就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家庭でできる教育について知ろう!幼児からの学習方法について

家庭でできる教育について知ろう!幼児からの学習方法について

子どもへの教育は、いつから、どのように行えばよいのか悩みますよね。早ければ早いほどよいのか、家庭でするのがよいのか、それとも外部に委託した方がよいのか。幼児教育には、色々な選択肢があります。家庭で行うメリットやデメリットなどを交えて紹介していきたいと思います。

幼児教育の種類やポイントについて

幼児教育ってどんなこと?

幼児教育とは、簡単にいってしまうと「この先、生きていくために必要な力を学ぶこと」です。幼児期とは、1歳~6歳の小学校入学前までの子どものことをいいます。色々な体験を通して、生活する上でのルールやものの使い方、人との関わり方を学んでいきます。

一番最初の幼児教育は、親からのしつけではないでしょうか。食べるときには、スプーンやフォークなどの道具を使うこと、アイロンややかんに触るとやけどをしてしまうこと、おしっこやうんちはトイレですること、おはようやいただきますなど、基本的な挨拶をすることなどです。

「教育」といっても机に向かってする勉強ではなく、幼児期の教育は五感(見る、聞く、かぐ、味わう、触れる)をフル稼働して学んでいくのです。

どんな種類の幼児教育があるの?

幼児教育には、たくさんの種類があります。家庭で行うしつけだけでなく、ママやパパとの遊びも幼児教育です。絵本の読み聞かせやボール遊び、ブロックなどもそうです。

家庭での教育の補助的な役割として、習いごとが挙げられます。スイミングスクールや体操教室などの運動系の習いごとや英語やそろばんなどの知育教室、ピアノやお絵かき教室などの芸術系など様々な習いごとがあります。

子どものやりたいという気持ちが一番大事です。体験教室から始めると、子どもが興味を持てるのかどうかわかってよいですね。

また、公園や児童館など公共の場での遊びもそうです。お友達との関わり方やみんなで使うものの扱い方、順番の待ち方など様々なことが幼児教育の一つです。

幼児教育で気を付けなければならないこと

子どもの「やりたい」という気持ちを大事にしてあげること、そして「やりたくない」ことを無理強いしないことです。

親としては、子どもに色々な経験をさせてあげたい気持ちが強いと思います。しかし、子どもが興味を持てないことでは、楽しい気持ちも生まれてきません。そのような状態では、上達も難しいでしょう。

子どものやりたいという自主性を大事にしてあげましょう。チャレンジして「できた」という達成感をともに喜び、そしてたくさん褒めてあげましょう。その達成感が、次の挑戦へと繋がるのです。

また、ときには失敗し悲しむこともあると思います。そんなときは、子どもを励まし、どうして失敗してしまったのか一緒に考えてあげるとよいでしょう。

家庭で行う教育のメリットとデメリット

家庭で行うことのメリットとは?

家庭で行うことのメリットは、ママやパパとのスキンシップが増え、親子の絆が深まることです。ママやパパが主導となり、子どもとともに遊び、学び、体験することなので、必然的に親子のコミュニケーションが増します。

そして、成功や失敗も共有できるため、子どもの気持ちに寄り添ってあげられます。子どもの興味の移り変わりにも素早く対処でき、子どもの「やりたい」という気持ちを大事にできます。同時に、挑戦する力を育んであげられるでしょう。

また、家庭で行うことによって、経済的負担や時間の制約も軽減できます。習いごとをすると、一つ一つ料金がかかります。習いごとにもよりますが、大体5,000円~数万円くらいみたほうがよいでしょう。

時間も決められているため、その時間に合わせて行動しなくてはなりません。子どもが小さいうちは、お昼寝の時間やおやつの時間などをうまく調整しなければいけませんよね。家事や育児をしながら、習いごともとなるととても大変です。

家庭で行うことによって費用をあまりかけず、親子で学ぶことができるのです。

家庭で行うことのデメリットとは?

家庭で行うことのデメリットは、ママへの時間的負担が大きくなることです。自分の子どもへの教育となると、もっとできるのではないか、やらせてあげたいという気持ちが大きくなりがちです。

子どもへの愛情が強いがゆえに、厳しく指導してしまったり、叱ってしまったりすることもあるでしょう。感情がわるい方向に出てしまうと、ママも子どもも辛いですよね。

また、子どもがピアノやスイミングなど専門性の高いものに興味を持った場合、家庭の教育では不十分である可能性があります。サッカーなど集団で行うスポーツでは、仲間とのコミュニケーションや人に合わせるという協調性を学ぶことができます。

お友達と一緒に習うことによって、教えてもらったり逆に教えたりなど社会性を身につけることができます。お友達ができていることができなかった場合、できるようになりたいという競争心も養えるでしょう。

教育を家庭で行うことで、ほかの人との関わりをなくしてしまうので協調性や社会性を育むことが難しいです。子どもの「やりたい」ものが、専門性の高いもの場合、やはり限界があるでしょう。

年齢別で知る、家庭でできる教育方法

家庭での教育【0歳、1歳】

ママのお腹から生まれて歩くまでのこの2年間は、驚くほど脳も体も成長する期間です。五感(見る、聞く、かぐ、味わう、触れる)をたくさん刺激してあげましょう。

0歳児は、おむつ替えや授乳、お散歩時などにたくさんふれあいながら、話しかけてあげるとよいでしょう。お世話をしながらの語りかけは言葉の発達につながります。

目の前でゆっくりおもちゃを動かしてあげたり、「いないいないばぁ」を見せたりすることによって脳への刺激になります。おもちゃの上にタオルをかぶせて、見つけ出す遊びもよいでしょう。

1歳児は、紙を破る遊びやリボンを引っ張りだす遊びがおすすめです。手指の発達を促します。また、絵本の読み聞かせやまねっこ遊びは言葉の発達につながります。

家庭での教育【2歳、3歳】

2歳児は、手先が上手に使えるようになり、言葉の数も急速に増えていきます。1歳児同様に絵本の読み聞かせは、言葉の発達にとても有効です。また、指先を使う遊びを取り入れるとよいでしょう。

はさみや紐通し、型はめなど指先を使う遊びがおすすめです。ママと一緒に型抜きクッキーを作るのもよいでしょう。指先を使う型抜きと「できた」という達成感を経験させることができます。

3歳児は、絵本のストーリーがわかるようになり、先を見通す力がついてきます。なぞなぞやパズル、積み木など考える遊びを一緒にしてあげるとよいでしょう。

また、見立て・つもりあそびの世界が広がるように、空き箱などの廃材を用意し子どもと遊ぶ中でイメージを膨らませてあげましょう。
44 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC