就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 子どもと一緒に家遊び!女の子の特徴と一緒に楽しむ遊び方

子どもと一緒に家遊び!女の子の特徴と一緒に楽しむ遊び方

同じ年齢の子どもでも、男の子と女の子では性格や行動面において大きな違いがあり、育てる際、子どもの性別に応じた対応や注意が必要です。そこで今回は、女の子の特徴と教育の際注意したいこと、オススメの家遊びについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

男の子とは違う女の子の3つ特徴

女の子は親の真似をしたがる

子どもにもよりますが、女の子は親の真似をよくしたがります。4歳ぐらいになってくると観察力も優れてくるので、ママの口癖を真似てみたり、ママがお化粧している様子をみて自分の顔にペンやクレヨンで色を塗ってみたりなど、思わず笑ってしまうようなこともよくあります。

幼稚園や保育園に通っている子どもの場合、担任の先生や保育士さんの真似をするのも得意です。友人の子どもも、まるで先生のような口ぶりでママに話すので、「先生が子ども達にどんな風に接しているのかがよくわかる」と友人が笑いながら話していました。

このように、普段よく接する大人の真似をするのが上手なので、ママやパパは家庭内での言動に注意したいですね。

女の子はおしゃべりし始めるのが早い

家庭環境にもよるものの、女の子は男の子に比べ、おしゃべりを始めるのが早い傾向にあります。女の子は基本的にコミュニケーション能力が高く、お世話をするのも好きなので、おしゃべり上手になりやすいといえます。

今まで単語の羅列だったのが、3歳ぐらいからだんだんと文章が長くなり会話も上手になってくるので、ママも子どもとの会話を楽しむようにしましょう。ママとの会話の中でさらに色々なボキャブラリーを吸収し、使うようになってきます。

4歳ぐらいになると、さらにお話上手になり、きちんとした会話を楽しむことができます。わからない言葉があると「それってどういう意味?」と聞いてくることもしばしばあるので、ママは言葉遣いに気をつけましょう。

女の子は親の感情に敏感

女の子は、男の子よりも親の感情に敏感だと言われています。実際、ママとパパが子どものみていないところでケンカをし、子どもの前では普通にふるまっているつもりでも、女の子は「ケンカしてるの?」と見破ってしまうことも。

女の子はアイコンタクトをとることが多く、さらに相手の表情を読むのが得意なため、感情の微妙な変化にも気がつきやすいのです。特に、長い時間を一緒に過ごしているママの感情の変化には敏感なので注意しましょう。

親に叱られたあと、最初はすねていても、しばらくするとまるで親のご機嫌をとるように急にあまえてくることもあります。「叱ったばかりなのに」と思っても、そんなときはしっかりと抱きしめるようにしましょう。

子どもの教育!女の子に注意すること

子どものしたいことを尊重する

女の子ママの場合、子どもが自分と同性であるために、つい無意識に小さい頃の自分自身と娘を比べてしまうことがあります。「私がこの年齢のときにはこれぐらいもうできたら、この子もできるはず」と思って、無理強いしてしまうこともあるかもしれません。

また、「小さい頃バレリーナになりたかったけれどなれなかったから、娘にはなってほしい」などというように、自分の夢を子どもにたくさないように気をつけてくださいね。子どもは、自分とは別の人格を持つ別の人間です。

ママが興味のなかったものに、子どもは興味を示すかもしれません。そんなとき、むやみに反対したりせず、子どものしたいことを尊重するようにし、できるかぎりのサポートをしてあげたいですね。

感情的に怒らず説明して叱る

子どもが何かしてはいけないことをしたとき、ついカッとなって感情的になることもあると思います。まずは一度深呼吸して、ママの気持ちを落ち着けるようにしましょう。

女の子は親の感情に敏感なので、感情的に上から目線で怒ると、反抗して黙り込んでしまうこともあります。そうなると、どれだけ注意しても親の意見が耳に入らなくなってしまうので逆効果です。

叱るときは、まず最初に子どもの気持ちに寄り添い、共感するようにしましょう。女の子は共感を求めています。

それから、どうしてママは叱っているのか、どうしてそんなことをしてはいけないのか、どうするべきなのかをきちんと言葉にして説明するようにしましょう。きちんと説明すればわかってくれますよ。

子どもを非難せずしっかり褒める

女の子は男の子に比べて協調性が高いがゆえに、人と違うことをするのを嫌がったり、他者の目を気にしやすい傾向があります。もし、子どもがちょっとほかのお友達と違う工作をして、ママ的には「形や色が変だな」と思っても、子どもを非難せず「上手にできたね」としっかり褒めることが大切です。

非難されると、子どもは人目を気にして個性を出さなくなってしまうので、くれぐれも対応に気をつけたいですね。女の子は言葉に敏感なので、ママやパパのちょっとした一言でもすぐに反応してしまいます。

特にパパは、思ったことをダイレクトに表現してしまいがちなので、子どもが工作やお絵かきなど見せてきたらうっかり非難することのないよう、事前にパパにも伝えておきましょう。

女の子の子どもが好きな家遊びは?

想像を豊かにするお絵かき

男の子は外で活発に遊ぶのが得意な傾向がありますが、女の子は想像を豊かにするお絵かきが得意なことが多いですよね。プリンセスの絵や、好きなアニメキャラクターの絵を自分なりに描いてみるなど、白い紙の上に自分の好きな世界を描いていくのが大好きです。

クレヨンやフェルトペンで描いてみたり、絵の具で色を塗ってみたりなど、お絵かき道具も色々試すのが好きなので、家でもお絵かき道具を一式揃えてみましょう。お気に入りの一枚が描けたら、額に入れて飾ってあげると喜びますよ。

4歳ぐらいになると絵を描いて友達や家族にプレゼントすることもあります。そんなときはちょっと大げさに喜んであげると、子どものお絵かきへのモチベーションもアップするかもしれません。

26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版