就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友同士で一緒にパートで働く!同じ職場で働くメリットデメリット

ママ友同士で一緒にパートで働く!同じ職場で働くメリットデメリット

子育てがひと段落して久々に仕事を始めるとき、ちゃんと働けるか緊張してしまいますね。そんなとき気の合うママ友と一緒に働くことができればとても心強いです。でも、友だちと働くのはメリットばかりではありません。デメリットもきちんと理解して、ママ友と上手な仕事関係を築くことが大切なようです。

ママ友同士で同じ職場で働くメリットとは

同じ子を持つ親としてフォローし合える

ママ友同士であればお互いの事情をよく知っているため、仕事でもフォローし合うことができます。フォローし合える仲間が職場にいるというのは、心強いことです。

例えば職場のママ友の子どもが急に病気になって仕事を休まないといけないとき、仕事によっては代わりにママ友の分も働いてあげることができますね。「私が職場で頑張るから、あなたは子どものケアをしっかりしてあげて」と伝えれば、ママ友は安心して休むことができます。

逆に、自分が幼稚園のPTAなどで急に休まなくてはならなくなったとき、「前に助けてもらったから」と、今度はママ友が助けてくれるかもしれません。普段から良好な関係であれば、職場でもこうしてフォローし合うことができますね。

休憩時間が楽しい!子ども抜きで話せる時間

子どもをとおして出会ったママ友とは、普段子ども連れで会うことがほとんどだと思います。小さな子どもが一緒にいると、おしゃべりしていても子どもがトラブルを起こしたり、かまってほしくて話を邪魔したりしてなかなか話が進まない、なんてことも多いですね。

職場なら当然子どもはいません。休憩時間であれば子どもの中断を気にすることなく他愛ないおしゃべりを楽しむことができますよ。子育て以外の話から、意外な共通の趣味などが見つかるかもしれませんね。

休憩時間に話す相手がいるのは楽しいばかりではなく、職場で疎外感を感じる心配もなくなります。休憩時間なのでそんなに長い時間話せるわけではありませんが、それも逆にメリハリがついて、楽しい時間を過ごせますよ。

仕事のことを相談し合える

仕事をしているとわからないことがあって困ったり、理不尽なことを言われてストレスがたまったりすることがありますね。そんなときは誰かに相談したくなります。

職場の仲間に相談をすると、ほかの仕事仲間に話が広まって居づらくなってしまう心配があります。また職場とは全然関係のない人に話したところで、状況がわからないためなかなか親身になって聞いてくれませんね。

同じ職場に気心の知れたママ友がいれば、仕事のことも気軽に相談し合うことができます。仕事が終わってから子どものお迎えまでの間、数十分でもお茶をしながら相談するだけで気が晴れることもあります。「こうするといいよ」というアドバイスも、ほかの人より的確かもしれませんね。

ママ友同士で働くデメリットは大きい

行事が一緒だとシフトの取り合いになる

ママ友と幼稚園や保育園が同じだったり、同じ時期に子ども会の役員になったりすると、行事などが重なってシフトの取り合いになる可能性があります。職場に同じような境遇のママがほかにも働いていれば、休みたいのにどちらかが出ないといけない、なんてことも考えられますね。

幼稚園などの行事を休めば子どもがさみしがるし、ほかのお母さんの手前を考えるとPTAや子ども会の集まりも休み辛いです。でも、仕事も休めない、といった板挟みの状態になってしまいます。

シフトの取り合いについて、上司に相談しても「自分たちで解決してください」と言われることがほとんどです。ママ友との話し合いの末、解決方法がじゃんけん…なんてことにもなり、しこりが残る恐れもあります。

ライバル意識が友人関係の邪魔になる

仕事をしていると他人から評価を受けることが多くなります。そのため同じ職場で同じ仕事をしていると、ママ友の評価を目の当たりにしたり、自分への評価をママ友が知る機会もあります。

ママ友が同僚や上司から頻繁によい評価を受けているのに、自分がそういった評価をほとんど受けていなければ、あまりいい気持ちはしませんね。「ママ友はあんなに仕事を任されているのに、私はまだこんなことしかさせてもらえない」などと劣等感を感じてしまうきっかけにもなってしまいます。

そんなことが続くと「ママ友に馬鹿にされないように!」と思って余計なプレッシャーを感じることも。これではせっかくのママ友という気軽な存在がライバルになってしまいます。

収入面が明るみになり妬みの対象に

同じように仕事をしていても、その仕事に必要な資格を持っていれば給料はおのずと高くなります。もしママ友が資格を持っていて、同じ仕事していても自分より給料がよければ、「仕方ない」と頭ではわかっていても面白くはありません。

また基本給が同じでも、ママ友がシフトにたくさん入っていれば月額の収入は自分より多くなります。そういったことが続くと自分よりもママ友が優遇されているような印象を受け「私よりシフトにたくさん入れてもらっている」と、モヤモヤしてしまうものです。

このように、同じ職場で働いていると相手の収入がなんとなく把握できてしまいます。ママ友が自分より収入が高いことに気付くと、妬みや嫉妬の感情を抱いてしまう恐れがあります。

ママ友同士で一緒のパート先で働く注意点

ママ友と同僚のメリハリをつける

ママ友は、普段であれば「友だち」という同等の立場です。しかし同じ職場で働いていれば仕事に優劣が付き、それをきっかけに関係がぎくしゃくしてしまうことも考えられます。

このような職場でのママ友とのトラブルは、「一緒に働いているのがママ友」という感覚から抜け出せないために起こることが多いようです。反対にたとえ「ママ友」であっても仕事中は「同僚」と割り切ることができれば、うまく仕事を続けていくこともできます。

心がけたいのが、仕事とプライベートのメリハリをはっきりとつけることです。例えば仕事をしているときは幼稚園や保育園など、子どもに関係した話をしないようにして、言葉遣いから「同僚」として接するようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj