就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働き世帯は増え続けている!メリットとデメリットを知ろう

共働き世帯は増え続けている!メリットとデメリットを知ろう

子どもがいる世帯での共働きは支出が増加します。ママが働かなければ必要なかった支出もありますので、共働きゆえの支出の増加はデメリットの一つといえます。

最も大きな支出としては、保育園など子どもを預ける費用があげられます。一般的に保育園は幼稚園よりも長い時間子どもを預けるので、幼稚園よりも高額です。また、1歳頃から預けるママも多いので、期間が長いほど支出も多くなります。

増加する支出は子どもを預ける費用だけではありません。普段の生活費も増加する可能性があります。

働くママは育児と家事に大忙しで時間が取れませんので、家事の時短に費用がかかるかもしれません。総菜やお弁当を購入したり、クリーニングを利用したりすることで支出が増える傾向があるのです。

時間がない中、家事と育児に追われる

共働きしているママは仕事で時間がない中でも、家事と育児を行う必要があります。ママの自由な時間や休む時間を削り、家事と育児に追われることで肉体的にも精神的にも疲れてしまうママも少なくありません。

すべてを完璧にこなそうとすればするほど、うまくいかないことが多くイライラしてしまいます。思い通りにいかないことがあっても「まあ、いいか」と楽観的に考えた方がうまくいくものです。

とにかく家事の時短や楽をする工夫をして、ママ自身の時間や休む時間を確保することが大切です。そのためには、パパや家族の理解と協力も不可欠となります。夕飯を惣菜やお弁当で済ましたり、家事を手伝ってもらったりすることで乗り切っていきましょう。

子どもと向き合う時間が少ない

共働きのママは専業主婦のママと比べると、子どもと向き合う時間が少なくなってしまいます。それはママが忙しくて、子どもと話したり、触れあったりする時間がなかなか取れないからです。

朝は子どもを保育園などに送りますが、朝の準備はせわしないのでなかなか子どもとの時間を作れません。仕事が終わってからも子どもをお迎えに行き、夕飯の準備や片付け、子どもを寝かせる準備と忙しいので、時間がなかなか取れないのです。

子どもと向き合う時間を作るには、忙しい時間の合間やお休みの日に限られてしまいます。でも、時間が少ない分、子どもと向き合える時間があるときは濃密に過ごすこともできますし、ほどよい距離感を保つことができるというメリットもありますよ。

まとめ

共働き世帯は女性の社会進出の後押しや世帯収入の減少を補てんするため、年々増加し続けています。世帯収入が大きく増えることは子どもの教育資金や豊かな生活を送るために大きなメリットといえます。

しかし、ママが働くことで自由な時間や休む時間が減ったり、子どもと向き合う時間が減ってしまったりします。豊かな生活をしたいのに、精神的にも肉体的にも疲れてしまうようでは元も子もありません。

生活スタイルは人それぞれです。自分の生活や育児とのバランスを考えながら、働くことを選択してきましょう。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC