就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの喪服はどうすればいい?喪服や小物のマナー注意点

子どもの喪服はどうすればいい?喪服や小物のマナー注意点

急な訃報で葬儀に参列しなければならなくなったとき、大人の喪服はあるけれど、子どもはどうしたらいいの?と戸惑いますよね。「黒っぽいものならなんでもいいの?それとも赤ちゃんや子ども用に用意しておかなければならないの?」と疑問も湧くでしょう。少しでもそんな悩みの助けになればと思います。

子どもの喪服は落ち着いた格好が基本

制服がある場合は制服で大丈夫

幼稚園や保育園に通っていて制服がある子どもなら、制服が礼服となります。制服は万能で、冠婚葬祭すべてに使えます。靴は、黒や紺など色が暗いローファーがよいですが、履き慣れていないなら黒いスニーカーでも構いません。ただし、黒でもローラーがついているもの、キラキラな装飾や金具が施されているものは避けましょう。

靴下も園で定められているものが正装ですが、もし制服はあるけれど、靴下は自由という園なら、黒色または白色を選びましょう。また長さは、ハイソックスが無難です。

制服に赤系のネクタイやリボンがついていても、はずさずそのまま参列してください。逆にネクタイやリボンをはずすと気崩したことになり、失礼となることもありますので気をつけましょう。

制服がない場合は黒で光沢なしが基本

制服がないときの服装は、光沢のある素材を避け、モノトーンでまとめましょう。基本は無地とし、色柄ものは避けます。金ボタンなどがついているものは、あらかじめ取り替えておくようにしましょう。

男の子は、黒のジャケットまたは黒や紺のセーターかベスト、襟ありの白シャツ、黒や紺のズボンです。小さい子どもなら半ズボンでも構いません。ジャケットはなくても、着回しのできる紺色のセーターはあるという方もいると思いますので、こちらの方が用意しやすいかもしれません。

女の子は、黒や紺のワンピース、またはジャンパースカートや、スカートに白ブラウスを合わせます。上に羽織るカーディガンも黒や紺のシンプルで上品なものを選びましょう。

赤ちゃんはシンプルで落ち着いたもの

赤ちゃんは、基本的には親族以外の葬儀や法事には連れていかないほうがよいでしょう。しかし、親族となるとそういうわけにもいきませんので、服装も気になるところですね。

赤ちゃんは、あまりにもきっちりしたものを着せられるとぐずったり、泣き出したりするので、きちんとした喪服規定はありません。黒や紺のロンパースやツーウェイオールがあればよいですが、ないことが多いです。そこで、黒、紺、茶、グレー、白などできるだけ地味なものを選びましょう。キャラクターもの、柄もの、紺でもデニム素材は避けましょう。

道中が長い場合、途中でミルクをもどしたり、便で汚してしまったりすることもあるので、最初から着せていくのではなく近くで着替えた方がよいのではないでしょうか。

気をつけて!髪型や小物にも注意が必要

髪型は清潔感のあるシンプルなもの

男の子の髪型は、目や耳にかからず、だらしないものは避けます。また、髪の毛を整えるためにとワックスやスプレーを過度に使って、光らせたりはしないようにしましょう。

女の子もまた、前髪が目にかかるのは避けましょう。髪が長い場合は、三つ編みにしたり、位置は耳より下でお団子にしたりしましょう。耳より上の位置のポニーテールや巻き髪などは、葬儀のときに相応しいものではありません。お祝いやパーティー向きの派手な髪型はしないようにしましょう。短い場合も、横の髪の毛が邪魔になるようならピンで留めてあげるか、くくってあげてください。

髪飾りは極力避け、ゴムやピンは黒にしましょう。またピンも黒でもラメなどが入っていないシンプルなものを選びます。

小物やアクセサリーの注意点

アクセサリーについては、基本的に光るものや金具、目立つもの、派手で華美なものはふさわしくありません。

ハンカチは、色物やキャラものではなく、白か黒の無地にします。白無地がない場合は、赤ちゃん用のガーゼでもよいのではないでしょうか。ポケットチーフは、慶事のものなのでつけないようにしましょう。

カバンも黒や紺の無地を選びます。しかし、黒や紺の無地は、女の子は持っていないことも多いです。そんなときは、無理をして持たせず、ママのカバンに入れるか、黒い布でハンカチなどを入れる移動ポケットを作っておいてもよいですね。

また子どもの持ちものではありませんが、マザーズバッグも急なときのための黒色を一つ用意できていると慌てなくてすみますね。

靴は柄に注意して靴下をはかせよう

靴下は、黒、白、紺のハイソックスです。靴下を履いているのかどうか分からないほど短いものは、裸足に見えるので避けましょう。ルーズソックスは、だらしなく見えるのでこれも履かせないようにしてください。

フリルがついておらず、ついていてもワンポイントまでのものにしましょう。また、露出を押さえるために、靴下以外にも黒のタイツなどがあれば冬場などに履かせてみてはいかがでしょうか。

靴は、黒か紺の光沢のないローファーがよいのですが、持っていないことも多いので、派手な装飾や金具などがついていない黒、紺、白のスニーカーにしましょう。ローラーつきスニーカー、夏場のサンダルやミュール、音が鳴るものも履かせないようにしましょう。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版