就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ずりばいで後ろに進んじゃう!赤ちゃんと楽しくできる練習や注意点

ずりばいで後ろに進んじゃう!赤ちゃんと楽しくできる練習や注意点

赤ちゃんは月齢が進むにつれて、おもちゃを取ろうとしたりママに近づいたりなど、自分の力で動こうとします。ずりばいもその一つですが、なかには後ろに進んでしまう赤ちゃんも多いようです。ここでは、赤ちゃんと楽しくできる練習方法や注意点についてご紹介していきます。

平均的なずりばいの開始時期について

まずはずりばいについて知っておこう

「ずりばい」という言葉を聞いたことがあるけれど、実際にどのようなものか分からないママもいますよね。ずりばいとは、ハイハイの一種です。お腹を床につけたまま、腕や足を動かしてずりずりと進むことから、ずりばいと呼ばれているそうですよ。

産まれてすぐは寝てばかりだった赤ちゃんも、月齢が進むにつれて体力がつき、周囲へ興味を持ちはじめます。赤ちゃんが動きはじめる第一歩は、寝返りですよね。近くのおもちゃを取ろうとしたり、大好きなママに近づこうとしたりして、自分の力ではじめて動きます。

寝返りやうつぶせの状態に慣れてくると、ずりばいを始めることが多いようです。赤ちゃんが一生懸命手足をバタバタ動かす姿を見て、思わず応援したくなりますよね。

ずりばいは7~8カ月で始まるのが平均的

一般的に、生後7~8カ月からずりばいを始める赤ちゃんが多いようです。赤ちゃんの成長は個人差があるので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

児童館や子育て支援センターなどに通っていると、ほかの赤ちゃんと接する機会が多くて、つい比べてしまうこともありますよね。生後8カ月の我が子は寝返りをはじめたばかりなのに、ほかの低月齢の赤ちゃんがずりばいをしている姿を見て、落ち込んでしまったママもいるそうです。

また、「ずりばいをしないのではなく、できないのでは」と不安になってしまうこともあるかもしれません。赤ちゃんの成長は個人差がありますので、ずりばいをしないからといって心配しすぎる必要はありませんよ。

ずりばいなしでハイハイを始めることも

明確な時期は決まっていませんが、大半の赤ちゃんは7~8カ月ころにずりばいを始めるといわれています。とはいえ、赤ちゃんができる動きは体の発達段階によって異なります。体の準備が整ってからずりばいが始まりますよ。

ずりばいは、ハイハイが始まる前に赤ちゃんが行う移動手段の一つです。ずりばいをしないからといって、長時間うつぶせにしたり、無理に手足を引っ張ったりなどはやめましょう。

なかには3カ月で寝返りを始めたものの、一向にずりばいが始まる素振りがなく、8カ月から急にハイハイを始めた赤ちゃんもいます。ずりばいをせずに、高ばいやつかまり立ちにステップアップした赤ちゃんもいます。すべての赤ちゃんが行う動作ではありませんので、心配しすぎないようにしましょうね。

赤ちゃんによって違うずりばいのスタイル

後進だけのずりばいは次のステップへの練習

一口にずりばいといっても、赤ちゃんによって進み方や体の動かし方が異なります。基本的にずりばいをするときは、顔を上げたままお腹は床に着けた状態で、手足をバタバタさせて前に進みます。赤ちゃんによっては、後進してしまうこともあるそうです。

ずりばいを始めたばかりの赤ちゃんは、後進するケースが多いようです。左右の腕の筋力にばらつきがあったり、腕と足の動きのバランスを上手にとれていなかったりすることが原因の一つだと考えられています。

ずりばいをするとどうしても後進してしまい、ママが気づいたときにはソファや机の下に赤ちゃんが移動していた、という経験があるママもいるでしょう。次のステップへ進む練習だと思って、温かく見守るよう心がけてくださいね。

頭やお座りを使って進む赤ちゃんもいる

ずりばいというと、ほふく前進をイメージするママが多いですよね。赤ちゃんのなかには、頭やお座りを使って進む場合もありますよ。

頭を使って進む赤ちゃんの場合は、頭を起点として手足を動かして進みます。床や布団に頭をつけたまま、お尻を高く上げた状態で手足を動かして移動するようです。初めて見たときは驚いてしまうかもしれませんが、特に苦しそうにしていなければ温かく見守りましょう。

お座りを使って進む赤ちゃんの場合は、座った状態でお尻や手足を動かして進みます。うつぶせが苦手だけれども、動きたいという意思がある赤ちゃんに多くみられるスタイルのようです。一生懸命にお尻や手足を動かして進む姿が可愛くて、つい応援したくなるでしょう。

どうしても心配なときは医師に相談を

ずりばいをしないことを不安に感じるママもいますよね。赤ちゃんの成長には個人差があるので、すべてが育児書どおりに進むとは限りません。どうしても心配な場合は、医師に相談してみましょう。

赤ちゃんがずりばいを始めない原因には、「うつぶせが苦手」「腰がしっかりすわっていない」「ずりばいに必要な筋力が不足している」などがあげられます。赤ちゃん自身が動きたいと思っていなかったり、ほかに寝返りなど得意な移動手段があったりする場合も、ずりばいをしない傾向があるようです。

まれに股関節の問題や知覚機能が未発達ということが原因で、ずりばいを始めない赤ちゃんもいます。ずりばいをしないからといって病気だと決めるのではなく、心配な場合は医療機関を受診してくださいね。

ずりばいの楽しい練習方法と注意点

部屋の安全を確認してから練習しよう

ずりばいが始まると、赤ちゃんは自分の意思で動き回ります。ずりばいでおもちゃを取りに行ったり、大好きなママに近寄ったり、今までとは異なる世界を見ることができて冒険しているような楽しい気分になるでしょう。

赤ちゃんが楽しくずりばいをするために、いくつか気をつける点があります。「床をきれいにする」「電池や小さな物を片付けておく」「ふかふかの布団など柔らかすぎる場所を避ける」「授乳や食事後すぐは行わない」などに注意しましょう。

またタンスやテレビボードなど家具の角がとがっていないかや、きちんと引き出しが閉まっているかについても、あらかじめ確認するとよいでしょう。部屋の安全を確認してからずりばいをすれば、赤ちゃんが怪我をするリスクが低くなりますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC