就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てと仕事を両立させたい!日々のコツとママに人気の職種とは

子育てと仕事を両立させたい!日々のコツとママに人気の職種とは

子育てと仕事を両立していくことは、ママにとって本当に大変なことですよね。妊娠中も体調が悪いと仕事を休むため、出産前に退職を選択するママも多いのではないでしょうか。今回は、ママが仕事を続ける大変さや、仕事と育児をどのように両立すればよいのかなどをご紹介します。

産前、産後に仕事を辞めるママが多い理由は

妊娠中から体調が悪く、休みがちだったため

最近は共働き夫婦が増えてきているので、結婚をしても仕事を続ける女性は多いですよね。しかし、妊娠や出産をすると様々な理由で仕事を続けることが難しくなり、退職してしまう方もいます。

妊娠中はホルモンのバランスが乱れているので、体調を崩しやすい状態です。悪阻がひどい方だと仕事にいくのも厳しいので、仕事を休みがちになってしまいますよね。

女性が中心の職場など、妊娠に対して理解のある所だと体調と相談しながら仕事を続けられますが、まだまだそのような職場も少ないのが現状です。妊娠で体調が悪く仕事を休みがちになると、「産休まで仕事を続けようと思っていたけど、体調が悪く仕事にいくのが辛い」と、仕事を辞めてしまう女性もいます。

保育園に入れない、預け先が無いため

妊娠中を乗り越えて産休に入っても、出産してから仕事を辞めなければならない状況に追い込まれる女性もいます。保育園に入れない、預け先がないなどの理由で、仕事を続けたくても続けることができない方も多いといわれています。

友人の話では、妊娠中の体調の悪い時期を乗り越えて産休に入り、子どもを出産し育児休暇を取得したそうです。子どもが1歳になる時期に仕事復帰する予定が、保育園に入れず待機児童になってしまったと話してくれました。働いていた職場では育児休暇の延長ができず、実家が遠方で両親などに子どもを預けることも難しかったため、仕事を辞めてしまったそうです。

最近では、こうした事情に配慮して、保育園が決まらない場合に育児休暇を延長できる職場も増えてきています。

子育てと仕事の両立が難しかったため

子育てをしていくことは、体力面や精神面でもママの負担は大きいですよね。子育てで手がいっぱいの中で仕事を続けることは想像以上に難しく、仕事を辞めてしまう女性も多いのではないでしょうか。

先輩ママに聞いてみると、妊娠中は「出産してからも仕事を続けよう」と思っていたそうですが、初めての子育てはイメージしていた以上に大変で、「子育てと仕事を両立するのは厳しい」と退職したと話してくれました。

子育ては1日中休む暇もなく、夜泣きや授乳で満足な睡眠をとれないこともしばしば。育児をしながら、家事をこなし、その上仕事も続けるということは本当に大変です。実際に復帰してみたものの、この3者の両立に困難を感じ、退職を決断する女性もいます。

子どもが生まれると変わるポイント

睡眠時間が思うように取れない

子どもが生まれると、夫婦2人のときとは違い子ども中心の生活に変わりますよね。赤ちゃんによってはあまり夜泣きをせずにぐっすり朝まで寝てくれる子もいますが、夜泣きをするタイプの赤ちゃんだとママは毎日睡眠時間があまり取れずに、寝不足の状態が何日も続くことがあります。

「子どもが成長し卒乳をすると、夜泣きが自然となくなって朝まで寝てくれた」というママもいますが、眠りが浅い子は2歳になっても夜泣きが続くこともあります。夫婦2人のときは、自分の好きな時間に寝て朝までぐっすり眠れていたのが、子どもを出産してからは睡眠時間が極端に少なくなることが多いです。

睡眠時間が思うように取れないことは、ママにとって大きなストレスになりますよね。

子どもを見ながらの家事でなかなか進まない

子どもが生まれると、子育てが忙しいので家事がなかなか進まない日もありますよね。子どものお昼寝中に家事をしようとしてもすぐに起きてしまったり、家事をしたくても子どもが泣いてできなかったりと、スムーズに家事が進まなくてイライラするママも多いのではないでしょうか。

友人に聞いてみると、出産してからは料理や洗濯、掃除などの家事をしたくても、子どものお世話をしていると1日がすぐに終わってしまい、思ったように家事ができなくて大変だと話してくれました。

子どもを1人で遊ばせている間に家事をしようとしても、すぐにママを探して泣くことも多いそうです。また、「1人で遊んでえらいな」と見てみると、ティッシュをたくさん出すなどのイタズラをしていて家事が進まないそうですよ。

洗濯ものが増えるなど、家事の負担が増える

子どもが生まれて家族が1人増えると、家事がスムーズに進まないことのほかにも、洗濯ものが増えるなどの家事の負担が増えて悩むママも多いですよね。赤ちゃんは新陳代謝が活発なので汗をよくかきます。1日に何回も着替えさせなくてはいけないこともあり、赤ちゃん1人でも洗濯ものが増えてしまいます。

また、赤ちゃんの洗濯ものを大人の衣類とは別で洗う家庭も多いですよね。赤ちゃんの衣類を別で洗うと洗濯をする回数が増えるので、洗濯だけでも時間がかかってしまいます。

家事の負担が増えるのは、洗濯だけではありません。離乳食が始まると、大人のご飯以外にも赤ちゃんの離乳食を作る手間が増えるので育児で時間がない中、ママの家事の負担は少しずつ増えていきます。

子育てをしながら仕事をするためには?

子どもの預け先の確保をする

子育てをしながら仕事をするためには、まず、子どもの預け先を確保することが大切ですよね。週に数回程度であれば祖父母などにお願いできるかもしれませんが、毎日となるとなかなか難しいことも。互いの実家が遠い、祖父母も仕事をしているとなれば、さらに頼ることは難しくなりますね。

身近に子どもを預けられる方がいない場合、保育園や託児所などの保育施設を探さなくてはなりません。しかし、保育園はフルタイムで働いているママから入園が優先されるので、パートで働いている方や求職中の方は入園が難しく、待機児童になってしまう可能性が高いです。

認可保育園への入園が難しい場合は、無認可保育園や託児所などに預けることも考えながら預け先を探すとよいかもしれませんね。

送り迎えの時間に合わせた時間調整

保育園などに預け先が決まった方は、子どもの送り迎えの時間に合わせて時間調整を考えておきましょう。たとえば、自宅から保育園まで20分くらいかかり、保育園から職場まで1時間くらいかかるとします。その場合、送り迎えの時間をしっかり考えて行動しないと仕事に間に合わなかったり、保育園のお迎えの時間に遅刻したりして迷惑がかかってしまいます。

友人に聞いてみると、子どもが保育園に入園する前から仕事復帰してからの生活をイメージしてすごしていたそうです。友人宅から保育園までは10分くらいですが、職場までは1時間くらい時間がかかるそうで、毎日子どもと早起きをして余裕をもって準備ができるように練習したと話してくれました。

子どもの急病時の対応を考える

子どもが小さいと、風邪を引いたり体調を崩したりして保育園を休むことも多いですよね。子どもの急病時にどのように対応していくかも、あらかじめ考えておいたほうがよいでしょう。

両親や兄弟など、家族の協力を得られる場合は、子どもの急病時に家族にお願いしてみてもらうことも可能ですよね。家族がみてくれるとこまめに連絡が取れて、子どもの様子を聞くことができるのでママは安心して仕事ができるでしょう。

しかし、家族や周りの方に協力が得られない場合は、ママかパパが仕事を休んで子どもをみる必要があります。子どもが体調を崩してから「どちらが仕事を休む?」と焦る前に、子どもの急病時は誰が仕事を休んで対応するのかをしっかり話し合っておくとよいですね。

子育て、家事、仕事を完璧にするのは無理!

優先順位をつけて行動しよう!

子育て、家事、仕事をすべて完璧にこなしていくのは非常に難しいですよね。「仕事から疲れて帰ってくると、子どものお世話で手がいっぱいで家事ができない」「どのように家事を進めていけばよいのか分からない」など、働くママにとって子育て、仕事、家事をどのようにこなせばよいのか悩む方も多いです。

子育て、仕事、家事のすべてを完璧にするのはママの負担が大きく大変なので、完璧にしようとするのはあきらめて、優先順位をつけて行動しましょう。優先順位をつけると毎日の生活の中で、どのように自分が行動すればよいのかが分かりやすいですよ。

たとえば、日中は仕事、仕事から帰宅後は子育てを優先する場合、仕事から帰ってからは家事よりも子どもとすごす時間を大切にするとよいでしょう。

後回しにできるものは後にしよう!

子育て、家事、仕事をうまくこなしていくためには、「あれもしなきゃ。これも今しないと」と自分を追い込まずに、後回しにできるものは後でやるようにするとよいでしょう。「今やらないとだめ」と完璧にしようとするとママの負担が大きくなり、精神的にも体力面でも辛い状況になってしまいますよね。

先輩ママに聞いてみると、育児と仕事の両立だけでも大変な毎日なのに、そこに家事も完璧にこなすことは難しいと話してくれました。家事の中でもやらなくてはいけないことと、後回しでもよいものをきちんと分けることで少し心に余裕ができるそうですよ。

先輩ママの場合は、家事の中で料理を優先しているそうです。洗濯や掃除は平日に時間がなければ週末にやるそうですよ。

頼れるもの、便利なものは積極的に使おう!

育児、家事、仕事をうまくこなしていくためには、自分1人でなんでもやろうとせずに、頼れるもの、便利なものを積極的に活用していくことが大切です。最近は、主婦の負担を軽くする家事の便利なグッズもたくさん売られているので、使ってみてもよいかもしれませんね。

先輩ママに聞いてみると、仕事が休みの日に家事をすべてやろうとしても、子どもを見ながらの家事はなかなか進まず大変だったそうです。そこで、知育おもちゃがたくさんついたベビーサークルをリビングに置き、子どもをサークルの中に入れてみたそうです。

ベビーサークルで遊ばせるようになってからは、30分くらいの間は1人遊びをするようになったので掃除などの家事がスムーズにできて嬉しいと話してくれました。

忙しい毎日を楽にするコツ~掃除、洗濯~

【コツ1】大人が使う部分は手抜き掃除

仕事をしながら育児をしていると、家事をする暇がほとんど取れないことも多いのではないでしょうか。掃除や洗濯は完璧を求めず、手抜きしながら進めていくとよいかもしれませんね。

仕事をしているママは家にいる時間も短いので、家の中をすべてピカピカに掃除することは難しい方も多いですよね。しかし、ずっと掃除をしないでいると家の中がゴミ屋敷のようになり、住みづらくなってしまいます。

そこで、子どもとすごすスペースはこまめに掃除するようにし、大人しか使わないスペースだけ手抜き掃除をするとよいでしょう。リビングやダイニングなどの子どもとすごすスペースは、食べこぼしなどがあるとすぐに汚れるのでこまめに掃除したほうがよいでしょう。

【コツ2】洗濯は週末などにまとめてやる

「洗濯は毎日したい」と思うママは多いかもしれません。しかし、仕事をしていると朝は子どもとママの準備に大忙しで、「洗濯機を回す暇がない」と悩む方もいますよね。

フルタイムで仕事をしている友人に聞いてみると、平日は子育てと仕事、家事は料理を作るのと後片付けで手がいっぱいだそうです。そこに洗濯をやろうとすると、寝る時間を削るか子どもと遊ぶ時間を減らすしかないので、平日は洗濯をするのを諦めて仕事が休みの週末にまとめて洗濯をしているそうです。

週末は朝から何回も洗濯機を回し、干すのに大忙しだそうですが、平日に少しでも子どもとスキンシップをとったり、遊んだりする時間をとってあげたいと思っているそうですよ。

【コツ3】無理な時は家事代行サービスを!

「最近残業続きで帰りが遅いので、家事をする時間が取れない」「仕事と育児で疲れてしまって、家事をする元気がない」というママもいますよね。そのようなときは無理をしないで、家事代行サービスを利用することをおすすめします。

家事代行サービスは、仕事で忙しいママに代わって掃除や洗濯、料理などの身の回りの家事をお任せできるものです。お家の中での家事だけでなく、食材や日用品の買い物をしてくれる所もありますよ。

「仕事と育児で精一杯」「たまには家事をしない日を作り、子どもと1日中遊んであげたい」という方は、「家事代行サービスに頼るなんて主婦失格だな」なんて思わずに、自分や家族の時間を大切にするためにも利用するとよいかもしれませんね。

忙しい毎日を楽にするコツ~料理~

【コツ1】買い物は週に1回買いだめする

仕事をしているママは、仕事が終わると保育園などに子どもをお迎えにいかなければなりません。仕事終わりに買い物にいくとなると子どもを連れていかなければならないため、時間がかかってしまいますよね。

そこで、買い物は週に1回にして買いだめをすると、時間短縮になるのでおすすめですよ。仕事が休みの日に1週間分の食材や必要な日用品などをまとめて買っておくと、急な残業が入っても安心ですよね。

また、1週間分をまとめ買いすることで、買い物にいく回数が減り無駄な出費が減らせるので、節約できることもあります。毎日買い物にいくと「このお菓子おいしそう」などと、ついつい無駄遣いしてしまう人も多いですよね。節約したい方にも、まとめ買いはおすすめですよ。

【コツ2】週に1回まとめて下ごしらえする

家事の中でも、料理にかかる時間は長いですよね。夫婦だけの生活だと仕事から帰ってすぐに料理にとりかかれますが、子どもがいると料理をしようとしても「ママ遊んで」と邪魔をされたり、ぐずって料理が進まなかったりしてイライラすることも多いのではないでしょうか。

「毎日いちから料理を作るのは大変」「料理を手早く作りたい」という方は、週に1回まとめて下ごしらえすることをおすすめします。たとえば、コロッケやとんかつを作る場合、休みの日に衣までつけておいて冷凍保存するとよいでしょう。使う日に解凍しておくと揚げるだけでよいので、時間短縮になりますよ。

また、野菜などもあらかじめ切って保存するのもよいかもしれませんね。

【コツ3】宅配サービスを利用する

家事の中でも、とくに料理や買い物には時間がかかりますよね。仕事や育児で忙しいママには、宅配サービスを利用すると便利ですよ。

イオンなどの大型スーパーでは、前日の夜に食材や日用品などのほしいものをリストに入れておき注文すると、翌日の指定した時間に自宅まで届けてくれる宅配サービスがあります。24時間いつでもネットで注文ができるので、子どもを寝かしつけたあとにゆっくり買い物ができてよいですよね。

子どもを連れて買い物にいくのは時間もかかりますし、仕事終わりに買い物にいくのはママの負担も大きいです。宅配サービスを活用して、買い物にいく手間が少しでも省けると料理やほかの用事ができたり、子どもと遊ぶ時間が増えたりして、嬉しいですね。

育休中に取りたい!ママに人気の資格3選

転職にも有利!日商簿記

ママは子育てや家事に毎日忙しいですよね。「働きたいけど、何も資格を持っていないので仕事が見つかるか心配」「育休中に何か資格を取って、いつか転職したい」と悩むママも多いのではないでしょうか。

今回は、ママに人気の資格3選をご紹介します。まず1つ目は、将来性もバツグンの日商簿記の資格です。

経理や財務系の資格の中で、特に有名なものが日商簿記検定といわれています。財務諸表を読む力や、企業の経営管理の基礎知識を身につけられる資格ですよ。

日商簿記検定は3級~1級までありますが、実際に企業の現場で使える技能が身につけられるのは2級といわれています。ステップアップして1級を取得できると、税理士試験の受験資格も得られますよ。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

ママに人気の資格3選の2つ目は、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格です。マイクロソフトオフィススペシャリストと聞いても「どのような資格なの?」と思う方も多いですが、事務系の仕事にいかせる資格で「MOS」といわれています。

「MOS」は世界的な資格といわれていて、「MOS」よりも取得が難しい「MOSエキスパート」「MOSマスター」とステップアップしていけます。「MOSマスター」まで取得できると、就職にかなり有利になりますよ。

「MOS」の資格は取得していると就職に有利なので、学生の頃からとる方も多いそうですよ。会社で資料作成などの事務作業がスムーズにできるようになるので、事務系の仕事についたときにも会社の即戦力になれそうですね。

アドビ認定エキスパート

ママに人気の資格3選の3つ目は、アドビ認定エキスパートの資格です。「アドビ認定エキスパートってどのような資格なの?」と思う方も多いですよね。

アドビ認定エキスパートの資格は、「Photoshop」「Illustrator」などの、アドビのソフトウェアに関する専門家だという証明になるものです。「デザイナー系の仕事をしたい」と思っている方が取得すると、有利になる資格ですよ。

この資格があれば在宅ワークがやりやすくなるので、子育て中のママでも子どもが寝てからできたり、幼稚園に行っている間にできたりと、すきま時間に仕事をすることができます。デザイナー系の仕事をもらうためには、資格があると役立つでしょう。

子育て中のママに人気の職種3選

カフェやレストランなどの飲食店

子育てをしながら仕事をするのは、ママにとって大変なことですよね。今回は、子育て中のママに人気の職種3選をご紹介します。

まず1つ目は、カフェやレストランなどの飲食店の仕事です。カフェやレストランでの仕事は大きく分けて2つあります。接客や配膳をするホールの仕事と、厨房で料理をするキッチンの仕事です。

カフェやレストランは難しい仕事内容ではないので、未経験でも働きやすい所がよいですよね。また、短時間から働ける所が多いことや、シフトの融通がきくなど、子育て中のママでも働きやすい環境ですよ。

カフェやレストランでは早朝から営業しているお店もあるので、子どもが寝ている間に働きにいける所も、ママにとってポイントが高いですね。

テレアポ、テレオペなどのコールセンター

子育て中のママに人気の職種3選の2つ目は、テレアポやテレオペなどのコールセンターでの仕事です。テレアポやテレオペなどのコールセンターの仕事は、通信販売やユーザーサポートなど、企業の窓口として電話でお客様とやり取りをする仕事です。

お客様に電話をし、サービスの案内や新商品の案内をする発信業務と、お客様からかかってくる電話に受け答えをする受信業務があります。未経験からでも働きやすく、研修などもあり電話でのマナーやさまざまな知識を身につけることができますよ。

また、イスに座って働く仕事なので「体力に自信がない」というママにもおすすめです。シフトの融通もききやすく短時間からでも働けるので、子育て中のママは働きやすいですね。

Webライターなどの在宅ワーク

子育て中のママに人気の職種3選の3つ目は、Webライターなどの在宅ワークです。「働きたいけど、働きに行く時間が作れない」「子育てや家事のすきま時間に仕事をしたい」という方は、Webライターなどの在宅ワークがおすすめですよ。

Webライターなどの在宅ワークの仕事は、パソコンがあれば未経験の方でもすぐに始められる仕事です。在宅ワークの場合は、自分のペースで進められる仕事が多いので「育児や家事に支障がないように働きたい」というママでも働きやすいでしょう。

友人の話では子どもを出産してから仕事を辞めたそうで、自宅でできるWebライターに転職したそうです。子どものお昼寝中などに記事を書いているので、仕事をするのが楽しいと話してくれました。

まとめ

ママになると自分の時間を作ることが難しくなりますし、育児や家事、仕事をうまく両立させることはとても大変ですよね。「育児と仕事を両立していけるか不安」というママも多いですが、家事を上手に手抜きしたりパパや家族に頼ったりしながら、完璧を求めないことも大切ですよ。

また、ママになっても「仕事をやりたい」という方も多いですよね。「子どもが小さいから働くのは無理」とあきらめず、資格取得や転職にチャレンジしていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018