就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ポイントカードアプリ活用術!押さえておきたい知識や注意点を紹介

ポイントカードアプリ活用術!押さえておきたい知識や注意点を紹介

最近は、アプリタイプのポイントカードも定着してきました。お店でアプリのダウンロードをすすめられることも多いですよね。そこで今回は、ポイントカードアプリで知っておきたい知識とポイントカードアプリの利点と欠点、ポイントカードアプリを利用する際の注意点などについてお話しします。

ポイントカードアプリで知っておきたい知識

ポイントカードアプリとは

「ポイントカードアプリって何のこと?」というママもいることでしょう。ポイントカードアプリには2種類あります。

一つはお店もしくは企業が提供する公式アプリで、カードタイプのポイントカードに代わるものです。もう一つはお店のポイントカードと該当するアプリを連携させることにより、アプリのバーコードをレジで読み込んでポイントが貯められるというものです。

どちらも会計時に、後ろの人の視線を感じながら慌ててポイントカードを探す手間を省くことができます。日常的によく使うアプリはスマホのメイン画面にアイコンを表示させておくと、アプリを探す必要もありません。

ポイントカードアプリを上手に使いこなして、お得なポイントを貯めていきたいですね。

スマホへアプリをダウンロードする方法

ポイントカードアプリをスマホへ入れるには、Androidの場合はPlayストアから、iOSの場合はApp Storeから該当するアプリを探し出してダウンロードする必要があります。

アプリをスマホにインストールして画面を開くと、様々な説明とともに会員登録の画面があらわれます。そこに氏名、電話番号などの必要事項を入力して初めてポイントカードアプリが使えるようになります。

会計時にその場でアプリをダウンロードするのは面倒なので、よく行くお店のポイントカードアプリをあらかじめ探してスマホに入れておくと便利ですよ。

セールや新商品の情報などの通知も定期的に届くので、チラシをチェックしなくても自然とお得な情報を得ることもできます。

アプリでのポイントの貯め方や使い方

「どうやってポイントを貯めたり使ったりしたらよいの?」と首をかしげるママもいるかもしれません。

お店の公式アプリの場合、アプリ内に会員証やメンバーズカードのバーコードが表示されるページがあるはずです。会計時にそのバーコードをスキャンしてもらうことにより、ポイントを貯めることができますよ。

Androidを使っているのであれば、一部ポイントカードアプリに限り、バーコードを表示させなくてもスマホをレジでかざすだけでポイントが貯められるものもあります。

貯めたポイントを使うときは、アプリ内にポイントがいくら貯まったのかわかるページがあり、ページ内に「ポイントを使う」というようなタブがあるはずなので、そこをクリックして会計時に提示するようにしましょう。

キャッシュレスって便利。今の生活に77JCBデビットを!

PR

「キャッシュレス」と聞いて、お金の管理ができずに使い過ぎてしまうんじゃないかと、心配・不安に思う方もいるのではないでしょうか?今回は、宮城県の地方銀行「七十七銀行」の「77JCBデビット」を例にキャッシュレス決済の良さを紹介いたします。

ポイントカードアプリの利点とデメリット

メリットはスマホ1台でポイント集めが可能

一見便利そうなポイントカードアプリですが、具体的にどんなメリットがあるのか気になるママもいることでしょう。

ポイントカードアプリの大きなメリットの一つに、スマホ1台でポイント集めが可能という点が挙げられます。

会計時に財布に入っているはずのポイントカードを毎回探すのが面倒というママもいることでしょう。また、せっかく作ったポイントカードを自宅に忘れてしまい、ポイントが貯められなくてがっかりしたということもあるかもしれません。

その点スマホであれば外出時は必ずを持ち歩くというママがほとんどでしょう。そのスマホにポイントカードが入っていれば、財布の中を探したりカードを自宅に忘れたりすることがないので便利ですよね。

スマホの容量圧迫などのデメリットも

ポイントカードアプリのデメリットとしては、スマホのデータ容量を圧迫することが挙げられます。

マイクロSDカードを挿入して容量を自由に増やせるタイプのスマホであれば、問題はないのですが、最初から容量が決まっているタイプの端末を使っていると、アプリを入れる度に容量が減っていきます。

容量がいっぱいになりすぎると、スマホが固まってしまったり、起動しにくくなったりするので要注意ですよ。

また、スマホの充電が切れるとアプリを表示することができないため、ポイントを貯めることが難しくなります。この場合、登録している電話番号や会員番号を伝えることにより、お店の端末で操作できるケースもあるので、相談してみましょう。

ポイントカードをまとめて管理するアプリも

ポイントカードアプリを使い始めると、その便利さについ色々なお店のアプリをスマホにダウンロードしてしまうことでしょう。アプリの数が増えると、その分アプリの管理が面倒になってきます。

「このお店のアプリ、どこにいったっけ?」と探すことが多いママには、ポイントカードアプリをまとめて管理することができるアプリを入れることをおすすめします。

まとめて管理できるアプリであれば、そのアプリの画面を開くだけで登録しているポイントカードの一覧を表示させることができ、そこから簡単にバーコードを表示させることができますよ。

登録できるポイントカードには限りがあるので、ママがいつも使っているアプリが登録できるか事前に確認しましょう。

ポイントカードアプリを利用する際の注意点

使用できるお店が限定されている

ポイントカードアプリを利用する際にはいくつかの注意点があります。まず、ポイントカードアプリはどこのお店でも使えるというわけではなく、使用できるお店が限定されていることもあるので注意したいですね。

アプリをダウンロードする前に、ママがいつも利用している店舗がポイントカードアプリに対応しているかどうかを確認しておくとよいでしょう。ネットで調べても分からない場合は、お店の人に直接聞いてみるのが一番です。

また、お店の公式アプリがあっても、アプリ内で買い物履歴やポイント残高が表示できるのみで、実際にポイントを貯めるにはプラスチック製のポイントカードが必要というケースもあるので要注意です。この場合は、プラスチック製のカードを会計時に提示する必要があります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事