就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 育児をしながらママの転職活動。転職の理由や成功させるためのコツ

育児をしながらママの転職活動。転職の理由や成功させるためのコツ

現在育児休暇中であるけれど、育休明けに子育てをしながら同じ仕事を続けるのには無理を感じる、もしくは他の仕事をしてみたいという転職希望のママもいると思います。そこで今回は、転職理由や転職活動の難しさ、成功させるためのコツについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも育児中に転職活動はできる?

育児中の転職理由【男性編】

本音では育児休暇をとって、しっかりと子育てに関わりたいけれど、実際、休暇を取得してしまうと出世に響く、他の同僚に迷惑をかけてしまい仲が悪くなる、収入面が心配というパパも多いと思います。法律では育児休暇取得を理由に人事的に不当な扱いをすることは禁止されています。

しかし現実として、パパが積極的に育児休暇を取れる体制を整えている会社は多くはありません。権利として育児休暇が存在していても、実際に取得は難しいのです。

できるだけ残業せずに定時で帰宅し、子どもとの時間を確保したい、週末もきちんと休んで家族と過ごしたいと望んでいるパパは、自分の希望するライフスタイルに合う会社を探そうと、転職を考えることも多いようです。

育児中に転職理由【女性編】

基本的に育児休暇後に復職すると、休職前と同じ仕事内容、同じポジションでの仕事をすることになります。しかし子どもが産まれた後に、子どもがいなかったときと同じように働くのは難しいと考えるママも多いようです。

また、子どもの保育園送迎のことを考え、できるだけ自宅の近くで仕事がしたい、通勤時間を少しでも減らしてその分子どもと過ごす時間を長くしたいと希望する場合、おのずと転職に気持ちが動くようです。

さらに育児休暇を取得する際、会社からよく思われず、二人目を考えたときに今の会社では難しいと感じ、転職希望するママも決して少なくありません。このような転職理由は、仕事を持つママなら誰でもひとつは思い当たるのではないでしょうか。

育児中に転職する利点・欠点

育児中に転職する利点・欠点についてリストアップしてみます。

【利点】
・自宅もしくは保育園に近い職場を選ぶことができるので、子どもの送迎がしやすくなる。
・勤務時間に融通がつきやすい、もしくはリモートワークが可能な職場を選べば、子どもの急病にも対応しやすい。

【欠点】
・育児家事をしながら求職活動をするので、転職先を探す時間がじっくり取れない。
・収入よりも、育児との両立がしやすい条件の職場を優先的に探すので、以前より収入が減る可能性がある。
・1年以上連続勤務をしていないと育児休暇を取得することができないので、すぐに2人目を考えているママの場合、勤務時間を考慮する必要がある。

以上の利点と欠点をふまえて転職を考えたいですね。

育児中に転職活動をすることの難しさ

育児と仕事の両立の難しさ

転職を考えているのなら、今働いている会社を退職するまえに転職先を見つけることが大切です。次の仕事の契約がないのに先に退職をしてしまうと、保育園の入園リストにおける優先順位が下がり、子どもを保育園に入れることが難しくなってしまいます。

育児休暇中に転職先を見つけた場合、子どもの初めての保育園とママの初めての職場での仕事が同時期に始まることになります。子どももママも、慣れない環境で生活リズムをつかむのに最初は大変かもしれません。

しかし育児と仕事を両立するのはどんな仕事であっても大変なことには変わりありません。新しい仕事環境に少しでも早く慣れるようにし、家事は少し手抜きをし、ときにはパパの力も借りて何とか乗り切るようにしたいですね。

転職先を見つけることの難しさ

独身時代は、就職活動をする際、時間や勤務場所にも融通がつきやすく、仕事先を探しやすかったと思います。しかし子育てをしながら転職活動をすると、ママの希望時間内で、かつ保育園の送迎がしやすい場所などの条件が制限されてくるので、なかなか希望の職種が見つからない場合もあります。

働き方としてはパート、在宅、派遣、正社員の4種類になりますが、プライベートの時間を確保することを考えると正社員は厳しいと考えるママも多いようです。在宅は時間的融通が利きますが、収入が少なく不安定です。

派遣社員の場合、一定のスキルが要求されるので、経験のない分野の仕事は難しいでしょう。パートなら比較的簡単に見つけることができますが、時給が安く体力仕事が多いのが難点です。

ブランクがある場合はさらに難しくなる

前の職場を退職してから転職先を探す場合、あまりブランクはあけないように心がけましょう。数カ月でもブランクがあると、同じ分野の仕事に転職を希望する場合、相手に「仕事の感覚を忘れているのではないか」と心配を抱かせてしまいがちです。

どんなに使えるスキルや資格があっても、長い間仕事をしていないということでマイナスのイメージを持たれてしまい、会社から本来ママ自身が持っている能力より以下の評価をされてしまいます。そうなると、希望のポジション以下の職にしかつけないなどキャリアダウンをすることになるかもしれません。

ブランクが空いてしまった場合、その間に取得した資格の証明書などを見せて、「資格を取るために勉強していた」というアピールをすることも大切です。

転職を成功させるために押さえるべきコツ

自分のビジョンをしっかり持つ

転職を成功させるためには、まず自分のビジョンをしっかりと持つことが大切です。育児をしながらの仕事になるので、「時短勤務」や「残業なし」を第一条件にして探すママも多いと思います。

しかしそこにだけ重点を置いて仕事を探しても、自分の希望する職種が見つかるとは限りません。この際、ママ自身の中で何を最優先にするのか、しっかりと検討するようにしましょう。

将来的にしっかりしたキャリアを築いていきたいのなら、子どもの時間を少し犠牲にしてでも正社員の職に就いた方が有利です。また、キャリアよりも子どもとの時間を優先にしたいのなら、希望の職種でなくても納得できる収入を得られ、長く続けられる仕事を見つけることが大切です。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版