就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんはいつからお座りする?練習方法と注意点をご紹介

赤ちゃんはいつからお座りする?練習方法と注意点をご紹介

早く寝返りをしてほしい、座ってほしいと赤ちゃんの成長を楽しみにしているパパママは多いですよね。新生児の骨は、多くが未発達です。成長とともに骨がしっかりとし、できることが増えます。いつ頃からお座りをするのか、なかなかしない場合、いつ頃には練習をした方がいいのでしょうか。練習方法と注意点もご紹介します。

赤ちゃんは大体いつ頃からお座りするの?

赤ちゃんがお座りできるまでの過程

新生児の骨は、軟骨が多く体がとても柔らかいです。生後3、4カ月になると首の骨がすわってきます。

首がすわると次は、寝返りです。生後5、6カ月頃には、寝返りができるようになります。寝返りができるようになると、天井ばかりを見ていた赤ちゃんの視野が横に広がります。興味を持つ物が増え、寝返りで移動します。それにより、お腹や腰の筋肉が強くなります。

腕の力で上半身を起こせるようになると、縦の視界も広がります。高いところの物に興味を持ち、頭を上げようとします。ここまでできると、お座りの体勢に挑戦できるようになります。

腰骨が安定するのは8〜10カ月頃といわれています。それまでは前傾姿勢のお座りになりますが、徐々に手を離し、頭を起こせるようになります。

一般的には6カ月頃からだが個人差がある

母子手帳には「6、7カ月から、お座りができるようになります」と記載があります。個人差があるので絶対ではありませんが、お座りができる頃の目安となります。

首が座ってくるとパパママの膝に、座るような体勢で抱えてもらうことができます。今まで見ることのできなかった高いところが見えるようになり、お座りの体勢に興味を持ち始めます。高いところの物を見たい!触りたい!と体を起こすようになったら、少しずつお座りの練習を始めます。高いところが見えると分かり、寝ているのを嫌がるようになる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが必ず、お座りに興味を示すわけではありません。興味を示したら、お座りの練習を始めます。座るのを嫌がるときは、無理をさせないでくださいね。

10カ月を過ぎてもしなければ練習を

お座りできるということは、背骨を支える筋肉や神経が発達し、骨盤で体のバランスが取れるようになった証です。運動機能が発達していると分かるための基準になります。10カ月を過ぎてもお座りの兆候がみられない場合は、練習をしていきましょう。

お座りに興味を示していない場合は、座ることの楽しさを教えてあげます。パパママの膝の上に座らせて遊ぶ時間を作りましょう。お座りの体勢で取れるところに、好きな物を置いてあげます。赤ちゃんが自分で手に取ることで、お座りだとできることが増えるということを覚えていきます。

お座りを嫌がるのであれば、バランスが取れず恐怖を感じているのだと思います。お布団やソファなど柔らかい場所で、倒れても痛くないよと教えてあげましょう。

お座りの練習方法と補助器具

腰や両脇を支えてお座りの体勢に

赤ちゃんに、お座りへの興味を持ってもらえるかが重要です。首がすわる頃、腰がすわる頃にお座りの練習をして、赤ちゃんにお座りが楽しいということを教えてあげましょう。

首がすわった頃は、お座りの体勢をさせられるようになります。しかし、腰がすわっておらず倒れやすいので、しっかりと腰や両脇を支えてあげましょう。

腰がすわってくると、骨盤でバランスを取るのが上手になります。練習を始めた頃は、バランスの取り方が分からないので腰や両脇を支えてあげます。赤ちゃんがバランスを取れてきたら、支える時間を減らしていきます。赤ちゃんがお座りの体勢から倒れそうになったら支えてあげる、体勢を整えて、また1人で座らせてみるを繰り返しながら練習していきましょう。

パパママと遊びながら練習する

赤ちゃんが楽しめるのは、なんといっても大好きなパパママと遊びながらのお座り練習です。

パパかママの膝の間に座らせて、赤ちゃんの目の前におもちゃを置きます。手を伸ばすことで、簡単におもちゃが取れると体感させてあげましょう。お座りをしたまま、テレビを見るのもいいと思います。

赤ちゃんを膝の間に座らせて、パパとママが向かい合い、ボールを転がしてあげるのもいいですね。赤ちゃんは、動くものに興味を示します。ボールが自分のところに転がってくるだけでも赤ちゃんは楽しくなりますよね。ボールが小さいとボールを取ろうと、前かがみになって倒れてしまう可能性が高くなります。お座りをした赤ちゃんが、抱えられるくらいの大きさがオススメです。

お座り用の市販クッションを使う

市販のクッションを使って、遊び方を変えてみましょう。パパママと対面して座ることで、赤ちゃんは普段とは違う視点に興味を持ちます。

お座りの練習用として市販されているもの以外に、授乳クッションなども代用できます。授乳クッションは、形によってはお座りの練習用に使えます。半月型の包み込むような形になっているものや、細長い抱き枕のような形のものは、お座りをした赤ちゃんを後ろから包み込めるので適しています。

バンボやカリブといった、離乳食を食べるための椅子もお座り練習に使えます。しっかりと腰まわりを支えてくれるので、お座りの体勢が取りやすいのです。頭が重くて後ろに倒れてしまうことがあるので、目を離さないようにしましょう。

ここは気を付けよう!お座り練習の注意点

危険物がないか周囲をチェック

お座りの練習は、パパママが居るときにすると思いますが、どんなに注意をしても、目を離した一瞬でパタンと倒れてしまうのが赤ちゃんです。

壁やテーブル、テレビのリモコンなど、倒れたところに硬いものがあると怪我をしてしまいます。顔や頭を打つことで、赤ちゃんに恐怖心が生まれてしまうこともあります。お座りを嫌がってしまう原因にもなるので、お座りの練習の際は周辺を片付けましょう。

片付けの際には、下にあるものにばかり目が行きがちになります。赤ちゃんがお座りをすることで、棚の下段やローテーブルには手が届いてしまいます。

お座りの練習中でも、赤ちゃんは興味を持てば手を伸ばしていきます。まだ大丈夫、と思わずに危険だなと思うものは、高いところに移動してくださいね。

柔らかいところで練習しよう

お座りの練習中は、何度も倒れると思います。フローリングや畳の上での練習は、倒れたときに血は出なくても赤くなり痛々しく感じられます。頭を打つのは、パパママも心配ですよね。

お布団の上やクッションを周りに置いてなど、倒れても痛くない場所で行いましょう。赤ちゃんが倒れても痛くないと覚えることで、お座りに対しての恐怖心がなくなります。しかし、柔らかい場所での練習は、バランスが取りづらいこともあります。赤ちゃんがお座りに興味を示してきて、柔らかい場所でもバランスが取れるようになってきたら、畳やフローリングでも練習をしましょう。

何度も倒れて、お座りを嫌がるようになってしまったら、柔らかい場所での練習に変えましょう。

練習前におむつチェックしよう

お座りをすると、おむつが圧迫されます。おむつが蒸れていたり、お尻が汚れていたりする状態で、お座りをしたら気持ち悪いのは想像できますよね。赤ちゃんが気持ちよくお座りの練習に入れるように、練習前におむつチェックをしましょう。

おしっこをたくさんしていると、圧迫されることでおむつが裂けてしまったり、おしっこが吸収されず漏れたりします。うんちをしていると、座ったときにうんちが潰れ、背中側から漏れたりします。漏れなくても、うんちがこびり付き衛生的によくありません。

おむつから漏れると、赤ちゃんの洋服を替えたり掃除をしたりとパパママが大変ですよね。赤ちゃんもパパママも気持ちよくお座り練習の時間を過ごせるように、おむつチェックを習慣づけてくださいね。

まとめ

赤ちゃんの成長は、個人差があります。ほかの赤ちゃんはもう座っているのに、と焦る必要はありません。無理矢理、お座りの練習をさせてしまっては、赤ちゃんが嫌がり余計に進まなくなります。赤ちゃんが安心して楽しく過ごせる環境を作ってから、練習をしていきましょう。目を離さず、そばにいてくださいね。

赤ちゃんと1対1での練習に疲れてしまったら、支援センターなどを利用してみてくださいね。他の赤ちゃんの動きを見て、やる気を出してくれるかもしれません。ママもお座り練習のヒントを見つけられるかもしれませんよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018