就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

仕事と専業主婦、子どもに良いのは?それぞれのメリットやデメリット

仕事と専業主婦、子どもに良いのは?それぞれのメリットやデメリット

子どもが小さいうちは専業主婦がよいか、家計のために仕事をした方がよいか迷っているママも多いでしょう。子どもとの時間はかけがえのないものですが、ママも働く時代に変わってきています。この記事では、専業主婦や働くママそれぞれのメリットやデメリット、どちらかを選択するときに考えておきたいことをお伝えします。

子どもが小さいうちは働かない方がいいの?

子どもが小さいうちはママが側にいるべき?

子どもが小さいうちは、ママが家にいて子育てに専念できれば一番よいのかもしれませんが、経済的な理由やママに働きたいという意志がある場合は、働く道を選択するママもいますね。

高度経済成長期は、専業主婦にあこがれる女性が増え、「夫が働き、妻は家にいて家事や子育てをする」という考えが一般的でした。子どもが3歳まではママが自分の手で子育てをしたほうがよいという「三歳児神話」が広まったこともあります。

周りの人から「子どもを預けて、働くなんて…」と批判されることもあるかもしれませんが、最近は核家族化がすすんでいるので、家でママ一人で子育てをするのは心身ともに負担がかかってしまいます。

親との同居や近所の人と助け合っていた時代とは違い、今の子育ては孤独を感じてしまうこともあります。子どもと多くの時間を一緒にすごしたいママには専業主婦としての生活が充実するかもしれませんが、仕事をしながら子育てをしても後ろめたいことはありません。保育園や地域のボランティアの人に助けてもらうことも子どもにとってよい経験になるはずです。

家計の為にママが仕事していた方がいいの?

会社の中に託児所がある企業も増え、ママも働きやすい環境が整ってきています。そのため、子育て中でも共働きをする人が増えています。夫婦で働き、経済的に余裕ができると、おしゃれや趣味にもお金をかけられるようになりますね。

収入が多くなると外食や家族旅行の機会も増え、親子の会話も弾むかもしれません。出掛ける機会が増えれば、社会経験も豊富になり、子どもも広い視野を持てるようになるでしょう。また、働いているとママも社会の一員として認められていることを感じ、自信がついてくるものです。勤務先での研修や勉強の機会があれば、ママ自身の視野も広くなることでしょう。

しかし、働いていると子どもと過ごす時間が少なくなるため、ママが子どもの可愛いしぐさに気づかない間に子どもが成長してしまうこともあるでしょう。子どもがママとおしゃべりしたいときに、ゆっくり話を聞いてあげられないことも残念です。

仕事で疲れていると家で静かにくつろぎたいかもしれませんが、どこかでゆっくり子どもの話を聞いてあげる時間を取りたいものですね。

それぞれのメリット、デメリットを知ろう!

働くママのメリットとデメリット

働くママのメリットは家計に余裕ができることですね。子どもにあった習い事にも月謝を気にせず通わせることができるかもしれません。仕事を通じてママも成長できるので自分に自信がついてきます。夫婦で共働きなら、家事も分担するのが当たり前としてパパも家のことや子育てに積極的にかかわってくれるかもしれません。

働くママのデメリットは、子どもと過ごす時間が少ないことですね。小さい子どもの成長はめまぐるしく、可愛い時期もアッという間に過ぎてしまいます。昨日できなかったことが、今日はできるようになったといった日常のささいな変化にも気づかないこともあるでしょう。

妊娠や出産の予定を立てにくいことも働くママの悩みです。一人目を出産後、育休を取って仕事を休むにしても、復帰後すぐに2人目を妊娠すると周りの目も気になって続けて休みづらいということもあるでしょう。

また、営業職や接客業の場合は特に、身だしなみに気を付けなければいけません。ママ自身の美容院代や、仕事用の服を購入する必要があり、働いていても出費が増える可能性があります。

専業主婦のメリットとデメリット

専業主婦の最大のメリットは、子どもとゆっくりした時間を過ごせることですね。パパの収入で家計が成り立つことが大前提ですが、子どものペースで一日が過ごせるはずです。子どもの様子を見ながら家事をこなしていけるので、家事もはかどるでしょう。日中は時間があるので、子どもとおやつを手作りして食べることもできるし、公園へ出掛けママ友と楽しくおしゃべりしながら育児の情報交換もできるでしょう。

しかし、専業主婦で時間があっても、小さい子がいると予定通りに進まないことがあります。「家にいるんだから、子育ても家事も完ぺきにこなさなければいけない」と真面目に考えてしまうと息がつまります。家事や育児がうまくいかなければ責任を感じ、自分で自分を追い込んでしまうこともあります。

一日中家の中でいると、大人と会話をしないこともあるため物足りなく感じることもあるかもしれませんね。働いていないことや収入がないことに悲観的になってしまうこともあり、日々の育児に疲れてしまう人もいるのです。悩みがあればパパに聞いてもらうよう心がけましょう。

大事なのは子どもと自分、どちらのためか

いずれにせよ、子どものせいにしない

専業主婦と働くママのどちらを選んでも、大切なのはしんどいときに子どものせいにしないことです。家で自分が子どもを育てるのか、保育園などを利用しながら働くのかを夫婦でもよく話し合い、自分で決断することが大切です。

子どもが小さいうちは寂しさを感じないよう家にいてあげたい、子どもとの時間を大切にしたいなど専業主婦として家にいたい理由を考えてみるとよいでしょう。働くママは、子どもとの時間が少なくなる分、家計に余裕ができるので、そのお金をどのように使うのか夫婦でよく話し合い、家事との両立ができるようにパパにも協力してもらうことが大切ですね。

どちらを選択しても、ママの毎日が充実していて楽しそうなら、子どもは明るく元気な子に育つことでしょう。

自分が一番大切にしたいものを考える

子育て中は一日があわただしく過ぎて行くものです。専業主婦か、働くママかを選択するときは、自分が一番大切にしているものを考えてみましょう。

例えば、専業主婦になりたいママなら「子どもと過ごす時間を何よりも大切にしたい」「幼稚園や学校の行事には必ず参加したい」「クラスの役員として行事にもかかわりたい」との理由があるかもしれません。一方、働くママは「自分の経験や時間を大切にしたい」「子どもを預けて夫婦で旅行や食事を楽しみたい」「経済的に余裕を持ちたい」と思うこともあるでしょう。

一番大切にしたいことがはっきりすれば、他のことが少々できていなくてもそれほど気にせずに済むのではないでしょうか。よく考えてストレスの少ない選択をすることが大切ですね。

女性にはいろんな選択肢があります

専業主婦か、フルタイムで働くママかどちらにも決められないという人も多いでしょう。最近は、子どもと過ごす時間もほしいし、家計や自分のために仕事もしたいという女性も増えているようです。企業を退職しても信頼関係や、それまで身に着けた技術があれば、企業と個人という立場で契約を結び、仕事ができるようになりつつあります。

しかし、フリーランスは会社勤めではないため、将来的な保証がなく、保険や税制の面でもわかりづらいことが多いのです。フリーランスはママたちの新しい働き方のため、これからそのような人が増えてくれば契約方法もしっかりしてくるかもしれません。

専業主婦とフルタイムで働くママ以外にも子育て中のママが活躍できる場が広がってきているのです。
22 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版