就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの成長記録を残したい!テンプレート、グッズをご紹介

赤ちゃんの成長記録を残したい!テンプレート、グッズをご紹介

赤ちゃんとの毎日楽しんでいますか?今日はこんな表情をした、こんなことができるようになったと新たな発見や感動がいっぱいですよね。こうした細かな成長を記録しておきたいけれど、どのような方法で記録を残せばよいのか迷ってしまっていませんか?身長や体重、手形や足型を記録する方法や便利なアプリをご紹介します。

どんな方法で赤ちゃんの成長を記録できる?

身長・体重はテンプレートを活用

赤ちゃんの成長を記録するといっても、その方法はたくさんありますよね。こうするべき、という決まりもなく、ママが好きなような形式で記録を残せばOKです。

ただ後で見返したときに分かりやすい、という点をポイントにするとよいと思います。特に赤ちゃんの身長や体重は、グラフにしておくと後から見たときに成長の度合いが一目瞭然になり、分かりやすくなりますね。

「育児日記:赤ちゃんの成長記録」では、可愛いイラスト入りのグラフが無料で印刷できます。シンプルながらも可愛いイラストがポイントになった身長と体重の一覧表です。身長は35~90cmと40~150cm、体重は1~12kgと3~50kgの2タイプあるので、子どもの成長に合わせて使い分けられます。

育児日記帳を使ってみよう

赤ちゃんの成長の記録を残していく方法として、昔ながらの育児日記帳もおすすめです。

赤ちゃんの成長は、始めてのことが盛りだくさん。首がすわった、寝返りができた、腰がすわった、離乳食を始めたなど、ママとパパにとってプチ記念日ともいえる嬉しい日があります。そうした記録は忘れないように残しておきたいので、そのときの様子などを育児日記帳に書きとめておくとよいですね。

育児日記帳は毎日記入でも、イベントがあった日やなにかを初めてできた日だけ記入してもOKです。ママが使いやすく続けやすい方法で記入していきましょう。

時間単位で赤ちゃんのお世話の記録を残せる「HF ダイアリー」や、超音波写真のスペースのある「赤すぐオリジナル育児日記」などもママに人気です。

手型・足型をグッズで残そう

赤ちゃんの身長や体重、できるようになったことなどを成長記録に残していても、後になってから「手形や足型も残しておけばよかったな」と思うママも意外とたくさんいます。

せっかくなら新生児の頃から、1年ごとに手形や足型を残しておくのがおすすめです。手形や足型は育児日記帳などに貼り付けてもよいのですが、最近はもっとおしゃれな方法がありますよ。

乾くとひび割れができる塗料で手型をスタンプして、親指の付け根部分に目を書き入れたら、親指を鼻、人差し指から小指を足にすれば、子どもの手型で可愛い絵ができあがります。

手を横向きにスタンプすれば白鳥に、足形も逆さまにして恐竜などのアートに仕上げてしまうのです。そのままお部屋に飾ることもできて、とってもおしゃれですよ。

使ってみたい!成長記録が残せるアプリ

授乳や日々の生活を記録するなら、ぴよログ

赤ちゃんの成長記録も残したいし、授乳やおむつ替え、睡眠時間などの日々の生活を記録したい、でも育児日記に毎日細かく書き込んでいる時間がない、というママもいますよね。

そんなときには、手早く日々の生活の記録がつけられるアプリを利用するのもおすすめです。アプリならスマホを持つだけでOK。ほかに道具は要りませんし、どの部屋にいてもすぐに記録をつけることができますね。

成長記録が残せるアプリとして人気があるのが「ぴよログ」。ぴよログは2017年にリリースされた育児アプリです。

ママとパパで育児データを共有したり、スマホの機種変更時のデータ共有も簡単にできたり、データの項目もスマホ画面の下部からワンタップで選択可能で、母乳・ミルク・おむつ・搾乳などの項目もあります。

母乳では左右別に授乳の分数をはかって、そのまま分数も入力できます。また授乳間隔を入力すれば、次回の授乳時間を通知することもできます。

搾乳も〇mlと細かく入力できたりと、手書きの育児日記さながらの育児アプリです。新生児からしっかりと日々の生活記録を残すことができますね。

日記や健診記録を残すなら、母子手帳アプリ

赤ちゃんの成長記録はもちろん、日記や健診の記録も残しておけるのが「母子手帳アプリ」です。

こちらのアプリもママとパパでのデータの共有ができ、通っている小児科や自治体の登録もできるので、赤ちゃんに関する細かなデータブックとして、いざというときにも役立つアプリです。

母子手帳アプリの大きな特徴は、産科医・小児科医・専門家が監修した月齢別のコラムや、Q&Aを掲載している点です。

コラムやQ&Aは、過去20年間に妊婦さんや新米ママから寄せられた質問を元に作成されているので、初めての育児の不安や疑問もコラムやQ&Aの中から答えが見つけられるという心強さもあります。

そのほかにも、毎日の画像付き日記や、妊娠中から出産後の赤ちゃんの身長や体重などのデータや、健診の記録をデジタル化・グラフ化することもできます。

手書きの育児日記を使っているママにありがちな「記入したいのに、時間がなくてできない」「すぐに記入できないから、書きたかった内容を忘れてしまう」といった悩みの解消にも、大いに役立ってくれるのではないでしょうか。

成長記録を写真で残すのもおすすめ

顔だけではなくパーツ、全身も残そう

赤ちゃんが生まれたら、毎日のように写真を撮ってしまいませんか?それほど赤ちゃんの表情や動きには日々、成長を感じますよね。

育児日記帳などに、その月ごとの赤ちゃんの写真を貼り付けることもあるのですが、ついつい表情メインで写真を撮っていることに気が付くママも多いのでは。

育児日記帳はもちろんですが、赤ちゃんの成長を写真で残すなら顔だけでなく、小さな手や足といったパーツや、全身の写真もぜひ残しておきましょう。

赤ちゃんの全身や手足などパーツを撮影するときのポイントは、毎回おなじアングルから撮影して、お気に入りのおもちゃやぬいぐるみと合わせて写真に撮っておくと、後で見返したときに赤ちゃんの成長度合いが分かりやすくなりますよ。

「人生初」を写真撮影

赤ちゃんの成長の過程を残す写真とともに、ぜひ残しておきたいのが「人生初」のショットです。

初めての寝返り、お座り、ハイハイ、離乳食など、1歳まではたくさんの初めてが目白押しです。そんな記念すべきタイミングもぜひ写真撮影しておきましょう。

初めて食べた離乳食にどんな表情をしたか、初めて湯船に浸かった瞬間の表情、満面の笑顔もくしゃくしゃの泣き顔も、大切な瞬間の素敵な思い出になります。

赤ちゃん本人はもちろん、初めての靴やおもちゃなど思い出の品も写真に残しておくとよいですね。

赤ちゃんや子どもを撮影するときには、ピタッと止まってくれないのでシャッターチャンスがうまく取れないことが多いのですが、カメラの設定を連写にセットして撮影するとよいですよ。

フォトブックで写真を整理

赤ちゃんが生まれた日から撮りためていく写真、撮影した後はどうしていますか?SDカードやオンラインストレージなどで保存しっぱなし、というママやパパもいるかと思います。

いつの間か膨大になっていく子どもの写真を整理するって、意外と大変な作業だったりしますよね。育児日記帳などに貼り付けたい写真はすぐに印刷するのですが、それ以外の写真は保存したままで、見返すタイミングもあまり無かったりしませんか?

さまざまな瞬間の子どものベストショットは、保存をかねてフォトブックにするのも手です。WEB上で好みのテンプレートを選び、写真の配置や文字などを入力して申し込めばOKです。我が子だけのおしゃれなオリジナルのフォトブックを作成できますよ。

まとめ

赤ちゃんの成長記録は本当にあっという間です。成長の過程は、グッズを使って少しずつ形に残したり、テンプレートを使って写真や文章でまとめたり、フォトブックを作るなどさまざまな方法があります。

記録を残しておけば、ママやパパが懐かしく見返すこともできるし、子どもが大きくなったときや大人になった頃に見せてあげることもできます。

自分はこんなふうに大きくなったのかと、その様子だけでなく両親からの愛情も感じられるのではないでしょうか。

あなただけの我が子の成長記録、ぜひ素敵な形に残してみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018