就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働きなのにワンオペ育児で辛い!育児や家事の負担を減らす対処法

共働きなのにワンオペ育児で辛い!育児や家事の負担を減らす対処法

ワンオペ育児は「ワンオペレーション育児」の略で、1人で育児をこなすことを指す言葉です。近年、共働きの世帯は増えているのに育児や家事はママ1人が担当ということもあり、ワンオペ育児に悩んでいるママも増えています。今回は働きながら子育てをしているママの負担を減らす対処法を紹介します。

共働きのワンオペ育児は本当に大変

ワンオペ共働きママの一日

ワンオペ共働きママの一日は、家族の誰よりも一番早く起きて、朝食の準備をするところから始まります。

手早く調理をして子どもたちに食事をさせたあと、自分と子どもたちの身だしなみを整えなくてはなりません。しかし子どもの年齢が小さい場合は、ママは自分の準備を満足にできないこともあります。

仕事のあとは夕飯の買い物や保育園のお迎えの時間です。帰宅したら洗濯機を回しながら夕飯の準備をし、子どもが夕食を食べている間に洗濯物を素早く干します。

食事のあとはお風呂や寝かしつけをして、子どもが寝ついたら食器を洗ったり、洗濯物を畳んだり、保育園の連絡帳チェックや翌日の準備をしたりします。子どもの年齢によって忙しさは違いますがワンオペ共働きママは休む暇もありません。

常に時間に追われながらの生活

働きながら育児をしているママは「出勤時間」や「保育園のお迎えの時間」など、常に時間に追われながら生活しています。

また、はっきりと時間が決まっていなくても「子どもの夕食」や「お風呂」の時間なども意識しなくてはなりません。食事の時間が遅れると子どもが不機嫌になってしまうほか、お風呂の時間が遅くなると、就寝時間も遅くなり、翌朝に影響が出てしまいます。

さらに掃除や洗濯など、大きな音が出る家事は近所迷惑になってしまうため、できる時間に制限があります。

すべての家事や子どもの世話がスムーズにいけばよいですが、子どもの機嫌によっては思いどおりに行きません。ママはストレスが溜まってイライラしながら毎日を過ごすことになります。

限界を感じて離婚を考えるママも

働きながらの育児は、早い起床時間、通勤や仕事のストレス、子どもの世話など、心身ともに大きな負担がかかります。

ワンオペ育児の場合、家事や育児の負担はすべてママにかかってしまいます。働いているという条件は同じなのにパパが育児や家事をしないということにイライラするのは当然ではないでしょうか。

子どもへのイライラや仕事のストレスはがまんできても、パパにはがまんできないというママも少なくありません。「どうせ何もしないのなら、いないほうがイライラしなくて楽」と、離婚を考えるママもいるようです。

実際に、ワンオペ育児が原因で離婚する夫婦もいます。離婚を避けるためにはパパが協力してママの負担を減らすことが重要です。

1人で頑張らないで!心が病んでしまう前に

大変な現状をパパに話して理解してもらおう

ハードなスケジュールや時間に追われているという感覚、思いどおりに進まない家事など、ワンオペ育児のストレスはさまざまです。もし、ママの心と体に負担がかかりすぎるとどうなるでしょうか。

肉体疲労は重なるとママが体を壊す原因になります。さらに、精神的なストレスは育児ノイローゼやうつ病などの原因となり、最悪の場合ママ自身の命に関わる可能性があります。

そんな状況を避けるためにも、負担が大きい、このままでは限界が来てしまうと感じたときは、大変な現状をパパに話してください。

「家事や育児がつらい」と話すだけでは伝わりにくいかもしれません。疲れているのに眠れない、睡眠時間が5時間を切っているなど、具体的に伝えるとよいでしょう。

休みの日だけでもパパに協力してもらおう

働いているパパに子どものお世話や家事をお願いするのは心苦しいと感じるママもいるかもしれません。しかし、子どもや家庭はママだけのものではありませんので、パパにも家事や育児を負担してもらいましょう。

家事や育児の分担はパパとママで話し合いで決め、お互いに納得できる割合になればベストです。とはいえ、勤務時間が長いパパなどには、平日の家事はお願いすることが難しくなりますよね。

そんな場合は、休みの日だけでも協力してもらいましょう。

家事の分担が毎日あると不満を感じるパパも、休みの日だけであれば協力してくれる確率が高くなります。週のうち1日だけも長く眠られる日や自由に過ごせる時間がもてれば、ママの心と体はうんと楽になりますよ。

周りを頼って上手に手抜きしよう

手抜きをするというと「サボる」「ズボラ」という言葉が思い浮かび、よくないことだと感じるママもいるかもしれません。しかし、無理をして心や体を病むよりは、少し手を抜くほうがずっとましではないでしょうか。

しかし、ワンオペで家事や育児を頑張っていると、一つ手を抜いたらすべての家事が滞ってしまう可能性があります。こんなときは、周囲の人に頼って上手に手抜きをしましょう。

もっとも身近なのはおじいちゃんとおばあちゃんです。保育園の送り迎えや夕食作りなどをお願いできるとママの負担を軽減することができますね。

ベビーシッターやファミサポを活用するという方法もあります。また、同じ年齢の子どもがいるママ友同士で協力し合っているママもいますよ。

ワンオペ育児を楽にするためにできる工夫

ネットスーパーや宅食を利用する

掃除、洗濯、料理のうち、掃除や洗濯は毎日しなくても問題ありませんが、料理は毎日しなくてはなりません。

子どもがいると、栄養バランスのよい食事や子どもが食べてくれるメニューを考える必要があります。夕食作りや夕食の買い出しのストレスが大きく、気が付くと常に夕食のことを考えているというママもいます。

こんなときはネットスーパーや宅食サービスを利用してはどうでしょうか。宅食サービスは自分で献立を考える必要もなく、調理にかける時間も減らすことができます。

また、ネットスーパーであれば空いた時間に買い物ができるほか、重いものも家まで運んでもらえるというメリットがあります。利用料金はサービスによって違うので、自分に合ったサービスを選んでくださいね。

便利家電でワンオペ家事の負担を減らす

日々の掃除や洗濯といった家事は便利な家電製品にお任せするという方法もあります。

アイロボットの「ルンバ」をはじめとしたロボット掃除機や洗濯機と乾燥機が一つになった洗濯乾燥機は、ワンオペ家事の負担を減らしてくれる心強い味方です。

また、少し前までは「汚れ落ちがよくない」というイメージがあった食器洗い乾燥機も、近年は機能が高くなっています。子どもが好きなケチャップやミートソースで汚れたお皿も予洗いなしできれいにしてくれますよ。

導入コストはかかってしまいますが、古い家電製品より電力がかからなかったり、手作業で洗うよりも少ない水で洗えたりするなど、光熱費や水道代が安くすみます。手間が減らせて長期的な節約になるので一石二鳥ですね。

家事も育児も適当でOK!完璧を目指さない

すべての家事や育児を完璧にこなそうとすると、時間はいくらあっても足りず、精神的、肉体的な疲労は増える一方です。思ったとおりに行かないイライラで、子どもを叱りすぎたり、体を壊したりするかもしれません。

ワンオペ家事・育児がつらいと感じたときは「家事も育児も適当でよい」「完璧じゃなくても大丈夫」というふうに考えてみましょう。

洗濯や掃除が毎日できなくても生きていくことはできます。一日や二日、外食やレトルトになっても子どもが病気になることはありません。

家事や育児が完璧にできないと悩んでいるママを見ると子どもは不安な気持ちになってしまいます。いつもニコニコしているママといれば、家事や育児が少しくらい適当でも子どもは幸せですよ。

まとめ

毎日の家事や育児は終わりがなく、すべてを1人でこなそうとすると体力的、精神的な限界がやってきます。頑張りすぎて心も体もダメージを負ってしまうと生活を維持できなくなってしまいますよ。

どうしてもパパが理解してくれないときは思い切って「ボイコット」してみましょう。勇気がいりますが、ママの大変さを伝えるには一番の方法ですよ。

働きながら家事や育児をすることは決して楽なことではありません。1人で背負いすぎず、パパやおじいちゃんおばあちゃんなどに協力してもらい、負担を減らしていってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018