就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ワーキングマザーのライフスタイル!仕事と育児を両立させるコツ

ワーキングマザーのライフスタイル!仕事と育児を両立させるコツ

ワーキングマザーは増えてきていますが、両立をする上で様々なことに悩みますよね。「このまま仕事を続けられるかな」「子どもと過ごす時間が少ないからかわいそうかな」など、両立を迷っている方もいるでしょう。ここでは、ママたちがどんな悩みを抱えているのか、両立を頑張るコツなどをご紹介します。

ワーキングマザーの悩みと日々の過ごし方

ワーキングマザーの家庭内での悩み

最近は共働き家庭が増えてきており、出産をしてからも仕事復帰してフルタイムで働くママもたくさんいますよね。しかし、仕事復帰をしてお家で子どもと過ごす時間が減ったことに、罪悪感を持っているママたちも多いようです。

子どもを朝早くからママの仕事が終わる夕方まで保育園に預けていると、帰宅してから寝かしつけまでの少しの時間しか子どもと遊んだり、話したりすることができませんよね。お家にいるあいだずっと子どもと遊ぶことができればよいですが、ママは料理や洗濯などの家事もこなさなくてはならず、お家にいるときもバタバタと忙しく動いていることでしょう。

仕事と家事で手がいっぱいになって、子どもとゆっくりふれあう時間がないと「このままでいいのかな」と悩みますよね。

ワーキングマザーのお仕事中の悩み

ワーキングマザーは家庭だけでなく、仕事中の悩みも抱えながら頑張って働いている方はたくさんいますよね。とくに、小さな子どもがいると体調不良になることも多く、急に熱を出したり、保育園から「◯◯ちゃんの体調が悪いのでお迎えにきてください」と電話がかかってきたりなどで、職場に迷惑をかけることもあるでしょう。

子どもの体調不良が頻繁にあると「周りの人にどう思われているのかな」「迷惑をかけながらこのまま働いていてもいいのかな」と、仕事を続けてよいのかどうか悩みますよね。子どもの体調不良は仕方のないことだと分かっていても、思うように働けないことにストレスを抱えている方も多いですよ。

欠勤や早退が続くと周囲に気兼ねして、両立に不安を抱えるときもあるでしょう。

ワーキングマザーの一日のスケジュール

仕事や育児で忙しい毎日を送っていると「ほかのママたちはどんな時間の使い方をしているのかな」と気になる方も多いでしょう。ここでは、フルタイム勤務をしている先輩ママの一日を見ていきましょう。

5:00 起きて自分の準備、お弁当作り
6:30 子どもを起こして朝ごはん
7:30 パパ出勤、保育園準備
8:00 子どもを保育園に送り出勤
9:00~17:00 仕事
17:30 保育園お迎え
17:45 帰宅、お風呂や夜ご飯の準備
18:30 子どもとお風呂
19:00 パパ帰宅、夜ご飯
20:00 後片付け、子どもと遊んだりスキンシップをとったりする
21:00 子どもの寝かしつけ
21:30 洗濯や翌日の夕飯準備など、家事をする
23:00 就寝

働き方別のメリットとデメリットとは

上手に時間をやりくりしてフルタイム

ワーキングマザーといっても、様々な働き方がありますよね。ここでは、働き方別にどんなメリットやデメリットがあるのかをご紹介していきます。まずは、フルタイムで働くママのメリット、デメリットを見ていきましょう。

~メリット~
・収入が増えるので、家計に余裕が持てる
・子どもを保育園に預けるため、早いうちから集団生活に慣れる
・ママもパパと同じように忙しいので、パパが育児や家事のお手伝いに積極的になる
・時間がないなかで色々な工夫をするので、時間の使い方が上手になる

~デメリット~
・お家で子どもと過ごす時間が短くなる
・両立が大変で、疲れやストレスが溜まっていく
・ママがひとりでゆったりする時間を作れない

小さい子がいるママならではの時短勤務

子どもが小さいと手がかかるため、フルタイムではなく時短勤務を選ぶママたちも多いかもしれませんね。ここでは、時短勤務のママのメリットデメリットをご紹介します。

~メリット~
・子どもとの時間が増えて、身近で成長を感じられる
・時間に余裕ができ、仕事、育児、家事の両立も頑張れる
・残業などで夜遅くなることがなくなり、早い時間に保育園のお迎えに行ける
・親子で保育園にゆったりとした気持ちで慣れていける

~デメリット~
・働く時間が減った分、収入に影響が出る
・キャリアアップなどが難しい
・ほかの人との差を感じて、職場に居心地の悪さを感じることがある
・仕事をしていても時間に余裕があるので、パパが非協力的になりやすい

育児や家事の隙間時間に在宅ワーク

「周りに頼る人がいないからフルタイムで働くのは厳しい」「子どもとの時間を優先して働きたい」というママは、在宅ワークという選択肢もありますよね。ここでは、在宅ワークのママのメリット、デメリットをご紹介します。

~メリット~
・専業主婦の方と同じようにお家で過ごせるので、子どもの成長をいつも感じられる
・時間に余裕を持って育児や家事をこなせる
・時間を自由に使えるので、仕事、育児、家事の両立に感じるストレスが少ない

~デメリット~
・収入が不安定なので、家計のやりくりが大変
・お家で仕事をするため、隙間時間を上手に活用するコツがいる
・慣れるまでは効率よく仕事がこなせず、イライラすることがある

無理なく仕事と子育てを両立するには

グッズやサービスを活用して家事の負担減

仕事と子育て、家事を両立していくことは、本当に大変ですよね。上手に両立ができないと「もうどうしたらいいの」「パパもちょっとは手伝ってよ」など、ついイライラしてしまうママも多いのではないでしょうか。

無理をせずに両立していくために、グッズやサービスを活用してみてはいかがですか?たとえば、便利家電(食器洗い機、お掃除ロボット、洗濯乾燥機など)を活用して家事の負担を減らす、たまには家事代行サービスを利用して子どもとゆっくり過ごすなど、仕事や子育ての負担を減らすのは難しくても、家事の負担は工夫をすれば減らせそうですよね。

家事の負担が少し減るだけでも時間や心にゆとりを持って過ごせるため、ママにも笑顔が増えますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事