就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目が欲しいけど貯金がない!お金がなくても2人目は頑張れる?

2人目が欲しいけど貯金がない!お金がなくても2人目は頑張れる?

少子化が話題となっている現代。子どもの出生率の低さには、若い世代にお金がないことも理由の一つになっています。「子どもはたくさん欲しい。でも貯金がないから不安で…」と2人目をあきらめてしまうママ、パパも少なくはないでしょう。今回は2人目の出産、育児に必要なお金を分かりやすくご紹介します。

出産~育児にかかるお金を再確認しよう

妊娠~出産時にかかるお金

妊娠は病気や怪我には含まれないので健康保険の対象外です。したがって、妊婦健診(妊婦健康診査)の費用は全額自己負担となります。健診は標準的には14回受けることになり、初診料が5,000~8,000円、その後1回の健診ごとに4,000~5,000円程支払うことになります。通常の健診以外の任意の検査は別途費用が必要です。

出産時の費用(分娩、入院費など)はかなり高額で、平均的には50万円程度かかります。こちらも保険が効かないからですが、帝王切開など特別な治療をした場合はまた別です。

健診、入院、分娩も病院によって金額設定が違うので、上記の費用はおよその額です。また公的制度により健診や出産費用には助成金が出るため、実際の費用はかなり抑えられます。

新生児~乳児期にかかるお金

赤ちゃんが生まれた後は、おむつやミルク、衣類に加え、寝具やベビーカーなどのベビー用品や行事(お宮参り、お食い初めなど)が主な出費となります。

新生児にかかる平均的な出費は1カ月およそ12,000円といわれています。衣服代が5,000円程、粉ミルクとおむつ代がそれぞれ3,000円程、おもちゃなどの雑費が2,000円程といった内訳です。

おむつとミルクは毎日必ず必要なので、出費割合も大きくなりますが、完全母乳のママの場合はミルク代がほぼ必要なくなります。そして半年後くらいから離乳食代が加わります。

ベビーカー、ベッドやチャイルドシートなどは、一回買ってしまえばすむとはいえ大きな出費となるため悩みどころですね。

保育園や幼稚園でかかるお金

子どもが成長するにつれて、保育園や幼稚園が気になってくることでしょう。保育園と幼稚園の違いについて、まとめておきます。

●保育園…保護者の就労などで十分な保育を受けられない就学前の幼児(0歳から小学校入学前)を預かってもらえます。金額は認可で月およそ10,000~70,000円と変動あり。金額はお住まいの市区町村で保護者の所得や納税額により決定されます。あとは園により保育に必要なものの費用が別途かかります。

●幼稚園…対象は3歳から未就学児となり、金額は公立で年間およそ12万円、私立ではおよそ30万円。保育園と違い料金は一律となり、さらに入園金や制服代などもかかります。

ご家庭のライフスタイルにより、どちらを選ぶかで金額も変わってきますね。

2人目は1人目ほどお金がかからない

乳児期の衣類や育児用品は使いまわせる

これまで大まかに妊娠から産後の育児にかかる金額をご紹介してきましたが、実際に2人目を育てるとなったとき、思っているほどお金がかからない場合もあります。

まず、子どもの衣類や育児用品などは、2人目を希望している場合は上の子のものをある程度残しておくことで下の子に流用できます。衣類は性別が違う場合も、特に気にならないようでしたらそのまま使ってしまった方が出費を抑えられます。ただし、上の子と生まれてくる季節が違うときは多少注意が必要です。暑いときは薄手の服を、寒いときは厚手のものを何枚か買い足してカバーしましょう。

1人目のときには高価に感じる育児用品も、2人目にもそのまま使えるものであれば購入しておいて損はないかもしれませんね。

2人目の保育料は半額

少子化対策が叫ばれている今、調べてみると国では子どもにかかる費用への様々な助成がありますね。その中でも、多子世帯とひとり親世帯で2人目の子どもの保育料が半額になるという制度が存在します。

お住まいの自治体により異なる場合もありますが、年収が360万円以下の世帯では子どもの保育料が2人目半額、3人目無料となり、保育園だけでなく幼稚園や認定こども園でも適用されます。ちなみにひとり親家庭では1人目から半額、2人目からは無料となります。

さらに「幼児教育無償化」が2019年10月より本格的にスタートするとともに、3~5歳までは保育園・幼稚園の負担額が無料、0~2歳までも両親の所得により無料となるため、保護者の負担もだいぶ変わってきます。

兄弟で布おむつを利用すればさらに経済的

育児にかかる費用の中でも、おむつ代は大きな割合を占めます。そこで、思いきって紙おむつを布おむつにしてみるのはいかがでしょうか。

紙おむつにも布おむつにもメリット・デメリットはそれぞれありますが、費用の面だけでいえば単純に計算しても3年間でおよそ10万円も変わってくるのです。

布おむつのメリットは安さのほかに、ゴミが少なくエコであったり、濡れた不快感を感じやすく子どものおむつはずれが早くなったりするといった点もあります。

忙しい中の洗濯の手間などで布おむつへの移行に抵抗のある方は、紙おむつとの併用がおすすめです。忙しく簡単にすませたいときなどは紙を使い、普段を布に変えるだけでもだいぶ金額が違ってくるかと思います。

2人目希望なら今から対策と計画を!

幼児期までに貯めたい理想の貯金額は?

2人目をこれから欲しいと思ったとき、どのくらいの額をどのように貯めればよいのかをあらかじめ考えておくとよいでしょう。また、お金を簡単におろせないよう大人の生活費や貯金とは別に子ども名義の専用口座を作っておくことをおすすめします。

現在、子どもを大学へ行かせるために必要な教育費はおよそ1,000万円(すべて私立では2,000万円)といわれています。さらに、大学入学までに300万円ほどの貯金があるとよいそうです。これだけ聞いてしまうと実現不可能のように感じてしまいますが、児童手当に手をつけず貯めていくだけでも結構な額になります。

まずはあまりお金のかからない幼児期の3歳までに、少しずつでよいので100万円ほど貯められるよう目標を立てましょう。

働いているママは時短でなくフルタイムを

時短とは読んで字のごとくフルタイムではなく短い時間で勤務をすることであり、おもに育児休業明けのママが利用することが多い制度です。小さい子どものいるママにはとても助かる制度ですね。

時短勤務を利用して働きながら「そろそろ2人目を…」を考えているママもいらっしゃるかと思いますが、ここで一つ気をつけたいポイントがあります。

それは、時短勤務中に2人目を妊娠、出産する場合は産休・育休の手当も減額してしまうという点です。こういった給付金は給与の総支給額から計算されるため、時短勤務で給与が減っていると手当も減額となってしまいます。

現在時短勤務をされているママで2人目をお考えの場合は、タイミングを見計らってフルタイム勤務に戻ってみてはいかがでしょうか。

タイミングを見て夫婦で働く選択も

現在専業でいるママにも様々な理由があるかと思います。しかし、経済的にもう少し余裕が欲しいといった場合には、夫婦で働くという選択肢があってもよいのではないでしょうか。

育児をしていてどの時期が一番働き出すのに適しているタイミングなのかというと、実は貯金をしておきたい3歳までの幼児期の間がベストという考えがあります。

「子どもが小さいうちから働くなんてかわいそう」といった意見があることも理解できます。しかし子どもがある程度幼く、物心つく前の2~3歳ころに保育園での集団生活にうまく慣れさせてあげると、ママが働いていることが自然となり子どもにもママにも精神的負担がかかりにくくなります。

親子で納得できるようなタイミングで働けることが理想的ですね。

まとめ

妊娠・出産は長い人生の中でも大きな転機となりますね。新しい家族が一人増えるわけですから、負担が増えるのも当然です。特に金銭的な悩みはなかなか尽きることがありませんが、調べてみると現代の出産・育児では様々な助成が受けられることも分かりました。

もし現在貯金がほとんどない状態だとしても、これからできることはまだまだたくさんあります。ぜひあきらめずに、新しい家族を迎えられるよう夫婦で考えてみてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018