就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳から挑戦したい料理のお手伝い!メリットやママの上手な関わり方

3歳から挑戦したい料理のお手伝い!メリットやママの上手な関わり方

おままごとの延長で、3歳の子どもがお料理に興味を持つことは多いですよね。包丁や火などもあるためキッチンは危ないと思うママもいますが、子どもは大好きなママのお手伝いをしたくてうずうずしています。子どもが楽しく安全にお料理のお手伝いができる方法や、お手伝いをするメリットをご紹介します。

子どもがお手伝いすることのメリットは?

親子のコミュニケーションの機会が増える

子どもと一緒にキッチンに立っていると、自然と親子の会話が生まれますよね。「ハンバーグを作るからお肉をこねてね」「キャベツの葉っぱをちぎってくれる?」など、ママは子どもに何を手伝ってほしいのかを伝えたりしますよね。子どもはそれに答えて返事をしたり、どうやったらよいか分からないときは「どうやるの?」と、自然な流れで会話のキャッチボールが楽しみやすい環境といえます。

子どもを交えながらママやパパが一緒に同じことをすると、お互いが別々の場所で過ごすよりもコミュニケーションの機会が増えますよ。3歳の子どもは、ママやパパがやっていることを真似っこしたいという欲求が強まる時期にもなります。一緒にできる喜びも感じられ、ママやパパと一緒にいることがより楽しく思えますね。

生活力のスキルアップにつながる

お着替えを1人で行うことや、お箸を使ってご飯を食べるといった生活にかかわる行動は、いくら言葉や絵本で教えても身につきにくいですよね。お料理をはじめ普段ママやパパが行っている家事も、言葉や絵本では身につきにくいことです。実際にお手伝いとして経験することが、子どもの生活力を上げることにつながります。

洗濯物をたたむことや掃除をすることなども、お手伝いを通じて少しずつできるようになっていきます。生活力のスキルアップのためには、お手伝いは欠かせないものといえますね。

今までは多くのことをママやパパ頼りだった子どもも、将来自立するために自分でできることを増やしていく必要があります。お手伝いを通じて生活力を高められるとよいですよね。

親からの信頼を感じ自己肯定感が育まれる

子どもがお手伝いをしてくれたら、自然とママやパパは「ありがとう」という感謝の言葉を口にする機会が増えます。子どももママやパパから感謝される経験が増えると、親からの信頼を感じます。

最初は失敗続きでも、お手伝いを繰り返すことで子ども自身も試行錯誤して上手にできるようになります。子どもが自信をもってお手伝いをする姿を見て、ママやパパも「これなら任せても大丈夫」と思うようになりますよね。「テーブル拭きが上手だから、今度からは任せようかな」とママから言われれば、子どもはより自信を持ちます。自分ができることが増え、自己肯定感も高まっていきますよ。

お手伝いはママやパパからの信頼を得て、自分自身の評価を高められるメリットがあります。

3歳児が楽しく参加できる料理のお手伝い

野菜の皮をむいたりちぎったりする

自己肯定感を高めるためにも、達成感を感じやすいお手伝いをお願いすることが大切です。まずは、道具を使わなくてもできるお手伝いをお願いするとよいですね。

サラダを作るためにレタスをちぎってもらったり、野菜炒めに入れるキャベツをちぎってもらったりすることは、3歳児にもできやすいお手伝いといえます。

丸いままのキャベツを渡して「キャベツの葉っぱを3枚とってくれる?」とお手伝いを頼んでもよいですね。子どもはキャベツの元の形も覚えられますよ。

・さやえんどうの筋を取る
・たまねぎの皮をむく
・トウモロコシの皮をむく

このようなお手伝いから始めると成功しやすく、子どもはお手伝いが楽しいと感じやすいですよ。

ラップに包んでおにぎりをにぎる

ラップの上にご飯をのせてさっと作れるおにぎりは、サイズを調整すれば3歳の子どもでも作れます。泥団子づくりにも似ているため、子どもも楽しくできるお手伝いになりますね。ふりかけを使ってトッピングをしたり、おにぎりの中に子どもが好きな具材を入れて丸めたりしてもよいですよ。

ラップを使ったおにぎりなら衛生的ですし、手にご飯がつく心配もないので後片付けも楽ですね。さらに洗い物などの作業と違っておにぎりという完成品ができるため、子どもの満足度も高まります。

子どもが作ったおにぎりを親子で一緒に食べて「おいしいね」と感想を伝えれば、子どもは上手にできたことだけではなく、ママやパパが喜んでくれた、家族の役に立ったという幸福感も得られるのではないでしょうか。

材料をかきまぜたりこねたりする

泡だて器を使って、ホットケーキやお好み焼きの生地をかきまぜて作る工程や、ボウルに入った肉だねをこねて肉団子を作ったりハンバーグを作ったりする工程は、子どもにとっては泥んこ遊びに通じる楽しいお手伝いです。

まぜるときに力加減が分からずに生地や肉だねが飛び出すことも多いので、子どもにお願いをするときには大きめで安定感があるボウルを用意するとよいでしょう。

野菜が苦手な子どもなら、ちぎったレタスなどを大きめのボウルに入れてドレッシングを混ぜて作るサラダを作ってもらってはどうでしょうか。自分が作ったということもあり、食べられるようになるかもしれません。ビニール袋に大きめにちぎったキャベツと塩昆布をいれて袋の上からもむ浅漬けもおすすめです。

お手伝いへのママの関わり方のポイント

子どもへ「ありがとう」を伝えよう

子どもがお手伝いをしたい動機の一つに、ママやパパに自分ができることを見てもらいたいという気持ちがあります。気持ちが先行して、どうしてもうまくできないことも多いですが、やろうという意欲に対して、ママは「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

お手伝いをしても失敗したとき、子どもはがっかりしますし自己肯定感も下がります。ですが、「お手伝いをしてくれたこと自体がうれしかったよ、ありがとう」とママから言われれば、子どもはまたお手伝いにチャレンジしよう、という気持ちが持てます。

ママからの「ありがとう」は子どもにやる気を出させ、失敗をしても認められるという自己肯定感を養います。失敗をしたときこそ、より「ありがとう」を伝えることが大切ですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC