就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

  子育てを理由に会社を退職したい。メリットとデメリットをご紹介

子育てを理由に会社を退職したい。メリットとデメリットをご紹介

仕事をしながら育児と家事をこなしていくのは大変ですよね。両立がつらくなってしまったとき、ママは仕事を退職をするのか、そのまま続けていくのか一度は悩む問題だと思います。ここでは、子育てを理由に退職した人の気持ちをみていきながら、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

子育てを理由に退職した人の気持ち

子どもとの時間が少なくつらい

仕事をしていると、子どもとの時間は少なくなります。保育園や幼稚園に子どもを預けるまでの朝の時間と、仕事が終わってから家で過ごす夕方から夜までの時間だけです。産休や育休の時期を経験すると、余計に子どもとの時間が少ないと感じるかもしれませんね。

ママは家に帰ると、子どもはすぐにご飯やお風呂を済ませて寝る時間になります。そうすると、親子で一緒に遊んだり、会話をしたりと関わる時間はほとんどなくなってしまいますね。ママは「私はなにをしているのだろう」「なんで子どもを預けて仕事をしているのだろう」と思うことがでてくるかもしれません。

子どもと過ごしたいという気持ちが強いほど、さみしさやつらさを感じてしまうと思います。

仕事での肩身がせまくてつらい

子育てをしながら仕事をすることは、会社に理解がないと難しいことです。現在は仕事と子育ての両立に理解のある会社も増えてきているようですが、まだ全部がそうではありませんよね。

肩身がせまくて一番つらいと感じるときは、子どもが病気になって休むときだと思います。子どもは急に熱をだしたり、いろいろな病気にかかります。そこで「おだいじに」と気持ちよく言葉をかけてくれる人もいますが、なかには冷たい態度をとる人もいます。

また、預け先から連絡がきて早退するときや、残業ができなくて早く帰るときに申し訳なく思うことが多いものです。いつもママは「すみません」とあやまりながら、会社では肩身のせまい思いをしているのですよね。それはつらいことだと思います。

共働き育児で疲れてしまった

共働きをしていると、どうしてもママの負担が大きくなってしまいます。パパの帰りが早ければ、家事や育児も協力をお願いできます。しかし実際は帰りが遅く、協力してもらえないことの方が多いと思います。

ママは朝から夜までずっと働いています。朝は子どもを保育園や幼稚園に送ってから、仕事に行きます。帰りは子どもをむかえに行き、家では家事や育児を行います。

今「ワンオペ育児」という言葉があります。主に女性が一人で(ワンオペレーションで)家事、育児を担当することをいいますが、まさに今、この「ワンオペ育児」が増えているそうです。

協力してくれる人がいないと、ママは体力的にも精神的にも疲れて、いつかは限界をむかえてしまうかもしれません。

退職するとどんなデメリットがあるの?

経済的にきびしくなる

退職すると、当然ママの収入はなくなります。金銭面ではパパだけに頼ることになりますね。そうすると、生活も今までどおりという訳にはいきません。買いたいものがあっても我慢したり、今までしていたちょっとした贅沢も、できなくなるかもしれませんね。

どこで出費をおさえることができるか、無駄なお金の使い方をしていないかなど考えたほうがよいですよ。生活にかかる食費や光熱費、日用品などの家計の見直しは必要です。また、子どもの養育費のことも頭のなかに入れておきましょう。

一人分の収入がなくなるということは、経済的にきびしくなるということです。節約や我慢することが多くなるということを覚えておいたほうがよいと思います。

正社員での再就職が難しくなる

一度会社を退職すると、再就職は難しくなります。それはなぜでしょうか?

一つめとして、子どもがいると急に休んだり早退したりすることがあるからです。正社員は、責任のある仕事を任せられることが多いと思います。しかし、子どもの病気を理由に休まれてしまうと、人手がなくなり仕事が終わらなくなります。特に、急ぎの場合などは困りますよね。

二つめとして、退職して復帰までの期間があいている場合、仕事の感覚やスキルが鈍っていないか心配だからです。大切な仕事を任せたいけれど、絶対に大丈夫という保証はもつことができません。

会社は正社員に採用するにあたり、子どもがいるといろいろなリスクや心配な面を考えるため、再就職が難しくなってしまうのです。

社会とのつながりがなくなる

会社を退職すると、社会とのつながりは少なくなります。今まではいろいろな人と話をしたり、関わったりすることがあったと思います。しかし毎日家で過ごすようになると、社会とのつながりを感じることがなくなるかもしれません。

日中は子どもと一対一で過ごすことが多く、話す相手も限られてきます。気がつくと「家族以外、だれとも話をしていない」「だれとも会っていない」という日が、でてくることもあります。そうすると、ママは孤独を感じてしまうかもしれません。

もちろん外に出れば、ほかのママや友達と話をしたり、遊んだりすることもあると思いますが、家に帰ると子どもと二人きり。現実に戻ります。社会とのつながりが消えたように感じて、さみしく思うかもしれません。

退職したらこんなメリットがある!

子どもと向き合う時間が増えた

退職をしたときのメリットは、やはり子どもと向き合う時間が増えることだと思います。子どもと会話を楽しんだり、遊んだりする時間が増えます。

また、時間や気持ちにもゆとりができるので、子どもが「話を聞いて!」というときには、子どもの顔を見て話をゆっくり聞くことができます。「これやって!」というときには、子どもの要求に応えることができます。

また、新たな発見や成長にも気づくことができますよ。こんなことができるようなったという成長や、こんな一面があったという発見は、ママにとっては大きな喜びや感動ですよね。

子どもと向き合う時間というのは、子どもやママにとってもそのときにしかない、貴重で大切な時間でもあるのです。

自分の時間ができて楽になった

退職したときのメリットとして、自分の時間ができて楽になるという点もあげられます。仕事をしているときはママは家事や育児でも忙しく、息つく暇もなく一日が終わっていくことが多かったと思います。

しかし、家にいると子どもをみながら自分のペースで家事ができるので、合間に自分の時間をつくることができます。また子どもが寝ているときや一人で遊んでいるときにも、ひと息つくことができます。

時間ができたら、自由に過ごすことができます。休んでもよいですし、好きなことをしてもよいですね。何をしようか考えるのは楽しいですよ。家事や子育てで疲れたりイライラすることがあっても、自分の時間があれば気分転換ができて、楽になります。

精神的に余裕ができた

退職をすると時間や仕事にに追われることがなくなるので、ママは精神的に余裕ができます。仕事をしていると、忙しかったり疲れたりしているので、子どもに対して叱ることや八つ当たりをすることが増えるかもしれません。

しかし、家にいると精神的にも時間的にも余裕ができます。例えば、子どもが泣いているときには「どうしたの」と言葉をかけることができます。叱るときには、感情的にならずに落ち着いて話すことができます。イライラすることが少なくなり、大らかな気持ちで子どもをみることができるようになりますよ。

余裕ができると家事も育児もぐっと楽になります。ママが精神的に落ち着いていると、子どもも安心してお互いが気持ちよく過ごせるようになります。

まとめ

子育てを理由に退職したときのメリットとデメリットをいくつか紹介してきました。

ママは、どのように過ごしていきたいですか?それぞれ家庭の事情もありますし、ママや家族の気持ちもあると思うのでその気持ちも大切にしながら、じっくり考えてみてくださいね。

どちらがよいという正解はありません。ママが一生懸命考えてだした答えが、一番よいと思います。

後悔がないようにじっくりと考えて、家族で協力して子育てをしていけるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018