就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ワーキングマザーはパパとケンカしやすい?ママの心に余裕を生む秘訣

ワーキングマザーはパパとケンカしやすい?ママの心に余裕を生む秘訣

ママが仕事と家事に忙しくしていると心に余裕がなくなり、パパと対立することもありますよね。そこで今回は、ワーキングマザーがパパとケンカになる理由とママの心に余裕がなくなるとどうなるのか、忙しいママが余裕を持つためにしたいこと、などについてお話しします。

ワーキングマザーがパパとケンカになる理由

パパとの家事の分担がうまくいっていない

仕事をしながら家事と育児をするのは大変ですよね。ママが専業主婦であれば、家事を一手に引き受けるのも納得できるかもしれませんが、ママも仕事をしている場合、仕事をしながら家事を1人でこなすのはかなりハードです。

夫婦共働きということで、できるだけパパと家事の分担をしたいと思っていても、家事が苦手なパパの場合、家事に非協力的ということも多いでしょう。ママとしては「私だって仕事をしているのに」という気持ちになりますよね。

ママも日中は仕事をしているので、帰宅後は子どもの世話に精一杯になり、家事まで手が回らないということも珍しくありません。

このようにパパとの家事の分担がうまくいっていないと、ケンカになりやすくなります。

パパが子育てに協力的ではない

夫婦共働きで子どもがいる場合、日中は子どもを保育園へ預けているという家庭も多いことでしょう。子どもの送迎はママが担当という家庭もあるかもしれませんね。

お互いの勤務時間や通勤時間などによっても分担の割合は変わってくるので、子育てを完全に夫婦で半々に分けるのは難しいことでしょう。パパの帰りが遅い場合、どうしてもママに育児の負担が多くかかりがちなのは否めません。

子どもの通っている保育園で平日に行事がある場合、ママもしくはパパのどちらかが仕事を休まなければならないこともありますよね。この場合、ママが休むというケースも多いようです。

パパが「仕事で忙しい」という理由で子育てに協力的でない場合、パパのそんな態度に腹を立てるママも少なくありません。

時間がないことでのコミュニケーション不足

子どもが生まれる前は、仕事から帰宅した後や休日などに夫婦でゆっくりとコミュニケーションをとる時間もあったかもしれません。しかし子どもが生まれると、夫婦でゆっくりと会話をする時間もないという家庭も多いですよね。

毎日、仕事と家事、そして育児をするのに精一杯で、パパとの会話は必要事項のみというケースもあるでしょう。夫婦がコミュニケーション不足になると、その関係も冷めたものになり「結婚している意味があるのかな」と自問自答するママもいるようですよ。

ママとパパがお互いに「コミュニケーション不足を何とかしなくては」と思っている場合は改善の余地がありますが、ママもしくはパパが「忙しいし、仕方ない」と考えていると、パートナーに不満が溜まっていくこともあります。

ワーキングマザーは余裕がないとケンカに!

余裕がないと些細なことにも不満を感じる

仕事で疲れて帰宅し、それからイスに座って休む暇もなく家事と育児という毎日を過ごしているママもいますよね。こんなとき、ママの気持ちに余裕がなくなっていることも多いはずです。

精神的に余裕がないと、いつもなら気にならないような些細なことにも不満を感じたり、イライラとしたりすることがありますよ。たとえば、仕事から帰ってきたパパが脱いだ靴下を床に脱ぎ捨てるだけでママが腹を立て、激しい口論へと発展するパターンもあることでしょう。

もしくは、ママが仕事後の育児でバタバタと忙しい中、パパから「飲み会で帰りが遅くなる」という連絡を受け、「私は飲み会にすら行けないのに」と面白くない気持ちを抱えることもありますよね。

感情的になってパパに文句を言ってしまう

ママの心に余裕がなくなると、物事を客観的に判断して分析することが難しくなるほか、自分が思い込んだことに固執してしまう傾向があります。ママ自身の主観的な考えから抜け出せなくなるので、さらに気持ちにゆとりがなくなり、パパへの不信感を募らせることもあります。

残業で帰宅が遅くなったパパに、浮気しているのではないかと思い込んで感情的になってパパを責めたり、パパに「結婚しなければよかった」と文句を言ってしまったりすることもあるかもしれません。

一度口から飛び出た言葉はもう取り戻すことができませんし、家族といえども、言って良いことと悪いことがあるので、感情的な言葉でパパを傷つけることがないように気をつけたいですね。

不満を溜め込むママは突然キレてケンカに

普段、パパに注意したいことがあってもなかなか言えず、不満を溜め込んでいるママもいることでしょう。「言いにくいから察してくれたらよいのに」と思っているママも多いかもしれませんが、一般的に男性は察するのが苦手なことが多いです。

「ああしてくれたらよいのに、こうしてくれたらよいのに」という日頃の不満が溜まり、ある日突然キレてパパとケンカになるというケースも考えられます。

パパからすると、「どうしてそのときに注意してくれないの?」と思うようです。ママにしてみれば「あなたが察してくれないから、私はずっと我慢していた」となります。

これでは突然キレられたパパもショックですし、ママも長年我慢してきたという思いがあるので、解決するのが難しくなります。

忙しいママこそ暮らしに余裕を持とう

大変なときはパパの協力で心の余裕を

パパとケンカせず仲良く過ごすためには、忙しい暮らしの中でも余裕を持てるように心がけることが重要です。子育てと家事が大変なときは、パパに協力してもらえるよう頼んでみましょう。

もしかすると、パパは「ママがいつもこなしているから助けは必要ないのかな」と思っているだけで、実はちょっとママが声がけしてお願いするだけで気持ちよく協力してくれることもあるかもしれません。

先ほどもお話ししたように、男性は察することが苦手なので、協力を頼むときは具体的に言葉で表現して伝えることが必須ですよ。

「子どもを保育園へ送って行ってくれると助かる」というように、言葉に出してお願いしてみましょう。もし無理な場合は、ほかにどんなことなら協力してもらえるのか聞くのも一案ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC