食べる意欲が増すことがあります。

その簡単な方法が「食器を変える」ことです。たとえば、お子様ランチのようなプレートやレストランのようにご飯をお皿に盛りつけるのも目先が変わって楽しくなります。

型抜きを使ってウサギやクマなどの可愛い形にご飯を整えるのも受けがよいです。お茶碗が赤ちゃん時代から変わっていないようならば、子どもと一緒に買い物に出かけてお気に入りのお茶碗を購入してもよいですね。

器は食事の味を決めるといっても過言ではない大事な要素です。お気に入りの食器で食事を楽しみましょう。

おかわりができたら儲けもの「小盛り作戦」

子どもが達成感を味わうことで、大きな自信になり苦手を克服することができます。お米をお茶碗に盛るときに、まずはほんの一口で食べきれる量で配膳しましょう。

子どもが全部食べられたら、ママが思いっきり褒めます。「すごい!全部食べられたね」といって、子どもが嬉しい気持ちになれば成功です。

子どもはママの喜ぶ顔がみたいので、頑張って食べてくれるようになるかもしれません。小盛り作戦でおかわりできるようになり、徐々にお米の味に慣れ食べることが普通になればもう克服したも同然です。

なかには、箸やフォークを使うことが面倒だと思う気持ちがある子もいるので、小さい一口おにぎりを用意して食べやすくする工夫をするのもアイデアです。

頑張ってもダメなら諦めてみるのもあり

お米でなくても炭水化物は摂れる

お米は日本人の主食ですが、世界ではパンやパスタ、ジャガイモなどが主食として食べられています。「日本人だから」とお米を食べてほしい気持ちは分かりますが、嫌なものを無理やり食べさせても余計に苦手意識を増幅することになってしまいます。

ここは子どもの意思を尊重して、お米以外の炭水化物をメインに献立を考えてみましょう。ただ、パンやパスタはどうしても合わせる食材によって脂質が多くなりがちなので、なるべく脂質を抑えて栄養バランスを考えた献立にしたいですね。

この機会にお米をメインとしない各国の料理を作って食育の場にするのも楽しくなります。最後に和食に立ち戻れば、白いご飯の美味しさを再確認できるかもしれませんね。

子どもの好き嫌いは一過性のことも

今日嫌いだったものが明日は大好きに、昨日好きだったものが今日は気に入らないなど、食べ物に限らず子どもにはよくあることです。ママは気にしすぎないで余裕を持った対応をすることが大事ですね。

子どもがお米を食べないからといって、これから先ずっと食べないとは考えにくいものです。ママの「この子はご飯が嫌いだから」という思い込みでお米を食べるチャンスが失われますので、子どもに今すぐ食べてもらうことは諦めても、食卓にあげることはやめないようにしましょう。

子ども自身のお米が「嫌い」という理由も、いずれ変わったり忘れてしまったりします。そのとき、ママとパパが美味しそうにご飯を食べていれば、自然にお米が食べられるようになりますね。

ママと楽しく食事できたら子どもも嬉しい!

ママが食事のたびにご飯を食べないことに怒ったり不機嫌になったりしているとしたら、子どもは「食べる」こと自体がストレスになっている可能性があります。誰だって、食事は楽しく食べた方が美味しいに決まっています。

子どもに栄養満点のご飯をたくさん食べてほしい気持ちはどんなママでも一緒です。手作りのご飯を残されたら嫌な気持ちになるのも同じです。

ですが、子どもだって「怒っているママ」は嫌なはずです。ママの気持ちを切り替え、食べても食べなくても楽しい雰囲気を心がけて、子どもに「食事は楽しい時間」と印象付けるようにしてみましょう。

お米を食べないことは時間が解決してくれることがほとんどです。ママが怒っても解決しませんので頑張りすぎないでくださいね。

まとめ

多くの外国人は「白いご飯」が苦手です。その理由は味がしないからだそうです。

世界的にみても、水で炊いただけのお米を食べるのは珍しいので、子どもが淡白なお米の味をいったん嫌いになる気持ちも不思議ではありません。ですが、白いご飯を美味しく食べるためのおかずが日本にはたくさんあります。

離乳食や幼児食で日本の食材を食べていれば、遠回りしてもいつかは日本人の味覚に落ち着きます。味覚は年齢によっても変化していきますので、焦らず見守っていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018