就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものお年玉相場はどれくらい?0~6歳までのお年玉にまつわる話

子どものお年玉相場はどれくらい?0~6歳までのお年玉にまつわる話

お正月は子どもにとって嬉しい「お年玉」があります。しかし、ママやパパからすると自分の子だけではなく、親戚や親しい友人のお子さまにも渡すことになるため「お年玉貧乏」になってしまうことも。そもそもお年玉の文化がなぜあるのか、小さな子どもにはいくらぐらい渡すものなのかなど、就学前の子どもを対象にしたお年玉にまつわる話をご紹介します。

お年玉の由来は?いつからあげるものなの?

子どもにお年玉を渡す意味

諸説は様々ですが、お正月は元旦に歳神様(としがみさま)を迎えるための行事とされています。新年の神様である歳神様は毎年元旦に幸福と恵みとともに「魂」を各家に分け与えにいらっしゃいます。

歳神様は鏡餅に依りつき、魂が宿った鏡餅が「御魂(みたま)」となり、それが「年魂(としだま)」となります。その「年魂」である鏡餅を家の家長が「御年魂(おとしだま)」としてみんなに分け与えられていたことがお年玉の由来です。

時の流れによりお餅がお金に変化し、「御年魂」=「お年玉」と今のような文化が形成されました。どうしても金額の大小の話になりがちですが、お年玉には立派な意味が込められていますね。子どもにも伝え残しておきたいお話です。

お正月を子どもと一緒により楽しむための記事はこちらが参考になります。

お年玉を渡す時に気をつけること

お年玉は子どもにあげるイベントのようなイメージですが、他のお祝い行事と同じようにマナーや注意することがあります。

【お年玉のマナー】

・お札は新札を入れる
お年玉もご祝儀(結婚祝い・出産祝いなど)と同じように新札を包むことが一般的なマナーです。子どもに渡すとはいえ、管理するのは親なので失礼がないよう心掛けましょう。

・ぽち袋やお年玉袋には宛名を書く
お年玉はぽち袋やお年玉袋に入れて渡します。表側に渡す相手の名前、裏に渡す人の名前を書くのが一般的ですが、袋によっては裏側に両方書くケースもあります。


【渡す相手への注意点】

基本的にお年玉は目上の人が新年のお祝いとして渡すものとされるため、会社の上司のお子さまに渡すのは失礼にあたります。気になさる方もいるかもしれませんので注意しておきましょう。

赤ちゃんにもお年玉は必要?

いつからお年玉をもらっていたのかという記憶は全くないですが、そもそも子供が何歳になったらお年玉をあげるものでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんにも必要なのかなと疑問に思いますよね。

実は明確に何歳から何歳まであげるというのは決まってなく、家族の風習に依存することになります。代々赤ちゃんにもお年玉をあげる家族もあれば、ものごころがつき始める2~3歳からあげる家族もあり様々です。

特に風習がない場合は一つの指標として、出産祝いを贈った場合は渡さずに、贈っていない場合は出産祝いも込めて渡している方が多いようです。

また、自分の子どもが0歳の時にお年玉をもらった場合は、相手の子どもが産まれた年には渡すようにするのも礼儀です。

0~6歳までの子どものお年玉相場

【0~2歳】500円~1,000円、代わり物でもOK

0~2歳はものごころがつく前のなので、お金の意味がわからない時期です。そのため、お年玉の代わり物としておもちゃやお菓子などを渡しても問題ありません。

とはいえ、代わり物を選ぶのは悩みますよね。年齢で考えた場合、まだお菓子を食べられない0~1歳はおもちゃ、2歳はお菓子の方が喜ばれる傾向にあります。

友人ママの話では、おもちゃはぬいぐるみやポシェットなど、お菓子はたまごぽーろやクッキーの詰め合せが気軽で良かったそうです。この年頃は現金よりも実用的な代わり物の方が、わざわざ選んでくれたんだ!と嬉しい気持ちになるそうです。

0~2歳の相場は1,000円が平均的で、多くても3,000円ぐらい。あまり大きな金額は逆に相手の負担になるので控えましょう。

【3~4歳】1,000円~2,000円

3歳を過ぎると、ものごごろがつき始める頃になるので、現金で渡す方が多くなります。お金の意味がわかるかどうかは微妙な時期ですが、何か嬉しいものをもらったという気持ちが芽生えています。子どものおもちゃにはコインが多いこともあり、お札よりも硬貨をあえてあげるのも面白いです。

また、3歳になりたての子と4歳の後半の子では全くお金に対する認識に差が出てきます。3歳の子は、お金よりも物の方が喜ばしく、絵本やお菓子などの代わり物、もしくはお金とお菓子のセットをあげても良いです。

4歳の子はお金の意味を少しずつ理解してきている時期なので、500円玉、100円玉、10円玉などお金の種類を多く混ぜておくと、嬉しいものをもらった感が増して喜ばれます。

【5~6歳】2,000円~5,000円

5~6歳になると自分から欲しい物が出始め、それがいくらで買えるのかもわかってくる時期です。相場はまちまちですが、2,000~5,000円ぐらいが多く、この頃から本格的なお年玉が始まると言えます。

もちろん、就学前までは代わり物でも問題ありません。おもちゃも年齢に合わせて価格も上がってくるので、好きなおもちゃを買ってあげるのも良いですね。男の子はゲームやラジコン、女の子はお人形さんやおもちゃカメラなど、自分で動かすことができるおもちゃが人気を集めています。

この頃から金額も増えてくるため、現金を渡す場合はお年玉のマナーも本格的に取り入れる時期になります。子どもに渡すと同時に相手の親にも渡すということを理解しておきましょう。

貯金派?使う派?子どものお年玉の使い道

子どもにお金のことを教えるきっかけに

お年玉(現金)を受け取る側は、その使い道をどうするか考える必要がありますね。0~6歳はまだ自分でお金の管理ができない年頃なので親が管理することになります。子どものために貯金するのか、使うのか悩ましいところです。

お年玉は子どもにとって初めての収入。0~4歳まではお金の意味を教えるにはまだまだ難しいですが、5~6歳ごろは意味もわかってくるのでお金の管理方法を教える絶好の機会になります。

貯金するにも、欲しいものを買うにも何故そうするのか?という理由を一緒に考えてあげることが大切で、親の強制的な判断で使い道を決めるのではなく、子どもと一緒にお金のことを考え、使い方を任せる心構えでいることが大事です。

お年玉のありがたみとお金の大切さを伝えることができたらいいですね。

私はお年玉を全額貯金しています

お年玉をどのように使っているのかを友人ママに聞きました。やはり多かったのが全額貯金派。ただ、貯金といっても理由は様々です。

・子ども自身でお金の管理ができるようになったら渡してあげる
・今後欲しいものが出てきたらそこから使ってもらう
・とりあえず貯金をしている

自分でお金の管理ができるようになるまでは貯金しておくというのは納得ですね。仮に今回のような相場で0~6歳まで貯めるとした場合、複数の人からもらうとなると20,000円ぐらいまで貯められるのではないでしょうか。

子どもにとって10,000円以上にもなるとかなりの大金です。貯金しておいて将来的に欲しいものが出てきたら、使わせてあげることはお金の大切さを教えるきっかけにもなります。

私はお年玉を全額使います

お年玉は全額使うという人もいました。もちろん、生活費や親のお小遣いにするのではなく、子どもが喜ぶものを買い揃えるためです。また、現金ではなく代わり物をいただくことが多かったので貯金があまりできなかったという意見もありました。

・もらった相手におもちゃでも…と言われたのでおもちゃを買った
・子どもが遊べるおもちゃのジャングルジムを買った

お年玉を勝手に使うのは気が引けますが、子どものために使うことは決して悪いことではありません。渡す人も子どものためにと思っているので喜ばしいことだと言えます。

半分貯金して半分使うというハイブリットな意見もあり、お年玉の使い道に正解はありません。自分たち家族に合う方法を考えることが一番です。

まとめ

小さい頃のお年玉の印象は、年末の新聞に挟まれる折り込みチラシのおもちゃ欄を眺めながら、お年玉で何を買おうかな~と妄想していた記憶があります。その頃はお年玉の由来なんて知るよしもありませんでした。

中国や台湾にも同じような風習はありますが、お年玉は日本独自の伝統文化です。将来的には形が変わるかもしれませんが、お年玉の本来の意味は伝え残したいお話ですね。

子どもが自分でお金の管理をできるようになった時、これまで貯金していたお年玉やその年にもらったお年玉をどのように使うのか、成長が楽しみですね。

ちなみに私はすぐに全部使ってしまう子でした。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

宮本 将弘

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018