就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児は汗疹(あせも)ができやすい?汗疹予防と汗疹ができた時の対応について

乳児は汗疹(あせも)ができやすい?汗疹予防と汗疹ができた時の対応について

赤ちゃんの柔らかくてもっちりした肌は、とてもデリケート。ですから、汗をかきすぎると汗疹になることも。汗疹になると、赤ちゃんはかゆくて不機嫌になってしまうし、見ていてとてもかわいそうです。では、汗疹にならないためにはどうしたらよいのでしょうか。汗疹ができてしまったら、どのようにすればよいのでしょうか。

乳児の汗疹の種類と原因について知ろう

首や背中や脇にできる紅色汗疹

乳児に汗疹ができる原因は、まだ十分に発達していない発汗システムにあります。赤ちゃんは、体の表面積は小さいのに、汗の出る穴である汗管の数は、大人と同じくらいあります。つまり、赤ちゃんの汗管は大人よりも密集しているわけです。

それで汗をかきはじめると、汗がすべて汗管から上手に出ることができずに、周りの細胞に漏れ出てしまうことがあるのです。これが汗疹の原因です。

乳児の汗疹のひとつ「紅色汗疹」は、かゆみのある赤いブツブツです。かゆくて、赤ちゃんが不機嫌になってしまうこともあります。よくできる場所は、肌が密着している首、脇、手足のくびれなどです。背中もベッドに密着していますので、汗をかきやすく、汗疹ができやすい場所です。

新生児がなりやすい水晶様汗疹

新生児がなりやすい汗疹に「水晶様汗疹」があります。「紅色汗疹」と同じ原因でできますが、色は白色や透明で、皮膚の表面に近い角質層に汗がたまってできるブツブツです。かゆみはありませんので、汗疹ができたのに気がつかず、知らぬ間に治っているということもあります。

紅色汗疹と違い、かゆみがないので問題の少ない汗疹です。これがひどくならないように、ケアをしてあげることが大切です。オムツ交換のときや、お風呂のときに、赤ちゃんの体を見て、異常がないか確認しましょう。

いつもより暑い日、よく運動した日などは、汗をかいたらできるだけ早いうちに、肌が密着している部分に気を配りながら、汗をふきとってあげましょう。

汗疹が悪化した深在性汗疹

汗疹のなかでも症状が重いのが「深在性汗疹」です。赤みやかゆみはほとんどありませんが、熱中症になる可能性もある、危険な汗疹です。

軽い汗疹は表面に近い角質内で汗管がふさがってできる汗疹ですが、この深在性汗疹は、それより深い真皮内で汗管がふさがってできる汗疹です。深在性汗疹になった皮膚の部分では、汗を外に出すことができず、体温調節ができなくなってしまうのです。

ただ、この深在性汗疹は、日本でかかる人はあまりいません。熱帯地域に住む人や、暑い場所で長時間作業を続ける人などにできる汗疹だからです。日本の気候で、普通に生活している赤ちゃんにとって、深在性汗疹になる条件がそろうことはまずないので、心配する必要はないでしょう。

乳児の汗疹を予防する方法を知ろう

室内の温度や湿度を調節する

汗疹ができやすいのは、夏場です。汗をかくこと自体は悪いことではありませんから、遊ぶときは汗をかいて遊び、その後に、濡れた服を着替え、汗をふき取り清潔にします。注意するべきは、寝ているときです。寝るときは、暑い部屋の中で寝ると汗疹になりやすいので、エアコンで26~27度くらいに調節します。

冬でも汗疹になる子もいます。部屋の中が暖房で暑すぎると汗疹になりやすいです。室温は20~21度くらいに調節しましょう。

湿度は、赤ちゃんにとって40~60パーセントが理想です。湿度が低すぎると、喉が乾燥し、風邪のウィルスが増えやすい環境にもなります。逆に、湿度が高過ぎると、汗が渇きにくいので、汗疹になりやすい環境になってしまいます。

肌を清潔に保ち、保湿ケアをする

赤ちゃんが寝ているときに汗をかいたら、軽くふきとり、特に寝汗をかきやすい背中にはガーゼを入れ、濡れたら取り替えます。そうして、肌を清潔に保ちます。

外で遊んで汗をかいたときは、服も汚れていますので、きれいな服に着替えさせてあげます。体が汚れているなら、シャワーを浴びて肌を洗い、着替えさせてあげてくださいね。

きれいにした肌には保湿ケアをします。シャワーの後や暑い日は、肌の温度も上がり乾燥しがちです。子どもの肌は保湿力が弱いので、クリームやベビーローションを塗って肌の乾燥をふせぎましょう。

汗をかきやすい部分に、ベビーパウダーをつけるのもよいです。つけすぎると汗の出る穴をふさいでしまう可能性もあるので、うすく、軽くつけましょう。

通気性や速乾性のよい服を着せる

赤ちゃんに着せる服は、通気性がよく、速乾性のある服にします。汗をかいても、乾きやすい服にするのです。

例えば、手首足首の部分がゴムでふさがっている服は、通気性が悪く熱がこもってしまいます。服の生地は、コットンなどが肌に優しく、通気性も速乾性もよいのでおすすめです。

赤ちゃんはオムツをつけているので、大人よりも服を一枚多く着ているのと同じ状態です。オムツは、お尻とお腹までしっかりくるんでいて、とても暖かいのです。赤ちゃんに着せる服は、大人よりも一枚少ないくらいがちょうどよいです。また暑い日には、こまめにオムツを取り替えてあげて、オムツを外した状態でしばらくお尻を空気にふれさせるなどして、お尻がむれないようにします。

乳児が汗疹になった時の対応を知ろう

汗疹の対応は予防方法と同じ

もし汗疹になってしまったら、患部を清潔に保ち、保湿ケアします。汗をふき取り、服を着替えます。汚れたときはシャワーを浴びます。シャワーの後は、クリームやベビーローションを塗り、汗をかきやすい場所にはベビーパウダーをかるくつけます。

これは、予防のときにしていたことと同じです。そうしていると、自然に汗疹は治ります。

ただ、汗疹がかゆくてかきむしってしまう場合は、赤ちゃんならばミトンの手袋をつけてあげるなどして、かきむしらないようにします。赤ちゃんの爪は薄くてするどいので、簡単に肌を傷つけます。

患部をかいて傷ができると、菌が入りやすく、化膿して「とびひ」になる危険があります。とびひは感染しますので、小児科や皮膚科を受診しましょう。

湯ぶねにつからずシャワーを浴びる

汗疹は、体が温まるとかゆくなりますので、汗疹があるときは、湯ぶねにつかるよりもシャワーを浴びるのがいいでしょう。もしくは、湯ぶねの温度をいつもより低めにするとか、長風呂せずすぐに上がるようにして、体が温まり過ぎないようにします。

大人でも、お風呂に入って体が温まると体がかゆくなる人もいますね。汗疹のように赤いブツブツができる人もいますが、これは汗疹ではなく、時間がたって体が冷えてくると、ブツブツも自然に消え、かゆみもひきます。

汗疹がかゆいときは、患部を冷やすのも効果的です。体が温まるとかゆくなるのと逆で、冷やすとかゆみがましになります。水で濡らして冷たくしたタオルを、患部にあてるとよいでしょう。

症状がひどい場合は小児科や皮膚科を受診

自分たちで汗疹を治そうとしても治らなかった場合は、小児科や皮膚科で医師に診てもらいましょう。赤ちゃんが患部をかきむしって血が出た、化膿した状態では、自宅で治すのは難しいです。

小児科や皮膚科では、ステロイド(副腎皮質ホルモン)系の塗り薬が処方されることが多いです。ステロイド系塗り薬には様々な種類があり、体のどの部分に塗るかによって、医師はどの薬が適しているか判断して処方します。医師の指示に従い、どこにどれだけ何日間塗り続けるのかを正しく守ることが大切です。

ステロイドと聞いて怖がるママもいるかもしれませんが、医師の指示通りに使用すれば、安全で効き目のよい薬です。むやみに恐れて避けるなどせず、赤ちゃんのために正しく使いましょう。

まとめ

汗疹の予防、治療にはまず室温や衣服の調整など汗をかきすぎない環境作りからです。汗をかいたら拭く、必要ならばシャワーを浴びて保湿ケア、清潔な乾いた服を着せる、など特別なことはありません。

夏場は、汗をかくのが当然です。汗疹になるのが怖くて外で遊べないのは不健康ですし、汗疹は対処を知っていれば、決して怖い症状ではありません。発汗システムをしっかり育てるためにも、適度に汗をかき、かいたらきれいにする。これを繰り返し、強くて健康な子に育ってほしいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018