就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳児にかかるお金の悩み。小学校はどれくらいお金がかかる?

6歳児にかかるお金の悩み。小学校はどれくらいお金がかかる?

ついこの間まで赤ちゃんだったのに…気付けば小学校入学を迎える年齢まで成長してくれた我が子。ランドセルを背負う姿は感慨深いものがありますね。しかし、「小学校の入学準備金」や「習い事にかかるお金」など、どれくらいのお金が必要なのかも気になります。そこで今回は、小学校にかかるお金事情を解説していきます。

小学校入学時に必要なものと費用について

入学金は無料!公立の小学校の場合

小学校は義務教育機関なので、公立校に通う場合入学金は無料となります。幼稚園までは公立でも入園金がかかっていたので、無料になるのは助かりますね。

しかし、入学に当たって購入が必要なものもいくつかあります。まずは「ランドセル」。年々購入時期が早まってきているといわれていますが、金額は30,000円~60,000円くらいのものが主流のようです。

次に、各学校指定の学用品がいくつかあります。
  • 上靴
  • 防災頭巾
  • 赤白帽
  • 体操着
  • 算数セット
  • 絵の具セット
  • 粘土・粘土板・粘土ヘラ
  • クレパス
  • 鍵盤ハーモニカ
  • カスタネット
学校ごとに内容や金額は違いますが、8,000円~12,000円くらいかかるようです。

寄付金も払う?私立の小学校の場合

文部科学省によると、私立小学校に通う子どもの割合は1.1%となっており、全国的に見るとかなり少数派のようです。しかし、近年では子どもの数が減ってきていることもあり、首都圏を中心に私立小学校入学のために「お受験」する子どもも少なくありません。

私立小学校はお金がかかる、というイメージがあるかもしれませんが、実際は学校によって入学金は大きく異なり、10万円~40万円程度かかります。そのほかに施設・設備費として、1万円~高いところでは40万円ほどかかる学校もあるようです。

また、私立校には学校に無償で提供する「寄付金」というものがあります。学校によりますが、1口1万円~10万円ほど。あくまで「任意」なのですが、収めている人は多い傾向にあるようです。

家庭で揃えたいものとは

小学生になると、宿題など家庭でする課題が多くなるので、学習机を準備するかは悩むところです。最近では「リビング学習」などといわれ、あえて子ども部屋をつくらないスタイルをとる家庭も多いようなので、子どもの様子を見ながら購入を検討してもよいかもしれませんね。

机のほかに、入学前に家庭で揃えておきたいものの例をあげておきます。
  • 入学式用の服
  • 防犯ブザー
  • 鉛筆・筆箱など文房具一式
  • ノート・連絡帳
  • ファイル・バインダー
  • 上靴入れ・体操着袋
  • ぞうきん
  • 傘・合羽・長靴
持ち物の名前書きには「お名前シール」がおすすめです。手書きタイプもありますが、自宅でプリントするものや、ネットで注文できるサービスもあるのでぜひ活用してみてください。

毎月かかる費用と臨時出費について

授業料は無料!公立小学校の場合

入学金同様、公立小学校では授業料は無料となりますが、学校教育費や給食費として毎月9,000円程度は必要になってきます。

【一年間の学校教育費】
授業料 0円
修学旅行・遠足・見学費 6,738円
学校納付金等 10,135円
図書・学用品・実習材料費等 19,049円
教科外活動費 2,714円
通学関係費 17,574円
その他 3,833円
合計 60,043円

【一年間の学校給食費】
合計 44,441円

合計 104,484円
12カ月で割ると、1カ月8,707円がかかる計算です。

このほかに消耗品の購入費などはかかりますが、それでも幼稚園・保育園にかかった費用に比べると、だいぶ安くなっているのではないでしょうか。

■文部科学省
平成28年度子供の学習費調査の結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

公立の14倍?私立の小学校の場合

私立小学校の学校教育費の平均は、公立に比べるとかなり高額になっています。

【一年間の学校教育費】
授業料 461,194円
修学旅行・遠足・見学費 41,797円
学校納付金等 226,022円
図書・学用品・実習材料費等 30,923円
教科外活動費 12,512円
通学関係費 89,317円
その他 8,643円
合計 870,408円

【一年間の学校給食費】
44,807円

合計 915,215円

「学校教育費」で比較すると、公立小学校の60,043円に対して私立小学校は870,408円なので、「14.49倍」という計算になります。教育費は6年間にわたってかかるので、入学金なども含めると総額は約500~700万円になるでしょう。

■文部科学省
平成28年度子供の学習費調査の結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

学校外活動費について

一般的に「教育費」といわれるものには、先ほど紹介した「学校教育費」と、習い事や学習塾などにかかる「学校外活動費」の2つがあります。未就学児に比べ、小学生は習い事を複数している子どもが多く、かかる費用も多くなっています。

【一年間の学校外活動費】
公立小学校 217,826円
私立小学校 613,022円

公立ではスポーツ系の習い事をしている割合が比較的高くなっています。一方私立では約半数が「補助学習」としての費用がかかっているようなので、学習塾に通っている割合が高いといえます。

公立小学校に通う子どもでも、1カ月平均約18,000円の習い事費用がかかっているようです。安くない金額ですが、子どもの将来のためにも、必要な経費といえるでしょう。

文部科学省
平成28年度子供の学習費調査の結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf
32 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版